甲信越と北陸のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で甲信越3県では計15件のモータープールがヒットします。MAPに反映できたのはそのうち10件です。

  • 「モータープール 山梨県」2件(MAP反映2件)
  • 「モータープール 長野県」4件(MAP反映1件)
  • 「モータープール 新潟県」9件(MAP反映7件)

この3県では、貸駐車場としてのモータープールは松本と上田の2か所しか見つけていません。モータープール過疎地帯です。松本市内をストリートビューで散歩してみたところ、「月駐車場」が4か所ほどありました。

埋め込んだストビューは中町商店街振興組合の駐車場です。個人経営ではないのですから、もし違和感があるなら差し替えられやすいと思われますが、「月決」の看板は少なくとも3年間使われ続けています。

北陸3県のモータープールはYahoo!地図では計7件しかヒットしません。MAPに反映できたのは6件です。

  • 「モータープール 富山県」0件
  • 「モータープール 石川県」2件(MAP反映1件)
  • 「モータープール 福井県」5件(MAP反映5件)

貸駐車場としてのモータープールは富山1か所、石川2か所、福井5か所を確認しています。富山北モータープールさんは7階建てで540台収容の立体駐車場ですが、「モータープール」を名乗る貸駐車場としては日本海側で最北です。

また、福井の5か所はすべて嶺北の福井市内です。嶺南の敦賀にはGoogle Map上で「敦賀モータープール」と表示されるシャッター付きの駐車場がありますが、ストビューでは看板が見当たりません。嶺南ではMAP反映ゼロです。

東京と神奈川のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で東京と神奈川は計35件のモータープールがヒットします。MAPに反映したのはそのうちの27件です。

  • 「モータープール 東京都」24件(MAP反映23件)
  • 「モータープール 神奈川県」11件(MAP反映4件)

Yahoo!検索では駒沢にある田中モータープールさんが2件ヒットしましたが、敷地続きであることからMAPには1件のみを反映しています。つまり、東京の24件はすべて「モータープール」の看板をストリートビューで確認することができました。

Yahoo!地図でもGoogle Mapでも、地図データを提供しているのは住宅地図を発行しているゼンリンです。ゼンリンは表札調査が基本ですから、Google Mapに「△△モータープール」とあれば、その看板なり表札なりはあるはずです。

東京ではストビューでは確認できない、あるいはストビューそのものがまだ撮影されていないというケースがなかったということは、ストリートビュー・カーがそれだけ細かくかつ頻繁に回っているということにもなるのでしょう。

貸駐車場としてのモータープールは、今のところ東京で25か所、神奈川で3か所見つかっています。私は駒沢と上野のモータープールについては、その存在をかなり以前から知っていました。

浅草近辺に「TOWAモータープール」さんが複数あります。いずれもタワー式の立体駐車場ですが、「空有り」の看板はたぶん全国的にもTOWAさんだけではないかと思われます。

埼玉と千葉のモータープール

Yahoo!地図で「モータープール 埼玉県」とランドマーク検索すると10件がヒットします。このうちストリートビューで「モータープール」の看板を確認できたのは5件でした。

埼玉のMAP反映は全部で7か所ですが、貸駐車場は「ベッサンモータープール」1か所だけです。看板には「鈴木月極駐車場」の連絡先として「ベッサンモータープール」が記載されています。法人名ではないようです。

「ベッサン」とは所在地の別府3丁目を略したものと思われます。この略し方は、「天六」や「上六」や「谷四」を踏襲したものでしょう。命名者は何らかの形で大阪と縁があるのだろうと容易に想像できます。

「モータープール 千葉県」でYahoo!地図をランドマーク検索するとヒットするのは13件です。ストビューで看板を確認できたのは8件でした。貸駐車場は市川にある「ラコスモータープール」1か所のみです。

両県とも販売用の車の保管場所より、重機置場としてのモータープールのほうが多いのかもしれません。

千葉県山武市にはBMWのモータープールがありました。メルセデスベンツのモータープールは茨城県の日立港にありますが、看板は確認できませんでしたのでMAPには反映していません。

