キーボードが機能しない!

昨日は引用部分のフォント調整に挑みました。まずは、Twenty Sixteenのスタイルシートから引用部の指定を取り出してみました。

blockquote {
border: 0 solid #1a1a1a;
border-left-width: 4px;
color: #686868;
font-size: 19px;
font-size: 1.1875rem;
font-style: italic;
line-height: 1.4736842105;
margin: 0 0 1.4736842105em;
overflow: hidden;
padding: 0 0 0 1.263157895em;
}

フォントサイズが19pxで指定されています。iPhone7の画面上では、この引用部の文字サイズのほうが私には最適です。というわけで、本文のフォントサイズを19pxで指定しました。

前回、18pxで試したときはスマホ表示の文字サイズは変わりませんでしたが、19pxにするとスマホでも文字サイズが大きくなりました。前回はもうひと押しが足りなかったようです。

ただ、フォントサイズを19pxで指定した場合、スマホではよくてもPCではいささか大きすぎます。というわけで、最終的にサイズ指定は見送りました。本文のフォントサイズは初期設定どおりとします。

さて、疑問がないわけでもありません。実は、外観>テーマの編集で子テーマのスタイルシートを変更しても反映されませんでした。

ところが、カスタマイズ>追加CSSでblockquotを加えると反映されました。

ブラウザのキャッシュの問題だったのかもしれません。よくわかりませんが、いつかそういうことだったのかと納得できる日が来るでしょう。とりあえず今は結果オーライです。

ところで、昨日の作業中に思わぬアクシデントに見舞われました。キーボードが機能しなくなったのです。テンキーもDeleteもBackSpaceも効きません。困ったときのEscキーさえ反応がありませんでした。

最初は電池切れを疑って電池交換をしてみましたが、状況に変化はありません。再起動をかけようかとも思いましたが、このままキーボードが機能しない場合には深刻な事態が待っています。

もしリセットされなかった場合、パスワードを打ち込むこともできません。つまり、PCを立ち上げることができないわけです。再起動は最後の手段です。30分近くスマホで情報を探りつつ、いろいろ試してみました。

IMEの不具合が原因かもという意見もありましたので、まったくためらうことなくGoogle日本語入力をインストールしました。私は「ようつべ」で「You Tube」に変換できるこのIMEの大ファンです。

MS-IMEのせいではなかったはずですし、帯電が原因でもなかろうと思われますが、いつの間にか正常に打ち込むことができるようになっていました。シャットダウンしたほうが早かったのもしれませんが、私にはその勇気はありませんでした。

その後、調べたところによれば、サインイン画面ではスクリーン・キーボードを使ってマウスで入力できるようです。もし次の機会があれば、安心して再起動をかけることにします。