千葉県・三途川のナゾ

昨日(10/30)のモーニングショーで、駐車場に設置された防犯カメラの増水の様子が放映されたのが茂原市八千代の夜間診療所(長生郡市広域市町村圏組合保健センター)でした。

茂原市八千代
茂原市八千代付近(Google Earthプロ)

浸水してくる映像が流されただけで、施設に被害があったのかどうかは放送されませんでした。ちょっと消化不良ですので、保健センターのWebサイトを覗いてみると次のような記載がありました。被災したのは25日の金曜日です。

長生郡市保健センター夜間急病診療所は、10月29日(火)より診療再開しています。

長生郡市夜間急病診療所

埋め込んだストビューは2017年11月撮影のものです。

お隣のエンゼル幼稚園さんにも被害はありそうです。「水害の復旧作業に時間を要するため、10月28日(月)~30日(水)は休園となります」とのことです。被災したのは25日の金曜日です。

この幼稚園は盛土で地盤面を嵩上げしていますが、それでも被害にあったようです。幼稚園ほどではありませんが、診療所側も敷地が高くなっています。周囲の住宅も同様ですので、過去に浸水被害を受けている地域です。

氾濫した一宮川に近いデニーズやJOYSOUNDも休業中でした。茂原市の古いハザードマップでも浸水想定区域です。このハザードマップで、一宮川の上流に三途川があるのに気づきました。あまり穏やかでない名前です。

恐山の三途川は通称・別称であって正式には正津川ですが、「三途川」は宮城県蔵王や秋田県湯沢に実在します。千葉県にあるのは知りませんでした。千葉県の三途川は一宮川の支流です。茂原市と長南町との市町境付近で一宮川に合流します。

長南町・三途川付近(Google Earthプロ)

右上の黄色が一宮川です 。グーグルマップでは水色と緑の川に「三途川」の記載があり、ピンクの川は「裏川」とされています。地理院地図では水色は「三途川」ですが、合流地点より上流には川の名前が記載されていません。

ゼンリン系のネット地図には三途川自体がありません。そこで、ストビューで橋の名標を確認してみました。黄色のマーカーが「三途川」で、赤のマーカーは「長南川」でした。

Wikipediaでは三途川の源流は「千田字鍛冶屋谷」、裏川の源流は「蔵持」とされています。

千葉県長生郡長南町を流れる河川で、一宮川水系一宮川の支流。読みは「さんずがわ」。千葉県長生郡長南町千田字鍛冶屋谷に源を発し、途中で長生郡長南町蔵持から流れる裏川を合わせ、長生郡長南町と茂原市が接する付近で一宮川に合流する。水源地から一宮川との合流地点までは約4.5kmで、その間で国道409号線と3回交差する。

Wikipedia「三途川」(2019/10/30)

一番左の黄色いマーカーからピンクと緑の合流地点付近が「千田」で、地図の左下隅が「蔵持」です。緑の川の源流は「長南町長南」と思われます。いったい「裏川」はどこにあるのでしょう?

右上の黄色いマーカーは松ヶ枝橋です。この橋の長さは約20mですから、時速36キロなら2秒で通過します。いたって気軽に渡れる三途川です。毎日往復している人もいるわけです。