北関東のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で北関東3県では計14件のモータープールがヒットしました。このうちMAPに反映したのは9件です。茨城5件のうち3件は同一法人であり敷地が隣接していましたので、1件だけ反映しました。

  • 「モータープール 茨城県」5件(MAP反映2件)
  • 「モータープール 栃木県」6件(MAP反映5件)
  • 「モータープール 群馬県」3件(MAP反映2件)

貸駐車場としてのモータープールは足利の2件と前橋の1件だけです。足利から仙台まで250kmに渡って、浜通りも中通りも日本海側も貸駐車場としてのモータープールは空白地帯です。

足利市のモータープールのうち、足利ビジネスホテルの向かい側にあるのが舟定モータープールです。Google Map上で舟定モータープールさんを探しているときに目が止まったのが「床屋の角の公衆電話」でした。

足利市民球場の帰りに寄り道したことがありますから、そこが何を意味するのか私は知っています。こういう形で地図に載っているのは意外でした。ちなみに、Yahoo!地図やMapionには「床屋の角の公衆電話」は掲載されていません。

もう1つの新井モータープールさんから両毛線を挟んで100m南には「渡良瀬橋」の歌碑が建てられています。「床屋」という昭和チックな言葉と♪<風邪をひいちゃいました>とのアンバランスに私は惹かれます。

さて、この曲は1993年1月の発売です。一人称名詞として「私」が1か所だけ出てきます。森高千里本人も、カバーした松浦亜弥、河口恭吾、城之内早苗、城南海も例外なく「わたし」と歌っています。

You Tubeには「あたし」を使うこともある奥華子のカバー音源もありましたが、やはり「わたし」でした。「渡良瀬橋」のカラオケや弾き語り音源も、今回聴いた範囲ではすべて「わたし」です。

なお、DAMのカラオケでは「わたし」とルビが振ってあります。「あたし」が勢力を拡大するのは1990年代後半だと思われますが、森高千里に関してはオール「わたし」だと理解しています。

北海道・東北のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で北海道・東北では24件のモータープールがヒットします。MAPに反映したのはそのうちの15件です。

  • 「モータープール 北海道」10件(MAP反映7件)
  • 「モータープール 青森県」0件
  • 「モータープール 岩手県」1件(MAP反映1件)
  • 「モータープール 宮城県」5件(MAP反映4件)
  • 「モータープール 秋田県」3件(MAP反映0件)
  • 「モータープール 山形県」1件(MAP反映1件)
  • 「モータープール 福島県」4件(MAP反映2件)

Yahoo!地図ではヒットしないものを含めて北海道のMAP掲載は10件です。貸駐車場は旭川の3か所と帯広の1か所です。札幌にも貸駐車場としてのモータープールがあるとのブログを読んだ記憶がありますが、私には確認できませんでした。

今のところ、私が把握している日本最北端のモータープールは旭川市5条通の「5・8モータープール」になります。

東北6県のMAP掲載は11件です。Yahoo!地図で「モータープール 青森県」を検索すると「一致する情報は見つかりませんでした」になりますが、八戸には貸駐車場としてのモータープールがあります。

盛岡と仙台にも1か所ずつ貸駐車場としてのモータープールが確認できますが、さすがに東北では広がりはありません。

ランドマーク検索は1000件で強制終了

Yahoo!地図で「モータープール」をランドマーク検索してきましたが、50ページ目1000件に達したところで、次のようなメッセージが表示されてしまいました。

これ以上の検索結果は表示できません。求める情報が見つからない場合は、キーワードを追加するなど、 より詳細に条件を指定して検索結果を絞り込んでください。

1000件の中間集計は次のとおりです。

  • MAP反映~227件
  • 大阪~701件
  • ストビューでは確認できず~72件

そもそもストリートビュー・カーが撮影していない道路沿いにある場合と、駐車場はあるものの看板なり表札なりが見つからないケースが「確認できず」になります。

今後しばらくは「モータープール+(都道府県名)」でランドマーク検索を続行したいと考えます。10件以上ヒットしたのは次の15都府県でした。

  1. 1750件:大阪府
  2. 163件:奈良県
  3. 140件:兵庫県
  4. 91件:愛媛県
  5. 82件:和歌山県
  6. 27件:静岡県
  7. 25件:京都府
  8. 25件:香川県
  9. 24件:東京都
  10. 21件:徳島県
  11. 13件:千葉県
  12. 12件:滋賀県
  13. 11件:神奈川県
  14. 10件:北海道
  15. 10件:埼玉県

