爆風スランプは「み」、山崎まさよしは「び」

第114回は予選ラウンドが終了したところです。音程順上位15曲による決勝第1ラウンドと得点順上位15曲による最終ラウンドを残しています。予選ラウンド終了時の得点順上位9曲は次のとおりです。

  1. 97.949点 さらば青春 ♪ 小椋佳
  2. 97.580点 さらば涙と言おう ♪ 森田健作
  3. 97.469点 港町ブルース ♪ 森進一
  4. 97.372点 恋の予感 ♪ 安全地帯
  5. 97.370点 蒼いフォトグラフ ♪ 松田聖子
  6. 97.202点 パステルラヴ ♪ 金井夕子
  7. 97.189点 君への道 ♪ 伊藤薫
  8. 97.021点 三枚の写真 ♪ 三木聖子
  9. 96.963点 心の旋律 ♪ 有安杏果

まだ97点台で9曲埋まっていませんが、八幡浜の縁でエントリーした「港町ブルース」が3位で予選を通過して5年ぶり2回目の入賞が確実な情勢です。

今回は得点順と音程順で順位が派手に入れ替わります。音程順の上位9曲は次のとおりです。こちらも90%台はまだ8曲です。

  1. 94% すこしだけやさしく ♪ 薬師丸ひろ子
  2. 92% 恋の予感 ♪ 安全地帯
  3. 91% 秋の気配 ♪ オフコース
  4. 91% 野ばらのエチュード ♪ 松田聖子
  5. 90% さらば涙と言おう ♪ 森田健作
  6. 90% 熱き心に ♪ 小林旭
  7. 90% 蒼いフォトグラフ ♪ 中川翔子
  8. 90% 大きな玉ねぎの下で ♪ 爆風スランプ
  9. 89% パステルラヴ ♪ 金井夕子

音程順8位の「大きな玉ねぎの下で」は第2回のイチ抜け曲であり、第1回から第10回まで連続入賞です。高校野球で言えば和歌山中のような存在です。その後も何度かエントリーしていますが、入賞は3年前の第72回が最後です。

まだチャンスは残っていますが、今回も入賞ラインには届きそうにありません。「大きな玉ねぎの下で」は1999年にアンサーソング「初恋 ~はるかなる想い~ 」が作られています。

作詞はもちろんサンプラザ中野で、歌ったのはYURIMARIというデュオです。DAMにもJOYにも入っていますが、私は歌ったことはありません。来なかったペンフレンドは遅れただけだったようです。

なお、歌詞掲載部分は17/12/07をもってサブブログ「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」に移しました。タイトルの意味は移転先の「大きな玉ねぎの下で」でわかります。