6/9の香港100万人デモ

香港における一連の抗議活動は、6月9日(日)のいわゆる100万人デモから始まっています。もちろん、いきなり100万人も集まるはずもなく前史はあるわけですが、この日は一種の「記念日」になっているようです。明日でちょうど半年です。

主催者発表が103万人、警察発表が24万人です。どこの国でもこの程度の開きはあるもののようですが、香港では返還後最大規模であることには変わりはないようです。まあ、主催者も警察も正確な数値を把握することはできないはずです。

6/7付「日経」には、デモ主催者の民陣(民間人権陣線)が30万人規模の参加を見込んでいるとの記述があります。6/10付「香港BS」にも、警察は当初予定していた3車線の歩行者天国を6車線に拡大したとの記載があります。

6/9の100万人デモ
6/9の100万人デモ(Google Earthプロ)

おそらくデモ申請の段階では30万人だったのでしょう。見込みより参加者が膨れ上がったのだとすると、その実数の把握は一層困難になるはずです。午後3時開始予定が30分繰り上げ、デモの最後尾が出発したのは午後6時半と伝えられています。

香港当局によれば6/9のデモはビクトリアパーク→添馬公園だけでなく、全土で行われたようです。だとすると、主催者側の数値はこれを含んでいるのかもしれません。また、デモが長時間に渡るなら、その一部だけ参加した人もいたはずです。

垂直都市の香港では各所に歩道橋(正確にはペデストリアンデッキ)があります。歩道橋上でプラカードを掲げている人をカウントすべきなのかという問題もありそうです。一方、警察発表の24万人とはピーク時の数値だそうです。

結局、数値のズレは必ずしも思惑だけに引きずられた「誇大表示」なり「過少申告」なりと決めつけるわけにはいかないものかもしれません。カウントのしようがないのが実情だと思われます。

数値の比率が4対1なら、主催者発表の半分と警察発表の2倍はほぼ一致します。それが真実に近いのかもしれません。香港の人口は約750万人です。6/9の100万人デモの参加者が50万人だったとしても、東京に換算すれば90万人以上です。

デモ隊と警察の衝突は6/9から始まっています。主としてデモ終了後の6月10日未明のことと思われます。3~5月のデモでは衝突したという報道を確認することはできませんでした。この日の逮捕者は19名ということです。

6月12日には立法会で逃亡犯条例の審議が再開される予定でした。6/9という設定はこれを睨んだものであり、デモ終着点の添馬公園は立法会の建物の前で、隣が行政庁です。今日(12月8日)は国際人権デーのデモが行われ、主催の民陣は80万人と発表したそうです。

志半ば?

「志半ばにして」の常套句を使っているニュースもありましたが、そういうことではなかろうと私は考えていますし、「日本の良心」と評する向きもありますが、彼の中に国境線などという概念はなかったはずだと私は理解しています。

旧「セットポジション」ではペシャワール会へのリンクを設定していました。2002年9月です。

■ペシャワール会
 “誰も行かない所に行く 他人がやりたがらないことをやる”――いやはや恐れ入るばかりです。あるTV番組で、医者なのになぜ井戸を掘るのかと問われた中村氏は、「生活用水としてのきれいな水があり、農業用水が確保されて十分な食糧が供給されることのほうが、薬や抗生物質を与え続けるより健康のためにいい」というようなことを語っていました。
 井戸掘りは、いわば手掘りです。現地の人たちが覚えられる技術なら、自分たちが手助けしなくても、隣の村で新しい井戸を掘っていけるからだそうです。「ペシャワール」はパキスタン北西部にある都市(町?)の名前です。中村哲医師≒ペシャワール会≠アフガニスタン、ということになります。

旧「セットポジション」>リンクのページ

この文章からすると、おそらく「魚を与えれば一日の飢えをしのげるが、魚の釣りかたを教えれば一生の食を満たせる」がユダヤなのか中国なのかの流れで、私はペシャワール会に辿り着いたものと思われます。