茅ヶ崎の新設モータープール

茅ヶ崎市のWebサイトに「茅ヶ崎モータープール建設計画」というページがあります。条例で大規模土地利用行為は市のサイトで公表されることになっているようです。

届出日は今年の2月15日で、事業主は地元の不動産業者です。417台分の「駐車場(モータープール)の築造」をおこなうとのことで、工事の完了予定日は6月末です。もう完成していることになります。

所在地のGoogle Mapを開くと、どうやら吉田牧場さんの土地のようです。去年の10月に開かれた神奈川県乳牛共進会で総合1位の農林水産大臣賞を受賞したのが、吉田牧場で育てられた乳牛だったそうです。

おそらくは赤いマーカーが吉田牧場さんの牛舎だったのでしょう。65頭ほどの牛を飼っていたようです。廃業したのか移転したのかは余計な詮索です。この周囲には400台の駐車場を必要とするような商業施設やレジャー施設はありません。

また、付近一帯の民家や共同住宅は敷地内にカースペースがあります。貸駐車場がつくられたわけではないはずです。吉田牧場さんの西隣の敷地には箱状の物体が整然と並んでいます。

いすゞ自動車さんの藤沢工場から吉田牧場まで車で15~20分の距離のようです。これが「正解」ではないかと思われます。茅ヶ崎市の市街化調整区域に新たに築造された「駐車場(モータープール)」には今はトラックが並んでいるのでしょう。

関東以北におけるモータープールとはこのような施設のことのようです。ただ、一般化しているわけではなく、あくまでも業界用語の域を出ないことから、「駐車場(モータープール)」で申請したものと思われます。

「富士に棲む魔物」をうp

旧「セットポジション」のコンテンツから「富士に棲む魔物」をうpしました。旧「セットポジション」からは月1本ぐらいのペースで復活させようと考えています。

「モータープールMAP」の展開が想像以上に面白いことから、「今まで行った球場リスト」のMAP化は当面は見送ります。モータープールの次という順番は変えません。

富士北麓球場の帰り、私は結果的に球場の周囲を一周しました。ネット裏の三塁側から出た私は南道路の県道716号線に入りたかったのです。西側の赤いマーカーのところに門がありましたが、ここは閉ざされていました。

南側に裏門はありませんでした。結局、青のマーカーのところから西道路に出て、南道路に回る羽目に陥りました。駅は北側にあり、南道路の需要は少ないわけで、この構造は致し方ありません。

この球場、ネット裏に座ると、まるまる富士山に抱え込まれます。陸上競技場のメインスタンドは西側にありますので、陸上競技場のメインスタンドではこの感覚は味わえないわけです。

私が行ったのは7月下旬でしたので、残雪はほぼ見えませんでした。5月の連休あたりなら農鳥も見られるようです。また、「標高は1,000mくらいだと思われます」と記述してきましたが、公式サイトによれば1,035mということです。

この日の帰りに私が歩いた距離は、球場一周を含めて7.5kmほどになるようです。帰りに歩いたということは富士山に背を向けていることになります。この場所から振り向いたとき、衝撃的な大きさだったことを覚えています。

カーコーポ

MAP反映が400か所に達しました。ここで一度立ち止まって、屋根つきの物件については屋根の形状もフォローしておきたいと思います。これまで「平置き、屋根付き」としてきた駐車場を「切妻屋根」のように記載します。

また、個別シャッター付きの駐車場については、その旨を記載します。つまり、400か所を再度チェックするという作業に入ります。したがって、しばらくの間、数としては停滞します。

Yahoo!地図のランドマーク検索では、800件目までチェックを終了しました。このうちMAP反映は179か所、大阪が562か所です。ランドマーク検索の総数は2,506件ですので、まだ3分の2を残しています。

