1年限りの女子商業高校

1971年高校野球選手権大会の北関東予選決勝で負けたのが上武大第一高校です。今では群馬もすっかり私学優勢になっているようですが、この当時はまだ群馬の私立高の甲子園出場はありません。

上武大第一高校は1963年に学文館女子商として創立されています。女子商だったのは1年限りで、翌年には共学化されて新町高校に改称、1968年の上武大開学と同時に上武大第一高校に名前を変えています。

1971年は、学校創立9年目にしておそらくは創部8年目の快進撃だったことになります。労使関係が一因だったのか事情のほどはわかりませんが、上武大第一高校は1979年に閉校になっています。

ネット上で検索しても正確な住所は出てきません。新町高校という名称からしても高崎市新町にある今の上武大高崎キャンパスが学文館女子商の所在地として最有力視されます。

国土地理院のWebサイトで公開されている航空写真では、1961年6月には田んぼか畑ですが、1964年5月には校舎らしき鉄筋コンクリートの陸屋根が確認できます。

国土地理院撮影の空中写真(高崎市新町の現・上武大高崎キャンパス付近)

初年度の募集人員は1クラスかせいぜい2クラスでしょう。開校1年目は十字路左下(南西)の既存建物で対処できたはずです。時期的に矛盾はありませんので、ここが学文館女子商の所在地と考えてもよさそうです。