パステルラヴ

第115回の予選ラウンドが終了しました。今回はDX無印とDX-Gの混合回ですので、DX-Gについてはボーナス加点前の素点基準となります。得点順上位9曲は次のとおりです。

  1. 96.935(90)9 パステルラヴ ♪ 金井夕子
  2. 95.853(90)9 野ばらのエチュード ♪ 松田聖子
  3. 95.812(92)9 秋の気配 ♪ オフコース
  4. 95.670(89)9 恋の予感 ♪ 安全地帯
  5. 95.631(89)9 熱き心に ♪ 小林旭
  6. 95.522(89)9 さらば恋人 ♪ 堺正章
  7. 95.403(84)10 いつでも夢を ♪ 橋幸夫・吉永小百合
  8. 95.098(88)9 大きな玉ねぎの下で ♪ 爆風スランプ
  9. 95.072(88)9 さらば青春 ♪ 小椋佳

96点台は「パステルラヴ」のみでした。「パステルラヴ」は5年前の第38回で初入賞し、今年に入って第107回で4位、第111回で3位、第113回は2位、前回が3位と上位入賞を重ねています。

「パステルラヴ」の作詞・作曲は尾崎亜美ですが、私は「オリビアを聴きながら」よりも好みだったりします。なお、DAMではタイトル表記が「パステル・ラヴ」と中点が入りますが、金井夕子のレコードジャケットには中点はありません。

尾崎亜美のセルフカバーも「パステルラヴ」です(アルバム曲)が、1987年に松本典子がカバーした際のシングルのジャケットは中点付きで「パステル」です(B面曲)。

さて、「いつでも夢を」が音程84%ながら素点で95点オーバーでしたが、84%以下で95点以上は今年2回目で通算3回目です。昨年は1度もありませんでした。

  • 第112回 時の流れに身をまかせ パート2
    95.572 (音程84、安定性94、表現力91、リズム98、V&L95)462
  • 第115回 いつでも夢を
    95.403 (音程84、安定性91、表現力95、リズム96、V&L95)461
  • 第88回 Time goes by
    95.062 (音程84、安定性88、表現力89、リズム98、V&L92)451

音程順の上位9曲は次のとおりです。90%台は「さらばシベリア鉄道」を含めて10曲に達しています。

  1. 94.453(94)9 すこしだけやさしく ♪ 薬師丸ひろ子
  2. 95.812(92)9 秋の気配 ♪ オフコース
  3. 96.935(90)9 パステルラヴ ♪ 金井夕子
  4. 95.853(90)9 野ばらのエチュード 松田聖子
  5. 94.908(90)8 熱き心に ♪ 小林旭
  6. 94.581(90)9 大きな玉ねぎの下で ♪ 爆風スランプ
  7. 94.555(90)9 さらば青春 ♪ 小椋佳
  8. 93.138(90)8 空も飛べるはず ♪ スピッツ
  9. 91.109(90)6 ミュンヘンへの道 ♪ ハニー・ナイツ

決勝第1ラウンドは音程順で上位15曲を2セット、最終ラウンドは決勝第1ラウンドまでの得点順上位15曲を2セットです。イチ抜けは「パステルラヴ」で動きそうにありません。

次回の第116回は年末オールスター戦であり、年間グランプリ決定戦になります。レギュレーションは次のとおりとします。次回の順位決定は音程優先です。

  • エントリーは第105回から第115回までの入賞曲とする
  • 予選ラウンドでは各回の入賞曲延べ99曲を歌う
  • 準決勝第1ラウンドでは予選ラウンドの得点上位30曲を歌う
  • 準決勝第2ラウンドでは前ラウンドまでの音程上位30曲を歌う
  • 決勝ラウンド進出は音程上位27曲とする
  • 決勝ラウンドは、音程順1位+20~27位、2位+12~19位、3位~11位の3組にグループ分けする
  • 当日の音程順各組1位がファイナルステージ進出、3曲歌って音程最上位曲が年間グランプリ(一発勝負)

第117回以降は得点優先に戻します。ただし、来年中に平均点との差を最優先して順位を決めるシリーズを企画したいと考えています。