カーコーポ

MAP反映が400か所に達しました。ここで一度立ち止まって、屋根つきの物件については屋根の形状もフォローしておきたいと思います。これまで「平置き、屋根付き」としてきた駐車場を「切妻屋根」のように記載します。

また、個別シャッター付きの駐車場については、その旨を記載します。つまり、400か所を再度チェックするという作業に入ります。したがって、しばらくの間、数としては停滞します。

Yahoo!地図のランドマーク検索では、800件目までチェックを終了しました。このうちMAP反映は179か所、大阪が562か所です。ランドマーク検索の総数は2,506件ですので、まだ3分の2を残しています。

発祥は別にしてもモータープールの本場が大阪であることは疑う余地がありません。奈良が私の想像以上に多くその分苦戦していますが、おかげさまで奈良県の地理には格段に詳しくなりました。

姫路がまだ1か所だけです。姫路市の人口は10月1日現在で532,994人、尼崎市より多く兵庫県第2の都市ですが、1か所だけというのは少なすぎます。実は前から薄々は気づいていたことです。

それを確かめるためにこの企画を始めたと言っても、それほど的外れでもありません。阪神間は西宮から住吉にかけては少なく、三宮から長田にかけて多く、明石を過ぎると少なくなります。

つまり、大阪を起点とし西へ向かう「モータープール」ロードは、山陽本線(山陽街道)沿いではなく、淡路島から松山、そして八幡浜に伸びています。これらの分布が今後も変わらないとすれば、起源を辿るヒントになるかもしれません。

さて、駐車場の呼称としては、きわめてレアなものではないかと思われるのが「カーコーポ」です。埋め込んだストリートビューは2012年7月撮影のものです。

駐車場やアパートの名称は不動産登記の登記事項ではありません。制約がありませんので、勝手につければよく、自由に変えることができます。小さな駐車場なら、別に名称がなくてもさほど支障はありません。

本来のコーポラスとは、法人を組織して土地を法人名義にし、そこに株主の共同住宅を建てるというものですが、一般的にはアパートの別称のように使われているのが実情です。

私はこの「カーコーポ」という名称がかなりお気に入りです。また、田辺には「因数分解」という屋号の貸しビデオ屋さんがあったようです。これも私の中ではポイントが高いネーミングでした。