皮肉っぽい「正しい音程」

もう歌い始めて1年になるというのに、いまだに音程80%付近をウロウロしているのが「飛梅」です。今朝のヒトカラの分析レポートは「正しい音程で伸び伸びと歌えています。この調子で頑張りましょう。」でした。

音程正確率79%で「正しい音程」だと言われても皮肉にしか聞こえません。この分析レポートは精密DX無印から始まりました。基本的には的を射たコメントと理解していますが、ときにこういうこともあります。

2014年から2016年にかけて精密DX無印で歌った2500曲を対象としたデータを調べてみたところ、78%でこのコメントが出たこともあったようです。音程に言及したコメント別に音程正確率の%を比較してみました。

▼冒頭の数字は音程%の平均(小数点2位切り捨て)、括弧内は最高と最低、末尾は得られたサンプル数です。コメントに「音程」の語句を含み、9曲以上のサンプルがあるものを抽出しました。

  • 91.5(94-90)9
    音程はほぼパーフェクト。圧巻の歌いっぷりですね。
  • 90.6(92-90)10
    音程は完ぺきに近いです。あとはビブラートの技術を磨けば、鬼に金棒ですよ。
  • 90.4(92-80)11
    並外れた歌唱力ですね。音程のズレもほとんどありません。
  • 88.1(94-85)11
    出だしの音程は完ぺき。高音もきれいに出ています。その調子で最後まで丹念に歌いましょう。
  • 87.2(92-85)37
    音感がありますね。音程の変化にも柔軟に対応できています。
  • 87.0(92-85)67
    ビブラートを器用に駆使していますね。音程もほぼ完ぺきです。
  • 87.0(91-85)57
    音程は安定しています。慣れてきたらアレンジを入れてみてもいいかも。
  • 86.7(89-85)73
    正確な音程で歌えています。文句なしの仕上がりですね。
  • 86.3(89-85)52
    音程の精度が高いですね。ほかの曲にもどんどん挑戦してみましょう。
  • 86.0(91-77)53
    感情がこもっていますね。全体を通して音程をキープできるよう頑張りましょう。
  • 85.9(92-80)77
    長いフレーズも音程がブレることなく上手に歌いこなせています。
  • 85.8(90-80)12
    リズム感がありますね。音程もきちんと取れています。
  • 85.7(87-85)11
    細部にわたり音程をつかめています。もっと難しい曲にも挑戦してみては?
  • 85.1(89-78)23
    全体的に声が良く出ていますね。次は音程の精度を上げアレンジを入れてもいいかも。
  • 84.9(89-80)11
    サビが苦しくありませんか? お腹から声を出して音程を安定させましょう。
  • 84.6(90-80)9
    サビで声が上ずってしまうのが残念です。伴奏を良く聴き正しい音程で歌うよう努力を。
  • 84.6(91-75)29
    音程は良く取れています。ふし回しを完ぺきにマスターし小さなズレを直しましょう。
  • 84.5(89-80)54
    音程は良く取れています。声のアクセントを少なくすれば得点も着実に上がります。
  • 84.4(88-78)25
    正しい音程で伸び伸びと歌えています。この調子で頑張りましょう。
  • 84.3(89-78)12
    サビ以外の音程がやや上滑りしています。正しい音程をつかむ練習を。
  • 82.8(84-81)17
    音程のズレが気になります。メロディをなぞるように力強く歌ってみましょう。
  • 82.6(84-80)13
    メロディの起伏が多い難曲を器用に歌いこなしていますね。次はより正確な音程を目指して。
  • 82.5(88-78)32
    リズム感がありますね。あとは音程に注意すれば完ぺきです。
  • 82.1(84-77)26
    全体を通して、お腹からの発声を心がけましょう。音程のズレにも要注意。
  • 82.0(83-79)12
    抑揚が効いていて、気持ちのこもった歌声です。音程の精度を高めれば、高得点も狙えます。
  • 81.9(84-75)46
    堂々たる歌いっぷりですね。音程に不安なところがないか今一度チェックしてみましょう。

80%「音程のズレもほとんどありません」と言われたり、75%「音程は良く取れています」と評価されることもあります。

リンゴ「ふじ」の生誕地

今年5月に発表された農林水産統計では、リンゴの品種別収穫量は「ふじ」が40万3,000トンで53%、「つがる」が7万8,600トンで10%、「王林」が5万2,300トンで7%です。今や「ふじ」は世界有数のリンゴ品種だそうです。

「ふじ」の名前の由来は、「ふじ」生誕の園芸試験場が所在する青森県南津軽郡藤崎町と富士山と山本富士子ということです。藤崎町は国道7号線沿いで、弘前市と青森市に挟まれています。鉄道では奥羽本線と五能線の合流点です。

藤崎町(大字)榊(字)柏原は、素直に「かしわばら」でいいものと思われます。と言うより、判断材料が少なく検討の余地がさほどありません。郵便番号検索ではヒットしません。各種ネット地図では「かしわばら」です。

藤崎町榊柏原付近(Google Earthプロ)

柏原地区は藤崎町のほぼ中央部に位置しますが、街の中心部というわけではありません。画像中央の7号線バイパスと県道が交わる辺りが柏原地区です。ストリートビューで見た限りでは1棟の建物もありません。田んぼばかりです。

建物がない以上、「柏原」が施設名称に使われることもないわけです。土地登記簿上だけの地名と言ってもいいかもしれません。そんな地名の読みを誰が気にするのかということになってしまいます。

さて、1930年代から農林省園芸試験場東北支場で育成された「ふじ」が品種登録されたのは1962年だそうです。試験場は再編統合によって盛岡に移転し、今は弘前大学農学生命科学部の藤崎農場です。

「ふじ保育園」や「ふじロード」、「藤崎アップル球場」などの名称にその痕跡は残っていますが、全国唯一の「りんご科」が設置されていた弘前実業藤崎分校も今年3月には閉校しています。

「柏原」の西南西約3.6kmの交差点にリンゴのフォルムを意識したと思われる木がありました。2014年6月のストビューです。