発祥は別にしてもモータープールの本場が大阪であることは疑う余地がありません。奈良が私の想像以上に多くその分苦戦していますが、おかげさまで奈良県の地理には格段に詳しくなりました。

姫路がまだ1か所だけです。姫路市の人口は10月1日現在で532,994人、尼崎市より多く兵庫県第2の都市ですが、1か所だけというのは少なすぎます。実は前から薄々は気づいていたことです。

それを確かめるためにこの企画を始めたと言っても、それほど的外れでもありません。阪神間は西宮から住吉にかけては少なく、三宮から長田にかけて多く、明石を過ぎると少なくなります。

つまり、大阪を起点とし西へ向かう「モータープール」ロードは、山陽本線(山陽街道)沿いではなく、淡路島から松山、そして八幡浜に伸びています。これらの分布が今後も変わらないとすれば、起源を辿るヒントになるかもしれません。

さて、駐車場の呼称としては、きわめてレアなものではないかと思われるのが「カーコーポ」です。埋め込んだストリートビューは2012年7月撮影のものです。

駐車場やアパートの名称は不動産登記の登記事項ではありません。制約がありませんので、勝手につければよく、自由に変えることができます。小さな駐車場なら、別に名称がなくてもさほど支障はありません。

本来のコーポラスとは、法人を組織して土地を法人名義にし、そこに株主の共同住宅を建てるというものですが、一般的にはアパートの別称のように使われているのが実情です。

私は「カーコーポ」がかなりお気に入りです。また、田辺には「因数分解」という屋号の貸しビデオ屋さんがあったようです。これも私の中ではポイントが高いネーミングでした。

やわたはま

小学生の頃、地図帳を見ながらもっとも心惹かれたのが四国最西端の佐田岬半島でした。あいにくこれまで行く機会はなく、これからもたぶん行くことはないのでしょうが、佐田岬半島の付け根にあるのが八幡浜市です。

八幡浜市は2005年に西宇和郡保内町(ほないちょう)と合併しています。市役所のWebサイトによれば、2017年9月末現在の人口は34,671人ということです。

「港町ブルース」の4番で森進一は、♪<明日はいらない 今夜がほしい 港 高知 高松 八幡浜>を「やはたはま」と歌っているように聞こえます。省略されることの多い3番と4番ですが、実はカラオケでも「やはたはま」のフリガナです。

You Tubeで4番のサビだけ聴いてみましたが、八代亜紀、藤圭子、テレサ・テン、森昌子、フォレスタも「やはたはま」でした。石原裕次郎と台湾の歌手だけが「やわたはま」と歌っていました。

「水曜どうでしょう」の「サイコロ1」では、道後温泉で振られたシリーズ2回目のサイコロで6が出て、一行は「謎のまち・臼杵」に向かいます。松山から乗った特急列車の車内でミスターも「やはたはま」を連呼します。

八幡浜は誤読率がかなり高いようです。京都府八幡市も「やわた」ですが、全国的には「やはた」か「やわた」か「はちまん」かでMAPを作りたくなるほど、勢力が拮抗しています。

さて、「モータープール」のMAP反映は300か所を超えたところですが、八幡浜市内がちょうど20か所です。大阪は別格として、都道府県別では2位・奈良、3位・兵庫、4位・和歌山と続きます。

南予地方だけでなく松山でも順調に伸びていますので、ひょっとすると5位には愛媛が食い込むのかもしれません。おそらく京都はあまり伸びないはずです。

なぜ八幡浜でモータープールが多いのか、やはり気になります。かつては関西航路があったようです。Googleさんの検索窓に「八幡浜から」と入力すると、予測変換候補は、松山、別府、臼杵、宇和島、大阪と続きます。

単に松山の影響なのか、それとも関西航路の名残りなのか、私は前者が有力だろうと考えていますが、MAPが完成に近づけば見えてくるものかもしれません。

ストリートビューはミスターが運命のサイコロを振って、6を出した場所です。八幡浜港から臼杵港へのフェリーは1日に2社14便、別府港行きは1社6便運行されています。