雨量

アメダス

静岡・梅ケ島の観測地点が有東木に移転

1976年9月に観測を始めた静岡市葵区の梅ケ島観測所が廃止され、2020年1月28日から同じ葵区内の有東木(うとうぎ)に移転しています。雨量のみの観測地点です。 梅ケ島と有東木(地理院タイル) ピンクが梅ケ島、赤が移転先の有東...
アメダス

投入堂手前の多雨スポット・鹿野

今年から日降水量1位地点をフォローしていますが、今のところ川谷と能生が4勝、屋久島と鹿野が3勝です。聞き慣れない鹿野について調べてみました。鳥取県気高郡鹿野町(けたかぐん しかのちょう)など6町2村は、2004年に鳥取市に編入されています...
アメダス

10ミリ以上の降水日数115日の能生

新潟県西頸城郡能生町(のうまち)は2005年、西に隣接する糸魚川市とさらにその西隣の青海町との1市2町で合併しています。アメダス観測地点の能生は、2019年の10ミリ以上の降水日数が115日で全国1位でした。 能生から直線距...
アメダス

伊達は「北の湘南」なのか?

2019年の降水量最少は声問の446.5ミリでしたが、この数値には多少なりとも疑問があります。2位は500ミリの伊達です。実質的には去年の最少降水量だったかもしれない伊達の観測地点は、市街地の外れにあります。伊達紋別駅から直線で1キロ弱で...
アメダス

旭川空港と旭川気象台の降水量

北海道には14の空港がありますが、そのうち11空港がアメダスの観測ポイントになっています。新千歳空港には気象測候所が、旭川など10空港には航空気象観測所が設けられています。冬季の降水量観測の有無を調べてみました。 道央・道南...
アメダス

年間最少降水量は稚内空港の声問

2019年の年間降水量が最少だったアメダス観測点は稚内の声問(こえとい)でした。声問の観測地点は稚内空港内です。航空気象観測所としての観測開始は2003年になります。 稚内空港(地理院地図) 稚内空港の所在地は「北海道稚内市大...
アメダス

2019年の年間降水量1位は天城山

2019年の降水量1位は伊豆半島の天城山でした。年間降水量の上位10地点は次のとおりです。 3位の船戸は2位・鳥形山の近くで、7位の色川は6位・尾鷲の近くです。 5552.0ミリ 天城山(静岡県) 5075.5ミリ 鳥形山(高知...
アメダス

木曽平沢は廃止、木祖藪原へ移転

長野県塩尻市の旧中山道沿いにあったアメダス観測所「木曽平沢」が2019年9月に6.5キロほど移転しています。移転先は塩尻市に隣接する木祖村であり、新しい観測所名は「木祖藪原」です。 木曽平沢と木祖藪原(Google Earthプロ)...
アメダス

高萩のアメダス臨時観測所

茨城県・高萩のアメダス臨時観測所は、2011年6月14日昼前から降水量の観測が始まり、同年9月30日夕方から気温と風向風速も追加されています。日照計が設置されることはなく、2018年11月末で廃止されています。 必要が生じたから設置...
タイトルとURLをコピーしました