北関東のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で北関東3県では計14件のモータープールがヒットしました。このうちMAPに反映したのは9件です。茨城5件のうち3件は同一法人であり敷地が隣接していましたので、1件だけ反映しました。

  • 「モータープール 茨城県」5件(MAP反映2件)
  • 「モータープール 栃木県」6件(MAP反映5件)
  • 「モータープール 群馬県」3件(MAP反映2件)

貸駐車場としてのモータープールは足利の2件と前橋の1件だけです。足利から仙台まで250kmに渡って、浜通りも中通りも日本海側も貸駐車場としてのモータープールは空白地帯です。

足利市のモータープールのうち、足利ビジネスホテルの向かい側にあるのが舟定モータープールです。Google Map上で舟定モータープールさんを探しているときに目が止まったのが「床屋の角の公衆電話」でした。

足利市民球場の帰りに寄り道したことがありますから、そこが何を意味するのか私は知っています。こういう形で地図に載っているのは意外でした。ちなみに、Yahoo!地図やMapionには「床屋の角の公衆電話」は掲載されていません。

もう1つの新井モータープールさんから両毛線を挟んで100m南には「渡良瀬橋」の歌碑が建てられています。

▲2017/12/10 歌詞掲載部分を削除しました。以下の「わたし」と「あたし」については、サブブログ「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」で展開することになります。

さて、この曲は1993年1月の発売です。一人称名詞として「私」が1か所だけ出てきます。森高千里本人も、カバーした松浦亜弥、河口恭吾、城之内早苗、城南海も例外なく「わたし」と歌っています。

You Tubeには「あたし」を使うこともある奥華子のカバー音源もありましたが、やはり「わたし」でした。「渡良瀬橋」のカラオケや弾き語り音源も、今回聴いた範囲ではすべて「わたし」です。

なお、DAMのカラオケでは「わたし」とルビが振ってあります。「あたし」が勢力を拡大するのは1990年代後半だと思われますが、森高千里に関してはオール「わたし」だと理解しています。