千曲川最下流の吊り橋

地理院地図で検索すると、滑津川は3つあります。福島県川内村を源流とする木戸川水系の河川、福島県いわき市を源流とし夏井川の約4キロ南で太平洋に注ぐ河川、長野県佐久市を源流とする千曲川の支流の3本です。

あまり歓迎したくない 「滑津」という字面ですが、いわき市の滑津川は清音の「なめつがわ」で、佐久市の滑津川は濁って「なめづがわ」と読むようです。佐久市の滑津川では台風19号で千曲川との合流点近くが決壊しています。

滑津川と千曲川の合流地点
滑津川決壊地点付近(Google Earthプロ)

滑津川が決壊したのは「石神交差点」の「差」の字の辺りです。その際、数台の車が濁流に飲まれて81歳男性が亡くなっています。信濃毎日新聞の記事によれば、この車は男性の長女が運転し長男宅に避難しようとしていたそうです。

車は国道141号線を北上しようとしますが、石神交差点で警察官に阻まれます。中込大橋が通行止めになっていたからです。車は141号線を左折し県道139号線に入りますが、朝日橋付近では早くから用水路が氾濫しており、こちらも通行止めでした。

Uターンしたところに決壊による濁流が押し寄せたということのようです。複数箇所の通行止めで行き場を失ってしまうのは大雨のときにありがちなことですが、不運なタイミングで決壊が起きてしまったわけです。

千曲川は佐久市を南から北に流れています。下流となる佐久市の北は小諸市です。小諸大橋の南で千曲川に架かる吊り橋は大杭橋です。2014年8月のストビューを埋め込みました。

2019年7月のストビューでは「歩行者は通行できます」の看板が撤去されています。もう1つの看板は「車両」の2文字が白く消されて「大杭橋老朽化のため通行止め」になっています。渡れないように柵も設置されています。

この大杭橋は台風19号で橋の東側(ストビューの奥)が落橋しています。1964年の架橋ということです。千曲川ではもっとも下流にある吊り橋でした。