最終更新日の設定はお預け

「セットポジション」時代は、次のように各ページの右肩に作成日と最終更新日を記載していました。

インターネット・アーカイブで取得できる最古の「セットポジション」は2001年5月24日時点のものですが、サイト開設から1年経過していないこの時点ですでに更新日を記載しています。昔も今も必要不可欠なものだと考えています。

作成日は手入力でしたが、更新日についてはタイムスタンプを用いており、更新すれば自動的に日付が入る形を整えていました。WordPress移行後は方法がわからず、本文1行目に右寄せで直に記載するという原始的手法を用いています。

いつまでもそういうわけにはいかないでしょうし、そろそろ対応しなければ後が面倒です。検索してみると、どうやらPHP設定で対応できるようです。結論から言うと、まだ私にはハードルが高く、成功には至りませんでした。

このページは動作していません。
set333.net では現在このリクエストを処理できません。
HTTP ERROR 500

HTTP500エラーは、ファイルの記述ミスに起因することが多いようです。今回は固定ページに更新日を記載するため「page.php」だけを差し替えてみたわけですが、本当はその前に「functions.php」も差し替える必要があったようです。

TwentySixteenの場合、前者は60行程度ですが後者は350行ほどあります。追加するコードをどこに放り込んだたらいいのか、さっぱりわかりません。もう少しゆっくり時間をとれる日でなければ対応できません。

  1. 「ロリポップFTP」→「wp-content」→「themes」→「twentysixteen」で「functions.php」と「page.php」をコピー
  2. コピーに追加コードを埋め込んで「twentysixteen-child」で新規作成、保存

この手順で再チャレンジすればいいのではないかと思われますが、さて?

WPFront Scroll Top

再開できる環境が整ったように思われますが、まずは新たに導入したプラグインから。本日公開した固定ページ「2018年夏・猛暑の記録」はかなり長いページになりましたので、ページトップへの戻るボタンが必要です。

Javascriptとcssでスクロールトップのボタンをつくることもできるようですが、今は余裕がありませんので、プラグインに頼ることにしました。

とくにこだわりがない限り、もっともオーソドックスなものを選ぶのが無難でしょうから、「WPFront Scroll Top」を導入しました。プラグインを導入したときは、あとで困らないようにその旨をメモとして残しておくルールだったように覚えていますので、ここから話を展開させます。

さて、私は去年5月と今年1月にあるアクシデントに巻き込まれていました。ある意味では自業自得とも言えますが、これらはかなり貴重な体験であり、Web上でもなかなかお目にかかれない性質のものです。

時さえ来れば、これらの「事件」を詳細に記述するつもりですが、その「時」を計算すると東京オリンピックの頃になります。それまでは慎重に封印を決め込むことになります。

で、ひょっとするとこのアクシデントには、次のラウンドがあるかもしれません。私は主導権を握っている立場ではありませんので、これは予測不可能です。次のラウンドはない可能性のほうが高いと踏んでいますが、あると今まで以上に厄介です。

パンくずリストのプラグインを導入

サイト名を「セットポジション」から「セットポジション(仮)」に変更しました。最終的には「セットポジション」は引き継がないという強い意志表示のつもりです。

第1階層のページをWordPressではフロントページと呼んでいるようですが、これも「再開します」から「再開しました」にタイトルを変更し、内容を書き換えました。

従来の「今後の課題と展望」のページは「旧セットポジション」として第2階層のページとしました。また、新規に作成した「ひとりカラオケ」のページも第2階層となります。

「賽は投げられた」は「旧セットポジション」に、「イチ抜け曲の一覧」は「ひとりカラオケ」に属する第3階層のページということになります。

昨日はパンくずリストのプラグイン導入に慎重なニュアンスで記述しましたが、試験的に導入してみました。撤退するのはいつでもできます。不都合があれば手を引くだけのことです。

サイトの構成が固まり、デザイン的な課題が解決できれば、トントン拍子にうpできるはずです。適度に完成されたストックを捌き切れないほど抱えていますから…。

本来は在庫処分はほどほどにして、新規のコンテンツを加えていくことが肝要だと思っていますが、複数のページを揃えないとデザイン面の調整も進みません。今月中にデザイン面はクリアしたいものだと考えています。

さて、導入したプラグインは、パンくずリストではもっとも一般的と思われる「Breadcrumb NavXT」です。このプラグインをインストールしたところ、次のようなエラーメッセージが出ました。

お使いの PHP バージョンが古すぎますので、新しいバージョンにアップグレードしてください。
現在のバージョンは 5.2.17 ですが、Breadcrumb NavXT には 5.3.0 が必要です。

どうやらレンタルサーバ側でPHPをバージョンアップしなければならないようです。そもそも私はPHPなるものがいったいどういう代物なのかわかっていません。松下さんとは関係ないはずです。

わからないなりに調べて、古いバージョンは使わないほうがよさそうだということで、5.6にバージョンアップしました。それでもプラグインは機能してくれません。

heder.phpにおまじないを埋め込む必要があるようです。次のページを参考にして、子テーマのtwentysixteen_childフォルダ内におまじない入りのheder.phpを作成しました。

