大正末期の理髪店サインポール

札幌市厚別区を“「別」と「内(ない)」の市町村MAP”に入れていませんでした。指定都市の行政区は市町村ではないからです。私はてっきり厚別町で入っているものと思っていましたが、もともとは白石村だったようです。

1950年に札幌市に編入され、1972年の五輪直後に政令指定都市に移行したとき白石区になっています。白石区からの分区は比較的新しく1989年だそうです。新札幌の副都心を抱える厚別が入っていないのは具合が悪いため、追加しました。

その厚別区の「北海道開拓の村」には大正末期に建てられたという理髪店が移築されています。建物の内部では蝋人形が髭を剃られているシーンが再現されているようですが、サインポールは角材に塗色したものです。

サインポール・メーカーのWebサイトを見ると、右上がりのZ巻きが圧倒的大多数です。開拓村の旧・山本理髪店のポールは左上がりのS字巻きになっています。発注ミスなのか、あえてなのか、ペンキ屋さんの誤解なのか、気になります。

さて、斎藤月岑の「武江年表」には、明治4年(1971年)4月の項に次の記述があります。これがサインポールに関する日本最古の記述のようです。「左巻」ならSの字巻きになります。昔は左上がりのS字巻きが多かったのかもしれません。

常盤橋御門外篦頭舗に、西洋風髪剪所の招牌を出す、太き棹の頭に宝珠の形を彫り、右の棹へは朱白藍色の左巻といふ塗分けにして立る、これより諸方にこれに擬して一般の形状となれり

斎藤月岑「武江年表」

▲リンク先は国会図書館デジタルコレクションです。コマ番号200の左のページ(389ページ)3~4行目になります。

常盤橋は日本銀行本店前の日本橋川に架かる橋です。道路元標のある日本橋の上流です。東日本震災で被災した工事中の石橋は明治10年に架けられたものということで、明治4年の時点では木橋だったようです。

理髪店のサインポールは世界共通?

赤・白・青のトリコロール仕様の理髪店サインポールは世界共通だと言われています。本当にそうなのか、ストリートビューで探してみました。結論から言えば、ほぼ世界共通という認識で差し支えなさそうです。

アフリカやアラブでも確認することができましたが、とくにアラブ圏に関してはその設置率は10%に満たないものと思われます。ロシアもおそらく一桁なのでしょう。それほど浸透しているわけではなさそうです。

「動脈・静脈・包帯」説を筆頭に、サインポールの起源については諸説ありますし、いつから定着したのかも定かではありませんが、これほど多様な文化圏で受容されているのは珍しいことです。

こっそり続きを読んでみる

私立島根商の跡地は県営住宅

1900年に開校した「島根県商業学校」は翌1901年に「島根県立商業学校」に改称します。「島根県立松江商業学校」になるのは1933年です。松江商は創設期の「島根商」時代に夏1回、春は2回甲子園に出ています。

1924年開校の「松江簿記学校」は1946年に「松江高等経理学校」に改称し、1964年には「島根商業高等学校」になります。私立とはいえ、30年ぶりに「島根商」を名乗る学校が出現しました。

「松江高等経理学校」時代の所在地は松江駅前の朝日町です。専門学校から高校に組織変更したのを契機に郊外の大庭町に移転しています。私立の島根商高は、1976年には「松江西高等学校」に改称します。

一方の松江商は1985年10月に上乃木から今の浜乃木に移転します。この松江商の跡地に新校舎を建築して1987年に移転したのは松江西高です。旧(県立)島根商の学校用地を旧(私立)島根商が譲り受けたことになります。

さて、私立島根商時代の学校所在地である大庭町は町域がかなり広く、立正大淞南高も大庭町内にあります。1975年の地形図には一ノ谷池の南200mに丸囲みの文マークが記されていますので、これが私立島根商高と思われます。

今では県営住宅が建っています。1975年の地形図には運動公園も県立大もありません。ここなら、私はニアミスしたことがあります。運動公園内の松江市営球場には2007年に1回だけ訪れています。

旧・私立島根商業高校付近 Google Earthプロ

横断歩道が欠ける三重の国道23号線

東急線で残された数少ない踏切があり、自由通りが中原街道に突き当るのが雪が谷大塚駅前交差点付近です。短い区間に3本の横断歩道が設置されています。変則交差点のうえに踏切も絡んで、いっそう厄介なところです。

