泊から朝日に

奈良県では台風19号による人的被害は発生せず、住戸被害も床下浸水が3棟のみでした。避難指示や避難勧告も出ていません。ただし、雨量は意外に多く、10月12日の日降水量は県内13か所のアメダス観測地点のうち7か所で歴代10位以内でした。

3位 310.5mm 曽爾 370mm(2017/10/22)1976~
3位 172.0mm 針 220mm(1982/8/1)1976~
4位 163.0mm 大宇陀 235mm(1982/8/1)1976~
6位 194.0mm 吉野 270.0mm(2017/10/22)1976~
2位 149.0mm 五條 254.5mm(2017/10/22)2005~
9位 126.0mm 葛城 256.5mm(2017/10/22)1981~

天川(てんかわ)は296mmで5位でしたが、観測開始が2010年ですので除外しています。1位の記録が多い2017年10月22日は中心気圧950hPaで掛川に上陸した台風21号です。関西では次の4地点も歴代10位以内の降水量が記録されています。

9位 300.0mm 新宮 532.0mm(2017/10/22)1976~
6位 140.5mm 河内長野 263.5mm(2017/10/22)1976~
6位 163.0mm 信楽 235mm(1982/8/1)1976~
8位 119.0mm 東近江 217.5mm(2017/10/22)1976~

富山県では、正午過ぎから富山市などで停電が発生し、土砂崩れによる県道の通行止めも発生しています。新潟県境近くの朝日(旧称「泊」)では10月12日に観測史上1位の降水量を記録しました。

9位 107.5mm 猪谷 222.5mm(2018/7/5)1996~
1位 230.0mm 朝日 212mm(1985/7/8)1976~

富山県下新川郡朝日町は1954年に泊町など1町6村の合併で成立しています。町名は朝日岳に由来するそうです。アメダス観測点は1970年代の設置ですが、旧泊町にあったせいか「泊」の名称でした。

すでに消滅した観測地点ですので、特定したストビューを掲載しても問題はなかろうと思われます。朝日町のストビューは2014年9月撮影のものしかありません。消防署の屋上に風向風速計を確認することができます。

気温や雨量観測の露場は建物の裏に設けられていたようです。この消防署は2017年10月に現在地に移転しています。これに伴い、アメダス観測点は2キロ離れた箇所に新たに設置されました。

アメダス観測点・朝日
朝日町(Google Earthプロ)

もちろん、2014年のストビューで見当たるはずはありませんが、おそらくここだと思われる場所はあります。「朝日」での観測は2017年9月末に始まっていますが、風向風速以外は「泊」時代の観測値を継承しているようです。

東京初の日降水量600mm

東京のアメダス観測地点は23区内に5か所、多摩に5か所、離島に13か所あります。このうち練馬は2012年、利島(としま)は2014年の観測開始です。また、計23か所のうち6か所は空港内です。

台風19号が接近または通過した10月10~12日のいずれかの日の降水量が、その地点の歴代1位だったのは練馬を含めて7地点あり、10位以内だったのが利島を含めて4地点でした。

降水量はさほどではありませんが、羽田と江戸川臨海では10月12日に最大瞬間風速1位を記録し、東京(北の丸公園)では1937年の観測開始以来2番目でした。神津島、三宅坪田、八重見ヶ原も10月12日の最大瞬間風速は歴代10位以内です。

▼順位、10/12の降水量(母島は10/10)、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 209.5mm 東京 371.9mm(1958/9/26)1940~
1位 253.5mm 世田谷 236mm(1996/9/22)1976~
1位 289.0mm 府中 274mm(1991/9/19)1976~
1位 384.5mm 青海 274mm(1999/8/14)1976~
1位 392.5mm 八王子 345mm(1999/8/14)1976~
1位 556.0mm 小河内 482mm(2007/9/6)1976~
1位 602.5mm 小沢 336mm(2001/9/10)1977~
6位 193.5mm 大島北ノ山 267.0mm(2013/10/16)2003~
5位 159.0mm 母島 214.0mm(2015/8/8)2007~

檜原村・小沢の観測点では、島部を含む都内で初めて降水量600mm台が記録されています。小沢は雨量のみが観測対象です。高さのある風向風速計がなく雨量計だけですが、ストビューの道路から見下ろす畑に雨量計が設置されています。

檜原村小沢
檜原村小沢(Google Earthプロ)

