1956年南関東大会の奇跡

先日公開した「優勝決定再々リーグ戦」のページにはプレーオフ8試合分のランニングスコアを掲げました。このページをiPhoneで閲覧すると、数字の文字列が見事にリンク設定されていました。

もちろん<a>タグで囲っているわけではありません。スマホ側が勝手に数字の文字列を電話番号だと解釈しているだけです。「余計なお世話」とか「ありがた迷惑」という言葉がチラつきます。

ヘッダ部のphpファイルにメタ要素を貼り付けるだけで解消できましたが、スマホでの動作確認も欠かせないようです。

さて、1956年の第38回大会では、全国大会レベルのウラ優勝校が千葉商でした。中京商も千葉商も1回戦不戦勝ですから、「准ウラ」は発生しません。

  • 平安3-2岐阜商2-1米子東1-0中京商5-0千葉商

当時は千葉と埼玉で1代表です。この年の南関東大会は、各県上位4校の計8校によるトーナメントであり、1回戦は千葉対埼玉の対戦です。4試合とも千葉県勢が勝っています。

千葉予選も埼玉予選も決勝まで戦っていますので、一般的にはウラ優勝校が不成立になるパターンです。

ところが、埼玉勢が1回戦で全敗したうえに、埼玉予選で優勝した大宮が南関東大会のウラ優勝校であることから、ウラ優勝校の権利は断絶することなく正統につながります。

  • (南関東大会)千葉商8-3銚子商4-2成田6-5大宮
  • (千葉予選)大宮4-1熊谷2-1大宮工3-0岩槻実4-3熊谷商工2-0所沢

もし成田に負けたチームが大宮以外の3校だったら、ウラ優勝校は消滅していたことになります。「8校トーナメントで1回戦は他県対決」を前提にすると、1.56%の確率となり、これは「奇跡」の部類に入ります。

SSL化はしたものの…

「Really Simple SSL」というプラグインを導入しました。これで、内部リンクはhtppsに置き換えられたものと思われます。301リダイレクト設定もこのプラグインがやってくれているようです。

プラグインを有効化したところ、次のようなメッセージが表示されるようになりました。

Don’t forget to change your settings in Google Analytics en Webmaster tools

Googleアナリティクスについては今のところ私は必要としていませんが、そっちも変えろよというメッセージのようです。仕方がないので、アナリティクスを開いてプロパティ設定をhtppsに変更しました。

ただし、この「セットポジション(仮)」にはそもそもアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んでいません。そこで、次のページを参考にしてコードを埋め込んでみました。

できるだけプラグインは使いたくありませんので、3番目の直貼りで対応しました。これで機能するのかどうかはわかりませんが、機能しなくても差し支えありません。

パンくずリストのプラグインを導入

サイト名を「セットポジション」から「セットポジション(仮)」に変更しました。最終的には「セットポジション」は引き継がないという強い意志表示のつもりです。

第1階層のページをWordPressではフロントページと呼んでいるようですが、これも「再開します」から「再開しました」にタイトルを変更し、内容を書き換えました。

従来の「今後の課題と展望」のページは「旧セットポジション」として第2階層のページとしました。また、新規に作成した「ひとりカラオケ」のページも第2階層となります。

「賽は投げられた」は「旧セットポジション」に、「イチ抜け曲の一覧」は「ひとりカラオケ」に属する第3階層のページということになります。

昨日はパンくずリストのプラグイン導入に慎重なニュアンスで記述しましたが、試験的に導入してみました。撤退するのはいつでもできます。不都合があれば手を引くだけのことです。

サイトの構成が固まり、デザイン的な課題が解決できれば、トントン拍子にうpできるはずです。適度に完成されたストックを捌き切れないほど抱えていますから…。

本来は在庫処分はほどほどにして、新規のコンテンツを加えていくことが肝要だと思っていますが、複数のページを揃えないとデザイン面の調整も進みません。今月中にデザイン面はクリアしたいものだと考えています。

さて、導入したプラグインは、パンくずリストではもっとも一般的と思われる「Breadcrumb NavXT」です。このプラグインをインストールしたところ、次のようなエラーメッセージが出ました。

お使いの PHP バージョンが古すぎますので、新しいバージョンにアップグレードしてください。
現在のバージョンは 5.2.17 ですが、Breadcrumb NavXT には 5.3.0 が必要です。

どうやらレンタルサーバ側でPHPをバージョンアップしなければならないようです。そもそも私はPHPなるものがいったいどういう代物なのかわかっていません。松下さんとは関係ないはずです。

わからないなりに調べて、古いバージョンは使わないほうがよさそうだということで、5.6にバージョンアップしました。それでもプラグインは機能してくれません。

heder.phpにおまじないを埋め込む必要があるようです。次のページを参考にして、子テーマのtwentysixteen_childフォルダ内におまじない入りのheder.phpを作成しました。

このページにはスタイルシートで表示調整する方法も記述されていますが、私としては今は満足していますので、今回はパスします。いずれお世話になるかもしれません。

気になることはあります。第1階層のページやブログにはパンくずは必要ありません。フロントページのパンくずを非表示にする方法が掲載されているページがありました。

おなじないをコピペした結果、無事にフロントページからパンくずは消えました。なお、別のページに記載されていたおまじないでは「このページは動作していません」という悲惨な結果に終わりました。

せっかく導入しましたから、すぐに外すことはしませんが、このブラグインは使わないという結論に至るかもしません。

404エラーページの設置

本日の課題は404エラーページの作成です。404エラーはページ削除やURL変更によって指定したアドレスが存在しなくなった場合に表示されるものです。

「セットポジション」でGoogle検索すると、幸いにも旧「セットポジション」がまだ上位表示されます。

旧ページはすべて削除しましたので、これをクリックすると404ページが返されることになります。

「WordPress 404」で検索した複数のページを覗いてみた結果、こうすればいいらしいということは大雑把に理解したような気になりましたが、情報としては古そうでしたので、「WordPress 404 TwentySixteen」で再検索してみました。

というわけで、今日の先生は次のページです。

とりあえずこのページの記述に従って、TwentySixteenの404ファイルを探して子テーマに移植し、文言を私流に組み替えました。なお、上記ページの画像をよく見ると、閉じられていない<p>タグがありましたので、<p>開始タグは省いておきました。組み替え後の404ページです。

さて、私としてはこのページの中に次の画像を挿入したいわけですが、その方法がわりません。

ここに埋め込んだ画像と同じタグを記述すればいいはずです。実際には画像は小さくして、センタリングしました。画像と下の文章との間の改行がありませんでしたから、画像のタグを<div>で囲んでみました。

正しい記述ではないかのかもしれませんが、成功しましたのでひとまず了とします。なお、画像については次のページから拝借しました。

「楽譜と流れ星」または「星空とメロディ」のタイトルのようです。まあ、この画像にこだわる必要はありませんので、「お茶しやがって」のAAでも構わないと考えています。

もともとは埋め込んだ画像を背景画像として使いたいと考えていましたが、404ページのデザインは同一サイト内の一般のページと統一せよとのことでしたので、素直にこれを受け入れることにしました。

8月中もこんな感じでゆったりと進行することになります。それなりのコンテンツが揃うのはもう少し先のことです。当然のことですが、ある程度の中身が揃ったとき、404ページの文言は書き換えなければなりません。