この構造では、横断歩道内に取り残されてしまう車が出るのは避けられません。駅の改札は2階ですので、芝信用金庫やauショップのある8番の区画を再開発して、駅とペデストリアンデッキで直結したいところです。

これとは真逆で、なぜここに横断歩道がないのだろうと思ったのが津市内の国道23号線でした。三重県で人口10万人以上を抱える自治体は四日市、津、鈴鹿、松阪、桑名、伊勢の6市です。この6市をつないでいるのが国道23号線です。

SからGに向かっています(緑は横断歩道)

横の太い道路を国道23号線とします。S地点を出発した私はG地点に向かって歩いていました。Aに辿り着いたとき、信号は縦方向が青に変わりました。ところが、AからBに渡る横断歩道がないのです。縦方向の交通量はそれなりにありました。

結局、信号が変わるまで私はA地点での待機を余儀なくされました。こういう構造になっていることを知らないまま次の交差点に向かいます。C地点でまた同じことが起きました。CからDへの横断歩道があれば渡れるのに欠けています。

これをホテルから目的地に向かった朝と、ジャパレンから駅に向かった夕方の2回経験したのです。東京でも大阪でもこのタイプの交差点はありますが、それが連続することはあまりないと思われます。

そこで「三重県内の国道23号線交差点MAP」をつくってみたという次第です。青のマーカーは国道23号線に2本の横断歩道(歩道橋や地下道を含む)のある交差点、赤は1本またはまったく横断歩道のない交差点です。

明和町から伊勢市にかけての田園地帯で青が多いのに、市街地を貫き鉄道とも並行する津市内では赤が多いように思えます。もちろん、地域住民が許容するならそれでいいわけです。横断歩道の設置は警察の権限です。

伊勢市内の高向交差点のストリートビュー(2013/04)には、自転車横断帯を歩行者が渡り終えるところが写っていました。

ジャパレンの電子ドラムルーム

一般的なカラオケ店舗のルーム料金は電車やバスと同じで1人いくらの料金体系です。ヒトカラが圧倒的なコストパフォーマンスを発揮するのは、この料金体系によるところが大きいわけです。

とはいえ、少数ながらも1室いくらの料金体系をとる店舗も存在します。実は、私の10年前のヒトカラ・デビューもそうでした。タクシー型の料金体系を採用している日本最大のカラオケ・チェーンは、ジャパンレンタカーではないかと思われます。

今年3月に創業50周年を迎えたニッポンレンタカーとは別法人です。ニッポンレンタカーは全国に900以上の店舗がありますが、ジャパンレンタカーはせいぜい50店舗規模です。関東では渋谷が唯一の営業所ですが、カラオケは併設していません。

ジャパレンのカラオケ店舗は最東端が静岡県富士市で、最西端は滋賀県草津市です。一度は行ってみたいと思いながら、なかなか機会がありませんでした。ジャパレンは飲食物の提供がありません。そこに人件費はかけないというシステムです。

ようやくチャンスが訪れたのが先のGWでした。ペットボトルだけ仕込んで、第133回の決勝第1ラウンドに臨みました。通されたのは電子ドラムルームでした。バーカッションの置いてある店舗は知っていますが、電子ドラムは初めてです。

備え付けの電子ドラム
奥の壁面はプロジェクター仕様

軽く30平米はあるはずです。天井もラウンドワン並みに高く、モニターは2台あり、奥の壁はプロジェクターという贅沢な仕様です。テーブルが3つあり、10人で入っても窮屈な思いをすることはないでしょうが私は1人です。

結局、第133回は石川優子「クリスタルモーニング」が2回目の入賞でイチ抜けして、入賞9曲はすべて女性曲でした。過去には2013年1月の第49回と同年12月の第62回が女性曲オンリーでした。第49回は松田聖子スペシャルです。

今回は7分近い尺の「灰とダイヤモンド」が初入賞でした。長い曲は精密採点では不利です。採点項目のうち「安定性」が基本的には減点方式だからです。しかも、1人では絶対に歌えないソロ回しもあります。