台風で消失した灯台

台風19号により流失した三重県紀北町の長島港大石灯台が設置場所の沖40mの海底で見つかったというニュースがありました。台風19号では高知県四万十町興津の灯台も流失しています。

昨年の台風24号では奄美大島・名瀬港の灯台が流されており、台風20号では神戸市・和田岬灯台上部のLEDが流出しています。また、2017年12月の暴風雪では留萌港の灯台が消失しています。

海面近くに設置された灯台は日常的に潮を浴びており、台風では風と波のダブルパンチに晒されるわけですから、流出や損傷はある程度織り込み済みのものと思われます。

流出した灯台
近年流出・破損した灯台(Google Earthプロ)

三重県紀北町 長島港大石灯台

2014年9月撮影のストビューです。中央の岩にかろうじて灯台らしきものを確認できます。高さは8.3mだそうです。紀伊長島のアメダス観測点では10月12日に観測史上2位の最大瞬間風速28.9mを記録しています。

“台風で消失した灯台” の続きを読む