外務省の海外安全ホームページでは、アフガニスタン全土が危険度レベル4に指定されています。アフガンに接するパキスタン領も危険度4です。危険度4はMAXであり、退避勧告が発出されている地域です。

【危険度】
●アフガニスタン全土(首都カブールを除く)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●首都カブール
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(真にやむを得ない事情で現地に滞在せざるを得ない場合は,政府機関,所属団体等を通じて組織としての必要かつ十分な安全対策をとってください。)(継続)
 詳細>概況(2)
2018年2月,国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)は,テロ等による民間人の被害状況に関する年次報告書を発出しました。その中で,2017年の民間人の死傷者数は10,453名であり,2014年から連続して1万名を超えており,深刻な治安情勢が継続しています。

外務省>アフガニスタンの危険情報(18/10/09)
アフガン・パキスタン国境付近
ジャラーラーバード付近(Google Earthプロ)

10代の息子を亡くしたとき、「10歳でも80歳でも人生をまっとうしたことに変わりはない」と語っていたようです。その死生観からすれば「志半ば」ではないことになるはずです。

【外部リンク】
ペシャワール会

東京初の日降水量600mm

東京のアメダス観測地点は23区内に5か所、多摩に5か所、離島に13か所あります。このうち練馬は2012年、利島(としま)は2014年の観測開始です。また、計23か所のうち6か所は空港内です。

台風19号が接近または通過した10月10~12日のいずれかの日の降水量が、その地点の歴代1位だったのは練馬を含めて7地点あり、10位以内だったのが利島を含めて4地点でした。

降水量はさほどではありませんが、羽田と江戸川臨海では10月12日に最大瞬間風速1位を記録し、東京(北の丸公園)では1937年の観測開始以来2番目でした。神津島、三宅坪田、八重見ヶ原も10月12日の最大瞬間風速は歴代10位以内です。

▼順位、10/12の降水量(母島は10/10)、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 209.5mm 東京 371.9mm(1958/9/26)1940~
1位 253.5mm 世田谷 236mm(1996/9/22)1976~
1位 289.0mm 府中 274mm(1991/9/19)1976~
1位 384.5mm 青海 274mm(1999/8/14)1976~
1位 392.5mm 八王子 345mm(1999/8/14)1976~
1位 556.0mm 小河内 482mm(2007/9/6)1976~
1位 602.5mm 小沢 336mm(2001/9/10)1977~
6位 193.5mm 大島北ノ山 267.0mm(2013/10/16)2003~
5位 159.0mm 母島 214.0mm(2015/8/8)2007~

檜原村・小沢の観測点では、島部を含む都内で初めて降水量600mm台が記録されています。小沢は雨量のみが観測対象です。高さのある風向風速計がなく雨量計だけですが、ストビューの道路から見下ろす畑に雨量計が設置されています。

檜原村小沢
檜原村小沢(Google Earthプロ)

雨量計の25mほど先を流れる北秋川は檜原村役場付近で南秋川に合流し、あきる野市で秋川に名前を変えます。秋川については「決壊」のカウントはされていません。たしかに、護岸が削られて家屋が傾いたわけで、そこに堤防はありません。

東京の住戸被害は12月2日現在で全壊27棟(あきる野市が16棟)、半壊174棟、一部損壊460棟、床上浸水816棟、床下浸水706棟です。人的被害は日野市で死者1人です。

行かずに命名、父島

今年の日最高気温1位の回数は、11月末現在で波照間47回、志多阿原44回、父島37回です。父島は12月3日で39回目の最高気温1位となり、まだ逆転の目がないわけでもありません。

父島列島と母島列島
父島列島と母島列島(Google Earthプロ)

父島列島は父島、兄島、弟島、孫島などで構成され、母島列島には母島、姉島、妹島、姪島などがあります。また、父島列島の北には聟島(むこじま)、嫁島、媒島(なこうどじま)などの聟島列島があります。

このうち有人島は父島と母島だけです。一般的には聟島列島、父島列島、母島列島の総称が小笠原諸島ということになるようです。父島の西130キロには噴火で増殖した西之島があります。

父島の南南西270キロに硫黄島、父島から東南東1200キロに南鳥島がありますが、 硫黄島に観測施設はなく、観測施設のある南鳥島はランキングの対象外とされています。母島では降水量のみの観測です。

埋め込んだのは2010年7月撮影のストビューです。父島の観測地点は島の北西部にある気象観測所です。

小笠原神社に祀られているのは、1593年(文禄2年)に小笠原諸島を発見したとされる小笠原貞頼です。貞頼の子孫を称する小笠原貞任は、1727年(享保12年)に渡航と領有権を願い出たということです。

「父島」の名称はその際に文書に由来するようです。渡航は認められ、翌年に貞任の甥が出航しますが遭難して消息を絶ちます。貞任が再渡航を申し出た際に、奉行所は貞任が根拠としていた「巽無人島記」をフィクション認定します。

「巽無人島記」には亜熱帯の小笠原諸島にオットセイが生息するとの記述もあったようです。結局、命名者の貞任は実際に父島を訪れたことはなく、「巽無人島記」を読んで父島や母島と名付けたわけです。

当時は「無人島(ぶにんじま)」と呼ばれていたようですから、存在は確認されていたのでしょうが、幕府には開拓の意欲はなかったものと思われます。小笠原諸島が国際的に日本の領土として認められたのは1876年(明治9年)です。

小豆島で1年分の雨・1976年台風17号

川崎市は政令指定都市20市のうち唯一アメダス観測点を持たない自治体です。日吉は雨量のみの観測ですが、その露場は校舎の屋上に設置されているようで川崎との市境となる矢上川まで約600mです。

日吉を含めて神奈川県内のアメダス観測ポイントは11地点です。台風19号が上陸した10月12日の雨量が観測史上1位だったのは6地点で、各観測地点の歴代10位に入らなかったのは横浜と三浦の2地点のみでした。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 187.5mm 日吉 248mm(1989/8/1)1976~
1位 361.5mm 相模原中央 350mm(1991/9/19)1976~
1位 595.0mm 相模湖 325mm(1998/8/30)1976~
1位 518.0mm 丹沢湖 495.5mm(2010/9/8)1976~
2位 256.5mm 海老名 259mm(1976/9/9)1976~
6位 173.5mm 辻堂 202mm(2003/8/15)1992~
1位 210.0mm 平塚 203mm(1991/9/19)1976~
1位 240.0mm 小田原 238.5mm(2010/9/8)1976~
1位 922.5mm 箱根 528mm(2005/8/25)1976~

アメダスの観測地点・箱根
アメダス観測地点・箱根(Google Earthプロ)

とりわけ箱根は歴代の全国1位でした。気象庁所管の日降水量歴代TOP10は次のとおりです。箱根も日吉同様に雨量のみの観測です。その露場は衛星写真では見えますが、ストビューで確認することはできません。

▼日降水量、観測所名、年月日を記載しました。

922.5mm 箱根(神奈川県) 2019/10/12
851.5mm 魚梁瀬(高知県) 2011/7/19
844mm 日出岳(奈良県) 1982/8/1
806mm 尾鷲(三重県) 1968/9/26
790mm 内海(香川県) 1976/9/11
765mm 与那国島(沖縄県) 2008/9/13
764mm 宮川(三重県) 2011/7/19
757mm 成就社(愛媛県)2005/9/6
735mm 繁藤(高知県) 1998/9/24
726mm 剣山(徳島県) 1976/9/11

雨の多い地域が並んでいますが、5位の内海は少雨で有名な小豆島です。1976年台風17号は長崎に上陸し日本海に抜けています。前線の関係で台風の進路から離れた地域でも記録的な大雨をもたらし、人的被害は死者・行方不明者171名です。

内海では9月10日が194mm、11日が790mm、12日が233mmと3日間で1217mmに達しています。内海の降水量の平年値は箱根の3分の1以下の1099mmです。この台風1つで1年分以上の雨が降ったことになります。