泊から朝日に

奈良県では台風19号による人的被害は発生せず、住戸被害も床下浸水が3棟のみでした。避難指示や避難勧告も出ていません。ただし、雨量は意外に多く、10月12日の日降水量は県内13か所のアメダス観測地点のうち7か所で歴代10位以内でした。

3位 310.5mm 曽爾 370mm(2017/10/22)1976~
3位 172.0mm 針 220mm(1982/8/1)1976~
4位 163.0mm 大宇陀 235mm(1982/8/1)1976~
6位 194.0mm 吉野 270.0mm(2017/10/22)1976~
2位 149.0mm 五條 254.5mm(2017/10/22)2005~
9位 126.0mm 葛城 256.5mm(2017/10/22)1981~

天川(てんかわ)は296mmで5位でしたが、観測開始が2010年ですので除外しています。1位の記録が多い2017年10月22日は中心気圧950hPaで掛川に上陸した台風21号です。関西では次の4地点も歴代10位以内の降水量が記録されています。

9位 300.0mm 新宮 532.0mm(2017/10/22)1976~
6位 140.5mm 河内長野 263.5mm(2017/10/22)1976~
6位 163.0mm 信楽 235mm(1982/8/1)1976~
8位 119.0mm 東近江 217.5mm(2017/10/22)1976~

富山県では、正午過ぎから富山市などで停電が発生し、土砂崩れによる県道の通行止めも発生しています。新潟県境近くの朝日(旧称「泊」)では10月12日に観測史上1位の降水量を記録しました。

9位 107.5mm 猪谷 222.5mm(2018/7/5)1996~
1位 230.0mm 朝日 212mm(1985/7/8)1976~

富山県下新川郡朝日町は1954年に泊町など1町6村の合併で成立しています。町名は朝日岳に由来するそうです。アメダス観測点は1970年代の設置ですが、旧泊町にあったせいか「泊」の名称でした。

すでに消滅した観測地点ですので、特定したストビューを掲載しても問題はなかろうと思われます。朝日町のストビューは2014年9月撮影のものしかありません。消防署の屋上に風向風速計を確認することができます。

気温や雨量観測の露場は建物の裏に設けられていたようです。この消防署は2017年10月に現在地に移転しています。これに伴い、アメダス観測点は2キロ離れた箇所に新たに設置されました。

アメダス観測点・朝日
朝日町(Google Earthプロ)

もちろん、2014年のストビューで見当たるはずはありませんが、おそらくここだと思われる場所はあります。「朝日」での観測は2017年9月末に始まっていますが、風向風速以外は「泊」時代の観測値を継承しているようです。

門前とは

総領事館の9/20付「注意喚起」には88か所のレノンウォールが掲載されていますが、18番目の「兆康巫成鋒議員事務所門前」がなんとも悩ましいところです。「兆康(ちょうこう)」は屯門の地名であり、選挙区名でもあります。

兆康
兆康(Google Earthプロ)

「巫成鋒議員」とは民主建港協進連盟(民建連)所属の前・区議会議員です。先日の区議選では得票数を260票ほど増やしながら、得票率は10ポイント減らして落選しています。

【2015】
巫成鋒 2677票(53.3%)
陳樹英 2267票(45.1%)
羅皓恩  80票(1.6%)
【2019】
陳樹英 3784票(56.2%)
巫成鋒 2939票(43.8%)

民建連は労組がバックについた建制派(親中派)であり、定数70議席の立法会では12議席を抱える第1党です。民主派なら納得できますが、親中派議員事務所の前にレノンの壁があるというのはかなり挑発的な話です。

巫成鋒・前区議会議員の事務所は兆康駅前にある(あった?)ものと思われます。埋め込んだのは兆康駅構内から2018年9月に撮影されたストビューです。事務所が入居しているのは正面のビルのようです。

プラハにある本家・レノンの壁は教会の壁でした。香港のレノンの壁は歩道橋や高架の柱などの公共施設が多いようです。在香港日本国総領事館が示したリストは、もともと建制派が付箋を剥がす目的でつくったものです。

3万人の香港警察

香港警察の警官数は2018年4月30日現在で29,268人、ボランティアの補助警察が3,060人だそうです。この中には114隻の警察船を持つ海上警察も含まれています。警察は「24時間営業」です。単純に3分の1なら1勤務の出面は1.1万人となります。

6月9日の100万人デモの翌日、林鄭月娥行政長官は逃亡犯条例の改正案を取り下げる考えはないことを言明し、11日には立法会の梁君彦議長が20日の採決を示唆しています。

条例案の審議は12日午前11時に再開される予定でした。このため、デモ側は11日夜から立法会を包囲し、12日はストや授業ボイコットを呼びかけています。警察は12日、立法会周辺に5000人を配備しています。

この5000人という数値は各種報道で一致していますので、おそらく警察当局からリリースされた数値だと思われます。1勤務の出面1.1万人で、5000人を捻出できるものなのでしょうか。日常業務は通常の半数で対応することになります。

まあ、この日だけならできなくはないのかもしれませんが、6/12の時点ですでに「応援」が入っていたのではないかと考えるのはそれほど不自然なことではないと思われます。日本の機動隊に相当する香港の部隊は約2000名ということです。

6/12立法会包囲
立法会を包囲(Google Earthプロ)

