2日連続で最高気温1位の尾鷲

三重県内のアメダス観測地点のうち気温が観測対象となっているのは、桑名、亀山、小俣(おばた)、粥見(かゆみ)、鳥羽、南伊勢、宮川、紀伊長島、熊野新鹿(あたしか)、四日市、上野、尾鷲の12地点です。

6月28日の日最高気温は、上位8地点のうち6地点を三重で独占しています。1位・尾鷲の観測ポイントは合同庁舎内に設置された尾鷲特別地域気象観測所です。

  • 35.0℃ 三重県尾鷲市 尾鷲
  • 34.2℃ 三重県熊野市 熊野新鹿
  • 33.5℃ 三重県松阪市 粥見
  • 33.0℃ 三重県伊勢市 小俣
  • 33.0℃ 千葉県茂原市 茂原
  • 32.7℃ 岡山県高梁市 高梁
  • 32.7℃ 三重県紀北町 紀伊長島
  • 32.7℃ 三重県津市 津

合同庁舎は市役所や簡易裁判所、新聞社の支局などが立地する尾鷲市の中心部にあります。尾鷲は人口2万人に満たない規模ですから、周辺にビルが林立しているわけではありません。

紀伊半島(Google Earthプロ)

雨で有名な尾鷲ですが、日最高気温1位になるのはかなり珍しいことではないかと思われます。尾鷲の観測開始は1938年ですが、38℃以上が記録されたのは過去8回(日)しかありません。いずれも1990年代以降です。

  • 38.6℃ 2016/07/03
  • 38.4℃ 1995/08/27
  • 38.2℃ 2013/08/11
  • 38.1℃ 2018/07/23
  • 38.0℃ 2016/08/22
  • 38.0℃ 2013/08/10
  • 38.0℃ 2009/07/13
  • 38.0℃ 1990/07/18

尾鷲は翌6月29日も34.7℃で2日連続の日最高気温1位でした。

さて、現在公表されている平年値とは1981年から2010年までの30年間の平均値です。尾鷲の年降水量は3848.8ミリで、屋久島(4477.2ミリ)、えびの(4393.0ミリ)、魚梁瀬(4107.9ミリ)に次いで全国4位、本州では1位です。

日照時間の平年値は次のとおりです。えびのと魚梁瀬は雨量のみの観測ですので、近接地の加久藤と大栃を調べてみました。尾鷲の日照時間は全国平均レベルであって、周辺との比較でも突出して少ないわけではありません。

  • 1946.9時間 尾鷲
  • 1900.8時間 熊野新鹿
  • 1972.5時間 鳥羽
  • 2089.0時間 津
  • 1960.4時間 四日市
  • 2091.6時間 名古屋
  • 1530.5時間 屋久島
  • 1954.3時間 加久藤
  • 1764.5時間 大栃
  • 1906.2時間 内海
  • 1876.7時間 東京
  • 1996.4時間 大阪

東京や雨の少ない小豆島の内海より尾鷲の日照時間は長くなっています。尾鷲は雨が多いと言うより、降り始めたらその量が多いということになるようです。

ところで、大雨警報には浸水害に対する警報と土砂災害に対する警報の2種類があります。浸水害については表面雨量指数が、土砂災害については上流域で降った雨も考慮した土壌雨量指数が発令の基準に用いられています。

いずれにしても、降水量だけが警報・注意報の判断基準になるわけではありません。警報発令時の基準は原則として市町村単位で次のように定められています。行頭の数値が表面雨量指数で、ハイフンの次が土壌雨量指数です。

  • 40-161 尾鷲市
  • 30-157 熊野市
  • 38-146 伊勢市
  • 31-113 津市
  • 33-129 四日市市
  • 23-130 名古屋市
  • 22-184 屋久島町
  • 19-213 えびの市
  • 22-259 馬路町
  • 16-140 小豆島町
  • 19-180 新宿区
  • 15-*** 大阪市(大阪市内には土砂災害警戒区域なし)

隣接する熊野と尾鷲で等しい雨量だったとしても、熊野は警報で尾鷲は注意報というケースはあり得るわけです。尾鷲は多量の雨が降っても、その雨を受け流すことができるということになります。