雨量計の25mほど先を流れる北秋川は檜原村役場付近で南秋川に合流し、あきる野市で秋川に名前を変えます。秋川については「決壊」のカウントはされていません。たしかに、護岸が削られて家屋が傾いたわけで、そこに堤防はありません。

東京の住戸被害は12月2日現在で全壊27棟(あきる野市が16棟)、半壊174棟、一部損壊460棟、床上浸水816棟、床下浸水706棟です。人的被害は日野市で死者1人です。

小豆島で1年分の雨・1976年台風17号

川崎市は政令指定都市20市のうち唯一アメダス観測点を持たない自治体です。日吉は雨量のみの観測ですが、その露場は校舎の屋上に設置されているようで川崎との市境となる矢上川まで約600mです。

日吉を含めて神奈川県内のアメダス観測ポイントは11地点です。台風19号が上陸した10月12日の雨量が観測史上1位だったのは6地点で、各観測地点の歴代10位に入らなかったのは横浜と三浦の2地点のみでした。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 187.5mm 日吉 248mm(1989/8/1)1976~
1位 361.5mm 相模原中央 350mm(1991/9/19)1976~
1位 595.0mm 相模湖 325mm(1998/8/30)1976~
1位 518.0mm 丹沢湖 495.5mm(2010/9/8)1976~
2位 256.5mm 海老名 259mm(1976/9/9)1976~
6位 173.5mm 辻堂 202mm(2003/8/15)1992~
1位 210.0mm 平塚 203mm(1991/9/19)1976~
1位 240.0mm 小田原 238.5mm(2010/9/8)1976~
1位 922.5mm 箱根 528mm(2005/8/25)1976~

アメダスの観測地点・箱根
アメダス観測地点・箱根(Google Earthプロ)

とりわけ箱根は歴代の全国1位でした。気象庁所管の日降水量歴代TOP10は次のとおりです。箱根も日吉同様に雨量のみの観測です。その露場は衛星写真では見えますが、ストビューで確認することはできません。

▼日降水量、観測所名、年月日を記載しました。

922.5mm 箱根(神奈川県) 2019/10/12
851.5mm 魚梁瀬(高知県) 2011/7/19
844mm 日出岳(奈良県) 1982/8/1
806mm 尾鷲(三重県) 1968/9/26
790mm 内海(香川県) 1976/9/11
765mm 与那国島(沖縄県) 2008/9/13
764mm 宮川(三重県) 2011/7/19
757mm 成就社(愛媛県)2005/9/6
735mm 繁藤(高知県) 1998/9/24
726mm 剣山(徳島県) 1976/9/11

雨の多い地域が並んでいますが、5位の内海は少雨で有名な小豆島です。1976年台風17号は長崎に上陸し日本海に抜けています。前線の関係で台風の進路から離れた地域でも記録的な大雨をもたらし、人的被害は死者・行方不明者171名です。

内海では9月10日が194mm、11日が790mm、12日が233mmと3日間で1217mmに達しています。内海の降水量の平年値は箱根の3分の1以下の1099mmです。この台風1つで1年分以上の雨が降ったことになります。

静岡、愛知、三重の雨量

静岡県内のアメダス観測地点で、10月12日の降水量が歴代10位の箇所は次のとおりです。観測史上最大雨量は8地点で記録されています。このうち三島は1930年、静岡は1940年が統計開始です。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

2位 238.5mm 磐田 252mm(1998/9/23)1978~
1位 307.5mm 掛川 302mm(1983/8/17)1976~
3位 243.0mm 三倉 316mm(1983/8/17)1982~
9位 294.0mm 川根本町 374.0mm(2011/9/21)1976~
3位 312.0mm 鍵穴 393mm(2001/9/10)1991~
1位 366.0mm 高根山 278.0mm(2012/6/19)2009~
1位 375.0mm 静岡空港 224.0mm(2017/6/21)2009~
2位 408.5mm 菊川牧之原 414mm(1982/9/12)1978~
2位 281.5mm 御前崎 360.0mm(2004/10/9)1932~
1位 401.0mm 静岡 368.0mm(2004/6/30)1940~
1位 597.5mm 梅ケ島 595mm(2001/9/10)1976~
2位 282.5mm 清水 297mm(2004/10/9)1978~
1位 529.0mm 御殿場 524mm(2007/9/6)1976~
1位 362.0mm 三島 316.0mm(1938/6/29)1930~
1位 689.5mm 湯ヶ島 595mm(2007/9/6)1976~
2位 339.0mm 土肥 351mm(2007/9/6)1990~
3位 519.0mm 天城山 627mm(1983/8/17)1976~
2位 284.0mm 松崎 299mm(1983/8/17)1976~

