3つの岩見沢女子高

岩見沢市のWebサイトに「教育行政の沿革」というページがあります。

明治40年(1907) 町立岩見沢女子職業学校創立。
大正13年(1924) 北海道庁立岩見沢高等女学校(現北海道岩見沢西高等学校)設置。
昭和20年(1945) 女子職業学校廃止。女子商業学校設置。
昭和22年(1947) 岩見沢市立女子商業学校廃止。岩見沢市立高等女学校開校。
昭和23年(1948) 庁立岩見沢高等女学校が道立岩見沢女子高等学校(現西校)と改称
昭和25年(1950) 岩見沢市立女子高等学校組織変更により廃校。岩見沢高等技芸学校開校。
昭和32年(1957) 岩見沢商業実践学校開校。
昭和34年(1959) 私立岩見沢女子高等学校創立。
昭和35年(1960) 岩見沢商業高等学校設置。
昭和49年(1974) 岩見沢商業高校及び岩見沢女子高校閉校。岩見沢緑陵高等学校開校。

岩見沢市の市制施行は1943年で、全国では201番目だそうです。町立岩見沢女子職業学校は1945年に市立の女子商業学校となり、その2年後に高等女学校になっています。

1948年の学制改革で市立高等女学校は新制高校に移行するはずですが、年表には庁立の高等女学校のことしか記載されていません。1950年にいきなり登場する「岩見沢女子高等学校」が1947年に開校した「岩見沢市立高等女学校」の後身だろうと思われます。

教育委員会の込み入った年表を整理してみました。

【東高】
1907(町)岩見沢女子職業学校
1945(市)岩見沢市立女子商業学校   1922(庁)岩見沢中学校
1947(市)岩見沢市立高等女学校    1947(道)岩見沢中学校
1948(市)岩見沢市立女子高等学校<A> 1948(道)岩見沢高等学校<B>
1950(道)岩見沢東高等学校<A+B>

【西高】
1924(庁)岩見沢高等女学校
1948(道)岩見沢女子高等学校
1950(道)岩見沢西高等学校

【緑陵】
1959(私)岩見沢女子高等学校<C> 1960(私)岩見沢商業高等学校<D>
1974(市)岩見沢緑陵高等学校<C+D>

年表に記載はありませんが、市立の岩見沢女子高は1950年に道立男子校の岩見沢高と統合されて岩見沢東高校になっています。年表最大の謎は「岩見沢高等技芸学校」です。「技芸」は「家政」とほぼ同義のようです。

さて、市立女子商の校舎がどこにあったのかはまったくわかりませんので、(今のところ)東高の現在地でMAP反映しています。一方、道立の岩見沢女子は1950年の共学化で岩見沢西に改称しています。

その後、1959年には私立の岩見沢女子高が設立されますが、1974年には私立岩見沢商とともに閉校となり、道立の岩見沢緑陵高が新設され岩見沢商の校地を継承しています。

結局、岩見沢女子高は設置者が異なる道立、市立、私立の3校が短期間ながら存在していたということになります。紛らわしいことこのうえない話です。