お隣同士・お向かい同士の理髪店

都市部で美容院が隣り合うことはさほど珍しくないでしょうが、地方で理容店が並ぶのはレアだろうと思われます。隣同士、向かい同士のパターンがありました。この場合、両者の関係はギスギスしたものにならないのだろうかと気になります。

住宅地の生活道路に3本のスタンド型サインポールが立っているところがあります。マーカーの1から3まで約40mの距離です(いずれも青・白・赤のフレンチ仕様です)。場所は山形駅から車で20分弱の山形市北部になります。

山形市内(Google Earthプロ)

1は角敷地の理容店のサインポールです。2はその駐車場に設置されたサインポールです。東側の隣家も理容店で、入口は3のサインポール側です。玄関先にはブラケット型のサインポールも取り付けられています。

2012年10月のストリートビューを見る限り、両者ともに現役の佇まいです。これに対して、向かい合う2つの理髪店がもう閉業しているのではないかと思われるのが尾花沢市です。埋め込んだのは2014年7月撮影のストビューです。

右側には「理容サトウ」と書かれたテントこそありますが、壁のコンセントの下には穴と思われる黒い丸も見えます。看板かサインポールを取り外した痕跡かもしれません。

ちょっと見では営業している風情はありませんが、ガラスドアにはチョキちゃんのステッカーが貼ってあります。ドアの内側には「お顔そり」の掛け軸もありますので、閉業しているわけではなさそうです。

一方、道路左奥のガスボンベの上にはSマークの看板が掲げられています。プロパンガスは青いシャッターの家のものですが、看板は手前の建物のものです。「理容サトウ」さんの真正面になります。

カーテンで店の中は見えませんが、ガラスの引き戸にはやはりチョキちゃんのステッカーがあります。こちらも営業しているのかどうか微妙なところです。フェードアウト待ちの状態ではないかと思われます。