時事通信の記事にあった地図をトレースしてみました。数万人で立法会を包囲し警察と対峙した結果、この日の改正案審議は延期され、午後3時から警察が催涙弾やビーンバック弾や放水銃を用いた強制排除に乗り出しています。逮捕者は11名ですが、負傷者が81名ということです。

この日の衝突を香港警察も行政長官も「暴動」と呼び、のちにその撤回が五大要求の2番目に掲げられることになります。6/9のデモ後の衝突では催涙スプレーが使われていますが、今年の一連の抗議活動で催涙弾が使われたのは6/12が最初です。

【外部リンク】
時事>香港でデモ隊と警官隊衝突=催涙弾も、70人超負傷-逃亡犯条例の改正、混乱拡大(6/13)

6/9の香港100万人デモ

香港における一連の抗議活動は、6月9日(日)のいわゆる100万人デモから始まっています。もちろん、いきなり100万人も集まるはずもなく前史はあるわけですが、この日は一種の「記念日」になっているようです。明日でちょうど半年です。

主催者発表が103万人、警察発表が24万人です。どこの国でもこの程度の開きはあるもののようですが、香港では返還後最大規模であることには変わりはないようです。まあ、主催者も警察も正確な数値を把握することはできないはずです。

6/7付「日経」には、デモ主催者の民陣(民間人権陣線)が30万人規模の参加を見込んでいるとの記述があります。6/10付「香港BS」にも、警察は当初予定していた3車線の歩行者天国を6車線に拡大したとの記載があります。

6/9の100万人デモ
6/9の100万人デモ(Google Earthプロ)

おそらくデモ申請の段階では30万人だったのでしょう。見込みより参加者が膨れ上がったのだとすると、その実数の把握は一層困難になるはずです。午後3時開始予定が30分繰り上げ、デモの最後尾が出発したのは午後6時半と伝えられています。

香港当局によれば6/9のデモはビクトリアパーク→添馬公園だけでなく、全土で行われたようです。だとすると、主催者側の数値はこれを含んでいるのかもしれません。また、デモが長時間に渡るなら、その一部だけ参加した人もいたはずです。

垂直都市の香港では各所に歩道橋(正確にはペデストリアンデッキ)があります。歩道橋上でプラカードを掲げている人をカウントすべきなのかという問題もありそうです。一方、警察発表の24万人とはピーク時の数値だそうです。

結局、数値のズレは必ずしも思惑だけに引きずられた「誇大表示」なり「過少申告」なりと決めつけるわけにはいかないものかもしれません。カウントのしようがないのが実情だと思われます。

数値の比率が4対1なら、主催者発表の半分と警察発表の2倍はほぼ一致します。それが真実に近いのかもしれません。香港の人口は約750万人です。6/9の100万人デモの参加者が50万人だったとしても、東京に換算すれば90万人以上です。

デモ隊と警察の衝突は6/9から始まっています。主としてデモ終了後の6月10日未明のことと思われます。3~5月のデモでは衝突したという報道を確認することはできませんでした。この日の逮捕者は19名ということです。

6月12日には立法会で逃亡犯条例の審議が再開される予定でした。6/9という設定はこれを睨んだものであり、デモ終着点の添馬公園は立法会の建物の前で、隣が行政庁です。今日(12月8日)は国際人権デーのデモが行われ、主催の民陣は80万人と発表したそうです。

東京初の日降水量600mm

東京のアメダス観測地点は23区内に5か所、多摩に5か所、離島に13か所あります。このうち練馬は2012年、利島(としま)は2014年の観測開始です。また、計23か所のうち6か所は空港内です。

台風19号が接近または通過した10月10~12日のいずれかの日の降水量が、その地点の歴代1位だったのは練馬を含めて7地点あり、10位以内だったのが利島を含めて4地点でした。

降水量はさほどではありませんが、羽田と江戸川臨海では10月12日に最大瞬間風速1位を記録し、東京(北の丸公園)では1937年の観測開始以来2番目でした。神津島、三宅坪田、八重見ヶ原も10月12日の最大瞬間風速は歴代10位以内です。

▼順位、10/12の降水量(母島は10/10)、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 209.5mm 東京 371.9mm(1958/9/26)1940~
1位 253.5mm 世田谷 236mm(1996/9/22)1976~
1位 289.0mm 府中 274mm(1991/9/19)1976~
1位 384.5mm 青海 274mm(1999/8/14)1976~
1位 392.5mm 八王子 345mm(1999/8/14)1976~
1位 556.0mm 小河内 482mm(2007/9/6)1976~
1位 602.5mm 小沢 336mm(2001/9/10)1977~
6位 193.5mm 大島北ノ山 267.0mm(2013/10/16)2003~
5位 159.0mm 母島 214.0mm(2015/8/8)2007~

檜原村・小沢の観測点では、島部を含む都内で初めて降水量600mm台が記録されています。小沢は雨量のみが観測対象です。高さのある風向風速計がなく雨量計だけですが、ストビューの道路から見下ろす畑に雨量計が設置されています。

檜原村小沢
檜原村小沢(Google Earthプロ)

雨量計の25mほど先を流れる北秋川は檜原村役場付近で南秋川に合流し、あきる野市で秋川に名前を変えます。秋川については「決壊」のカウントはされていません。たしかに、護岸が削られて家屋が傾いたわけで、そこに堤防はありません。

東京の住戸被害は12月2日現在で全壊27棟(あきる野市が16棟)、半壊174棟、一部損壊460棟、床上浸水816棟、床下浸水706棟です。人的被害は日野市で死者1人です。