神戸の「湊川」ってどこまで?

湊川神社(緑)は楠木正成を祀る神社ですが、その創建は比較的新しく明治5年です。後醍醐天皇の忠臣であったことに対する明治政府の評価なのでしょう。神社の名称「湊川」はもちろん地名由来ですが、川のつく地名は厄介です。

川は上流もあれば下流もあります。治水対策がお粗末だった時代は氾濫のたびにそのルートを変えているわけです。湊川神社の800m西には湊川公園があり、神戸市営地下鉄の湊川駅(青)があります。

新神戸から地下鉄で湊川神社に行くなら、湊川駅の1つ手前の大倉山駅で降りるのが正解です。「湊川店」を名乗っている商業施設の多くは、湊川駅周辺から住居表示としての湊川町にかけてです。

住居表示としての神戸市兵庫区湊川町は10丁目までありますが、もっとも近い5丁目で湊川駅から北西に700mほど離れています。湊川町は新湊川沿いです。また、湊川公園や兵庫区役所は兵庫区荒田町1丁目です。

「新」湊川とか「荒」田町とか、もうそういうことなのだろうと想像できます。ついでに、阪神高速の湊川IC(地図では左下隅)は湊川駅から直線で2.7km離れています。たしかに新湊川沿いですから文句は言えないものかもしれません。

さて、神戸市立楠高校Webサイトの「沿革」はきわめて充実しています。楠高は湊川駅のすぐ北西にあり、市立湊川中と校舎を共有している定時制高校です。

1943(昭和18)年 6月22日 神戸市立第二女子商業学校として独立する。
1944(昭和19)年 3月31日 県立医専に校舎を提供し、中央区北長狭通4(神戸中学校)に移る。
1945(昭和20)年 3月17日 空襲で木造校舎が焼ける。
1945(昭和20)年 6月 5日 空襲で鉄筋校舎が焼ける。
1945(昭和20)年 9月 5日 連合国軍の校舎接収のため、中央区中山手通4(諏訪山小学校)に移る。
1945(昭和20)年11月26日 疎開児童帰神のため、須磨区千歳町2(千歳小学校)に移る。
1948(昭和23)年 4月 1日 学制改革により、神戸市立楠商業高等学校と校名を変更する。
1948(昭和23)年 5月25日 中央区楠町5(市立湊川高等学校)に移る。
1949(昭和24)年 4月 1日 神戸市立楠高等学校と校名を変更し、普通科・商業科・家庭科を置く総合制高等学校となる。

神戸市立楠高等学校「沿革」

1948年が1848年になっている箇所がありましたが、そこは私の責任で修正しておきました。どうやら楠商高となって2か月経たないうちに湊川高と同居することになったようです。

翌年には楠高に校名を変えていますので、商業高としての最終所在地は楠町5丁目ということになります。楠町は湊川神社の裏手です。また、神戸市立湊川高校の学制改革前の名称は神戸市立第一高等女学校です。

楠商高の前身は第二女子商ですから、女子校同士のドッキングは大いにあり得る話です。戦後まもなくの地形図を見ると、今は神戸市立湊翔楠中のグラウンドとなっている部分に「市立高女」の文マークがあります。

今は5丁目ではなく4丁目ですが、丁目境がここだけ不自然ですので、もともとは5丁目だったはずです。というわけで、楠商時代の所在地は赤のマーカーの場所と思われます。