このページにはスタイルシートで表示調整する方法も記述されていますが、私としては今は満足していますので、今回はパスします。いずれお世話になるかもしれません。

気になることはあります。第1階層のページやブログにはパンくずは必要ありません。フロントページのパンくずを非表示にする方法が掲載されているページがありました。

おなじないをコピペした結果、無事にフロントページからパンくずは消えました。なお、別のページに記載されていたおまじないでは「このページは動作していません」という悲惨な結果に終わりました。

せっかく導入しましたから、すぐに外すことはしませんが、このブラグインは使わないという結論に至るかもしません。

ページ内目次の設置

WordPressでは、ブログはpost、固定ページはpageと呼ばれているようです。「賽は投げられた」は固定ページで作成しました。将来的には、旧「セットポジション」のカテゴリーに収める第3階層のページになるはずです。

「賽は投げられた」のページは、旧「セットポジション」の中では短編に属します。ページ内目次はなくても構わないわけですが、もう少し長くなると目次も不可欠になってきます。

まあ、そこは試行錯誤用のページですから、HTMLをいじって手動でページ内目次を設置してみました。旧「セットポジション」ではname属性を使っていましたが、Bloggerではid属性を用いていました。

同じ効果が得られるのなら4文字のnameより2文字のidです。id属性で無事に成功したわけですが、どうやらページ内目次を自動生成してくれるプラグインがあるようです。

というわけで、「Table of Contents Plus」というプラグインをインストールしてみました。インストールして有効化したところまではよかったのですが、肝心の使い方がよくわかりません。

私が「賽は投げられた」のページで目次を入れたい箇所は、注釈部分の下で横線の上です。Table of Contents Plusの初期設定では、ここに目次を表示させることができません。次のページに貴重な情報がありました。

ショートコードを使うことで、任意の位置に目次を入れることができるようです。というわけで、師匠に学んだ私は「次の投稿タイプのときに表示」のチェックはすべて解除して、ショートコードで目次を表示させることにしました。

このサイト、ロゴの下にパンくずリストがあり、右側ではカテゴリーが斜めに表示されています。しばらく師匠としてお使えすることになるかもしれません。

さて、次の課題は目次をセンタリングできないかということです。それらしいページはありました。

このページの記述どおりに「screen.min.css」を編集してみましたが、相変わらず左寄せのままでした。目的が達せられなかったため、センタリングはひとまず断念して、CSSは元に戻しました。

なにしろ、CSSの編集画面には次のような警告が示されます。

警告: 現在有効化されているプラグインの変更はおすすめしません。変更によって致命的なエラーが発生した場合、プラグインは自動的に無効化されます。

初心者には無視できない警告です。たじろいでしまいます。もともと旧「セットポジション」の目次は右寄せのリスト表示でした。

ところで、「賽は投げられた」のページには、「カウント0-1からの2球目」という記述がありました。ボールカウント表記はこの10年の間にボール先行に変わっています。「初球ボールのあとの2球目」に改めました。

今後、旧「セットポジション」からの焼き直しをうpするときは、この点に注意しなければなりません。

Googleさんからのお知らせ

先日(6日)、Googleさんから「https://set333.net/ での「404」ページの増加」と題するメールが届きました。

旧「セットポジション」は7月27日に全削除しました。404ページに需要があることは想像の範囲内ですので、7月31日にオリジナルの404ページを作成しました。私自身も何度か404ページを開いていますが、この10日間でせいぜい10回です。

正常に表示されることを確認すれば、それ以上は見る必要がありません。どうやら8月4日には100回以上404ページが表示されたようです。10年近く放置してきて、今でもアクセスを頂けるのはありがたいことです。

で、サイト名の「セットポジション」について、将来的には和語に切り替えたいという意向がないわけでもありません。サイト名とその内容に相当の乖離が生じるなら、避けられないことだと理解しています。

可能であれば「セットポジション」または「set position」のアナグラムで、それを強引にでも日本語訳したものが望ましいと考えていますが、いささかハードルが高そうです。

その方向で進展しないときは、「にわたずみ」や「東風吹かば」のような大和言葉がいいと思っています。急いで結論を出すことではありませんが、検討を要する課題です。

さて、私は先日、某警察署に行ってきました。バスの都合で現地に着いたのは約束の20分ほど前です。EVホール横のソファで待機していました。ソファの脇には階段があります。

階段の下から5段目にボックスのタバコが1箱落ちているのに私は気づいていました。ソファからぎりぎり視界に入ります。階段から降りてきた若手の署員はそれを華麗にスルーしました。

3分ほど経過して、階段を上がりかけた年配の署員は、タバコを拾い上げて中身を確認してから、そのタバコの箱を元の場所に戻して階段を上がって行きました。その様子が面白くて、私は思わずメモ帳を取り出した次第です。

3人目に通りかかったのは、やはり年配の署員でした。彼は落ちていたタバコの箱を拾い、階段下の出てきた部屋に戻り、すぐに階段を上がって行きました。「落ちてたよ」と声をかけるぐらいの時間しかありませんでした。

やはり興味深いのは2人目の対応です。中身が入っていたので元に戻したのではないかと想像されます。空箱つまりゴミならそのまま捨てるつもりだったのだろうと考えるのがもっとも自然のようです。

遺失物(拾得物)の処理は鬱陶しいことが多く、届けるときはポケットや鞄には入れないという用心深さが求められます。もっとも後腐れがないのは、最初の署員のようにスルーすることかもしれません。