木曽平沢は廃止、木祖藪原へ移転

長野県塩尻市の旧中山道沿いにあったアメダス観測所「木曽平沢」が2019年9月に6.5キロほど移転しています。移転先は塩尻市に隣接する木祖村であり、新しい観測所名は「木祖藪原」です。

木曽平沢と木祖藪原
木曽平沢と木祖藪原(Google Earthプロ)

木曽平沢の観測ポイントは塩尻市楢川支所の4~5階建てのビルでした。屋上に降水量と風向風速と日照の観測機器が設置され、敷地の一角で気温を観測していたようです。楢川支所は旧・楢川村役場です。

楢川支所は旧・楢川保健福祉センターの木造建物に移転しました。建物自体もいずれ取り壊される予定で、支所の移転に合わせてアメダス観測所も移転を余儀なくされたものと思われます。

楢川村が塩尻市と合併したのは2005年です。合併以前の観測所名は「楢川」でした。40年観測を続けてきた木曽平沢と4か月の木祖藪原では、日降水量と1時間降水量の極値は後者のほうが大きくなっています。台風19号です。

木曽平沢の日降水量1位 175ミリ(2006/7/18)
木祖藪原の日降水量1位 200ミリ(2019/10/12)

木曽平沢の1時間降水量1位 17.5ミリ(2015/6/24)
木祖藪原の1時間降水量1位 24.0ミリ(2019/10/12)

移転済みですので、遠慮なくストビューを埋め込みます。2012年6月撮影のものです。

中央のマイクのような形をしているのが温度計です。温度センサーが直射日光や風雨にさらされないように通気筒でカバーされている気象庁仕様です。

温度計の通気筒
気象観測ガイドブック「通気筒」

木曽平沢の年平均気温はちょうど10℃前後です。1979年から1999年までの21年間で年平均気温が10℃を超えたのは7回、2000年から2018年までの19年間では14回あります。残念ながら右肩上がりです。

木曽平沢の年平均気温
木曽平沢の年平均気温、日最高気温の平均、日最低気温の平均

コメント

タイトルとURLをコピーしました