東部の観測点をマッピングしてみました。ピンクが1位地点、緑が2~3位、白はランク外です。富士の観測ポイントでは、10月12日の降水量は117mmと周囲の半分以下です。雨の降り方はあまり均一ではないようです。

静岡東部の降水量
静岡東部の降水量(Google Earthプロ)

愛知県でも観測史上1位の地点がありました。田原は渥美半島の太平洋側、一色は三河湾です。

2位 294.5mm 伊良湖 337.1mm(1962/7/2)1947~
1位 261.0mm 田原 230mm(1983/8/17)1976~
2位 207.5mm 豊橋 226.0mm(2008/8/28)2005~
2位 224.0mm 新城 224.0mm(2011/9/21)2002~
4位 199.0mm 蒲郡 237mm(1983/8/17)1979~
1位 169.0mm 一色 246mm(2001/9/10)1976~
7位 169.0mm 南知多 374mm(1976/9/12)1976~
4位 117.5mm セントレア 251.0(2017/10/22)2005~

三重県では志摩市の阿児(あご)が観測史上1位でした。

3位 206.5mm 名張 295mm(1982/8/1)1976~
5位 234.5mm 小俣 473.5mm(2017/10/22)1976~
6位 281.0mm 鳥羽 423mm(1982/8/3)1977~
1位 383.5mm 阿児 292.5mm(2017/10/22)1982~
5位 268.5mm 南伊勢 397mm(1982/8/3)1978~

当たらずと言えども遠からず

上陸12時間前(10/12 07:40)の天気予報です。

台風の接近に伴って、13日(日)明け方にかけて、四国から東北の広い範囲で潮位が高くなる見込みです。特に、東海地方では、過去最高潮位を50センチ上回る所もあり、記録的な高潮となるでしょう。沿岸施設では重大な災害の恐れがありますので、厳重に警戒して下さい。

tenki.jp>台風19号 非常に強い勢力で関東・東海に上陸へ

東海地方で過去最高潮位を50センチ上回った箇所はあったのでしょうか。台風19号で最高潮位が更新されたのは次の5地点です。

最高潮位更新地点
最高潮位を更新した地点(Google Earthプロ)

▼潮位、その日時、観測地点、従来の1位の潮位とその年月日を記載しました。

230cm(10/12 05:59)三宅島 193cm(2018/7/28)
172cm(10/12 16:11)小田原 123cm(2011/9/21)
200cm(10/12 15:05)石廊崎 183cm(2009/10/8)
170cm(10/12 17:35)清水港 150cm(2017/10/23)
182cm(10/12 17:04)御前崎 169cm(2004/10/9)

小田原が49cmオーバーでした。まあ、1cmぐらいは大目に見たいところです。小田原が東海地方だと言い切れるかどうかも微妙なところですが、東海地方の隣接地域ではあります。

台風19号が伊豆半島に上陸したのは19時前です。御前崎への最接近は17時半前後になります。当日の御前崎から焼津、清水、田子の浦の満潮時刻は16:56とされていました。干満差は1m程度です。

上陸直前の中心気圧は955hPaで、標準気圧は1013hPaです。低気圧の吸い上げ効果は1hPaで約1cmと言われています。吸い上げ効果だけでも、海面水位は50~60cm高くなるわけです。満潮が重なれば悠に1m超となります。

そこに波が押し寄せれば、雨で増水した河川は河口付近で溢れるしかありません。高潮被害は予見可能だと言っていいのかもしれません。予見可能だとすれば、不作為は「過失」となります。

焼津市成案寺川沿岸の水産加工センター団地などが被災しているようです。浸水そのものは防げないとしても、浸水することを前提に回避できた被害もあったのではないかと思えなくもありません。

静岡県内の住戸被害(全半壊、一部損壊、床上・床下浸水)は、焼津市で700棟超、伊豆の国市で600棟超、函南町で400棟超、沼津、静岡、牧之原、菊川の4市でそれぞれ100棟超とされています。

埋め込んだストビューは2015年2月撮影のものです。台風で倒れた看板です。上陸地点の近くになります。