日本一は徳島県の京上

標高西日本2位の剣山を抱える徳島県三好郡の旧・東祖谷山村(ひがしいややまそん)は、2006年に池田町など5町村と合併して、今は三好市になっています。アメダス観測点の京上(きょうじょう)は旧・東祖谷山村の中心部です。

祖谷山は平家落人伝説の地であり、豊臣時代と徳川時代の一揆の地です。秘境スポットとして脚光を浴びた近年は、旧・西祖谷山村の祖谷渓やかずら橋に外国人観光客が盛大に訪れているようです。

京上は最寄り駅の土讃線大歩危(おおぼけ)駅から車で40分弱です。空港は高知空港が最寄りになります。京上で最大瞬間風速の観測が始まったのは2008年です。観測史上1~10位は、いずれも冬から春にかけて記録されています。

  • 15.6m/s(2016/04/17)西北西
  • 14.6m/s(2012/12/08)南
  • 14.5m/s(2016/04/16)南西
  • 14.2m/s(2016/01/19)南東
  • 14.0m/s(2015/12/04)東南東
  • 14.0m/s(2010/03/15)西南西
  • 14.0m/s(2009/05/27)北東
  • 13.9m/s(2010/12/03)南東
  • 13.7m/s(2009/11/02)南
  • 13.6m/s(2017/01/15)南東

残念ながらストリートビューでは観測ポイントを確認することはできませんが、南斜面に設置されているはずです。「2018年の最大瞬間風速ランキング」の928地点のうち15.6m/sより数値が小さいのは京上以外には3地点です。

島根県・赤名の観測史上1位は19.8m/s、山口県・広瀬は18.2m/s、福岡県・添田は19.6m/sです。京上は2018年だけでなく通算でも最大瞬間風速がもっとも小さい観測ポイントということになります。

2017年台風18号は鹿児島を経て9月17日16時半頃に高知県西部に再上陸、四国を横断して22時頃に明石に再上陸しています。京上付近を通過したわけですが、この日の京上の最大瞬間風速は21時10分の10.8m/sに過ぎません。

台風から温帯低気圧に衰えた翌18日正午過ぎには八戸で41.7m/sの最大瞬間風速を記録してますので、けっして弱い台風だったわけではありません。室戸岬でも40m/s超を観測しています。

また、雨台風だった2015年台風11号は熊野川の氾濫により新宮市などで床上浸水を引き起こしましたが、進路としては高知県室戸市に上陸して岡山県倉敷市に再上陸しています。この台風も京上付近を通過したわけです。

2015年7月16日から17日にかけての各地の最大瞬間風速は次のとおりです。

  • 42.6m/s 室戸岬
  • 32.0m/s 徳島
  • 27.9m/s 高松
  • 27.9m/s 新居浜
  • 26.8m/s 池田(青)
  • 23.6m/s 木頭(黄)
  • 22.5m/s 高知
  • 21.1m/s 倉敷
  • 19.9m/s 安芸
  • 19.9m/s 福山
  • 09.9m/s 大栃(緑)
  • 08.7m/s 京上(赤)

京上という地名の由来にも心惹かれるものがありますが、膠と関係があるのかどうかを含めてまったくわかりませんでした。