台風で消失した灯台

台風19号により流失した三重県紀北町の長島港大石灯台が設置場所の沖40mの海底で見つかったというニュースがありました。台風19号では高知県四万十町興津の灯台も流失しています。

昨年の台風24号では奄美大島・名瀬港の灯台が流されており、台風20号では神戸市・和田岬灯台上部のLEDが流出しています。また、2017年12月の暴風雪では留萌港の灯台が消失しています。

海面近くに設置された灯台は日常的に潮を浴びており、台風では風と波のダブルパンチに晒されるわけですから、流出や損傷はある程度織り込み済みのものと思われます。

流出した灯台
近年流出・破損した灯台(Google Earthプロ)

三重県紀北町 長島港大石灯台

2014年9月撮影のストビューです。中央の岩にかろうじて灯台らしきものを確認できます。高さは8.3mだそうです。紀伊長島のアメダス観測点では10月12日に観測史上2位の最大瞬間風速28.9mを記録しています。

高知県四万十町 浦分港防波堤灯台

四万十市ではなく四万十町です。2014年1月撮影のストビューになります。高さは9.5mです。浦分港最寄りのアメダス観測地点は内陸の窪川で、沿岸部では佐賀になりますが、10月12日の風速は目立つものではありません。波による流出と思われます。

鹿児島県奄美市 名瀬港防波堤灯台

2018年9月の台風24号で消失したのは左手の赤い灯台です。2018年台風24号はJR東日本が初めて計画運休を実施(通過翌朝が平常運行できずに混乱)したときの台風です。与論島では56.6m/sを記録していますが、名瀬はたいした数値ではありません。流出した灯台は高さ11mの繊維強化プラスチック製だそうです。2012年4月撮影のストビューです。

神戸市兵庫区 和田岬防波堤灯台

去年8月の台風20号では和田岬灯台上部のLEDや太陽光パネルが消失しています。最寄りのアメダス観測点は神戸空港ですが、最大瞬間風速は8月23日に42.2m/s、翌24日が36.5m/sです。灯台頂上部の部品であることが風が原因と思われます。

2018年12月撮影のストビューで灯火部分がないことを確認できます。なお、和田岬の古い灯台は6キロ先の須磨海浜公園に移設保存されていますが、この場所にあった灯台ではないはずです。

北海道留萌市 留萌港防波堤灯台

2017年12月の低気圧で消失したのは右手の白い灯台です。埋め込んだ2014年8月のストビューでは確認できますが。最新2018年5月のストビューではもちろん見当たりません。留萌では984.3hPaが記録された2017/12/25でも最大瞬間風速は観測史上4位の34.4m/sですので、直接的には波の影響によるものと思われます。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA