自彊高校

今は存在しないようですが、かつて「東京自彊術クラブ」という名称の社会人野球チームがありました。私は都市対抗予選やクラブ選手権予選で3回見ています。

  • 1994/06/01(府中)2-11さくら銀行
  • 1995/06/03(府中)1-5東京ガス
  • 2001/05/04(府中)5-9全府中野球倶楽部

春日部共栄高校から明治大学を経てヤクルトに入った橿渕聡という選手もいましたが、スコアをつけていた身としては画数の多い「彊」や「橿」にゲンナリしていたことを思い出します。

けっして根に持っているつもりはありませんが、今でもこうしてスイスイ連想が進むのですから、それ相当のインパクトがあったのでしょう。

自彊術普及会という公益社団法人は現存します。自彊術とは(似て非なるものかもしれませんが)気功術のようなものだと私は理解しています。東京自彊術クラブはその関係の選手を中心に構成されたチームだと聞いたことがあります(定かではありません)。

1985年夏、KKコンビのPL学園は決勝戦で宇部商にサヨナラ勝ちして優勝を果たしました。この年のウラ優勝校が広島の自彊(じきょう)高校になります。福山市にあった公立高校です。2011年3月末で神辺(かんなべ)高校に統合されて、閉校となっています。

校名について、Wikipediaには次のような記載があります(2017/08/27現在)。

「自彊」(じきょう)という言葉は中国の古い書物である易経の中に出て来る。「天行健、君子以自彊不息」という語句から採用されたもので、「自ら努力し励む」という意味をもっている。

「彊」は訓読みでは「つと(める)」です。旧・自彊高校の校舎は現存し、2013年に広島県立福山北特別支援学校が移転しています。ストリートビューは2013年10月撮影のものしかありませんでした。

米内沢高校

2003年夏の高校野球決勝は、ダルビッシュの東北高校を常総学院が継投でかわして優勝しています。ウラ優勝校は秋田県の米内沢高校です。「よねうちざわ」では変換できませんでした。読みは「よないざわ」のようです。

米内沢高校は2003年当時には北秋田郡森吉町にあったようですが、森吉町は2005年3月に同じ北秋田郡の鷹巣町、合川町、阿仁町と合併して北秋田市になっています。北秋田市の名称は単に郡名を新市名にしただけのことのようです。

米内沢高校の閉校は2013年3月末です。北秋田市内の秋田県立鷹巣高校、秋田県立鷹巣農林高校、北秋田市立合川高校の4校が統合され、鷹巣農林高の校地に秋田県立秋田北鷹(ほくよう)高校が発足しています。

米内沢高校のWebサイトは現存しますが、もちろん統合後は更新されていません。Google EarthプロでWebサイト記載の所在地「秋田県北秋田市米内沢字長野岱118- 1」を検索してみました。

囲いのある野球場らしき施設と陸上のトラックが見えます。これは2010年10月に撮影された衛星写真です。その左側にある建物群が米内沢高校になるはずです。ストリートビューは2014年7月撮影のものしかありません。

この時点ですでに更地になっています。痕跡を探してみたところ、道路沿いに石碑が見つかりました。「六十五年の」、「一万人余の」という断片的な文字を読み取ることができます。石碑の下部に彫り込まれているのは校歌なのでしょう。

同校Webサイトによれば開校は1945年とされています。学制改革による新制高校は1948年4月に始まっていますので、起算点を1948年とすれば石碑の「65年」と一致します。ここで間違いはないようです。

せっかくですからGoogle Mapで距離計測してみました。陸上のトラックは300mのようです。野球のグラウンドはホームからセンターまで120m級です。2003年当時は2クラスかせいぜい3クラスだったはずです。

広さだけなら贅沢な環境だと言えるのかもしれませんが、部員がそう多かったわけではないでしょう。外野の草刈りを思うと、羨ましい環境だったわけではないはずです。現存しないということは、そういう妄想に浸れるということでもあります。


【2019/05/16追記】
2016年5月の航空写真では校舎跡もグラウンド跡もともに太陽光パネルが敷き詰められています。また、「米内沢」という地名については、どうやらアイヌ語由来であることがほぼ確実と思われます。

「あれが多くいる沢」という意味の「イオナイ」が「よない」になったようです。この場合の「あれ」とは、クマもしくはヘビだそうです。
2019/05/12北海道の「別」はアイヌ語の川