30M先~残された?案内看板

山形県内の理容店MAPを作成中です。MAPに落とし込んだのは200店舗を超えましたが、まだイタリアンには出会っていません。「イタリアンなサインポールMAP」には現在、46都道府県106店舗を掲載していますが、空白が山形です。

「高知県の理容店MAP」では、369店舗のうち4店舗がイタリアンでした。今のところの進捗率は4割程度ですので、高知の4店舗には届かないのではないかと思われます。

将棋駒で有名な天童市で気になる看板がありました。県道沿いに掲げられた理髪店の案内看板です。「さんぱつや」という屋号のお店はこの信号を左折して30mということです。

埋め込んだストビューは2015年9月撮影のものですが、2012年10月のストビューでもこの看板は存在しています。そして、2012年10月のストビューですでに「さんぱつや」さんの店舗が見つかりません。

交差点から30m地点には鉄骨のH鋼が不自然に切断されている建物があります。おそらくはそこが「さんぱつや」さんの跡地なのではないかと思われます。それにしても、なぜ看板だけが残されてしまったのでしょう?

なかなか想像力が及びません。同一敷地内の店を閉めるなら、看板も同時に撤去するのが普通です。何気なくストリートビューをクリックしていると、直進した先の右手に、上から「赤・白・青」で塗色された塀が見えてきました。

心躍らせながら接近すると、そこにはフレンチのサインポールが設置されています。「さんぱつや」さんの看板もあります。「さんぱつや」さんは廃業したのではなく、移転しただけだったのです。

県道沿いの看板が残っていた理由も納得です。今となっては「30M先」ではなく「100M先」が正しいわけですが、地方の理容店の性質上、顧客の多くは常連客のはずです。あえて手を加えなくてもさほど支障はないものでしょう。