隣り合う理容店(2)

青森県五所川原市役所と長崎県諫早市の喜々津駅の近くにも隣り合う理容店がありました。どちらも山形のような住宅地ではありませんが、この様子では隣同士の理容店は全国に100組近くあるのかもしれません。五所川原の衛星写真です。

五所川原市役所付近(Google Earthプロ)

上空からの画像で気になるのは、まるで手形のような形状の画像左下のコンクリ舗装部分です。私道と回転広場なのでしょう。2つの理髪店のストビューは2018年6月撮影のものです。ほぼ同サイズの店舗が見事に並んでいます。

竜飛崎の階段国道で有名な国道339号線の本線沿いです。国道の道路幅員は歩道込みで12mほどと思われます。両店舗の入口と入口の間の距離もその程度なのでしょう。「Since 1969」がおそらくは老舗筋の店舗と推測されます。

旧道とはいえ国道沿いで市の中心部ですから、共存にはあまり問題はないのでしょう。待ち時間の少ない店に流れることもありそうです。一方、諫早のお隣同士はJR長崎本線の喜々津駅から踏切を越えて徒歩3分です。

喜々津駅付近(Google Earthプロ)

長崎本線は喜々津駅から内陸に入る新線と大村湾沿いを走る非電化の旧線に分離して、長崎駅手前の浦上駅で再び合流します。新線の開業は比較的新しい1972年で、新線と旧線の運転本数の比率は約2:1です(平日は34本と16本)。

空撮では駅の北側の更地が気になります。工場跡地で2007年解体ということですが、最新2018年3月撮影の衛星写真でも更地のままです。

初山別村のコンビニ

9月19日の最大瞬間風速1位は北海道の初山別(しょさんべつ)でした。初山別村は稚内から日本海側を約100km南に下ったところです。旭川とも直線距離なら約100kmです。

北海道北西部(Google Earthプロ)

村のWebサイトで発表されている人口は今年3月31日現在で1,163人です。ピーク時の5分の1で、人口の少ない基礎自治体50位以内に入ります。村長選挙は今年で12回連続無投票当選、定員8人の村議会議員選挙も今年は無投票だったようです。

初山別村の小学校は1校だけですが、村の目玉はオロロンライン沿いの「しょさんべつ天文台」です。私はてっきり敷地内の金比羅岬灯台付近に観測ポイントがあるものだと思っていました。

アメダスの観測地点は村役場から約1km離れています。岬とは逆方向です。ストビューは2014年8月撮影のものだけですが、露場の近くには10基ほどの墓石があり、何らかの建物が解体されたような跡が残っています。

半径400m以内には建物が1軒も見当たらず、観測上の障害になるようなものはまったくありません。初山別の最大瞬間風速TOP10の記録は次のとおりです。最大瞬間風速の観測開始は2008年9月です。日本海側からの風で数値が高くなるようです。

  • 36.3m/s 南西 (2010/12/12)
  • 34.9m/s 南西 (2012/12/6)
  • 34.5m/s 西北西 (2017/12/25)
  • 34.3m/s 南西 (2015/10/2)
  • 31.7m/s 南西 (2010/3/13)
  • 31.5m/s 南西 (2012/12/7)
  • 31.0m/s 南西 (2018/1/10)
  • 30.0m/s 南西 (2014/11/3)
  • 29.8m/s 南南西 (2017/11/11)
  • 29.8m/s 西 (2008/11/8)

iタウンページには初山別村の施設が97件しか掲載されていません。ないだろうと思っていたコンビニは1軒だけありました。埋め込んだのは2014年8月撮影のストビューです。

この空き地には2018年5月撮影のストビューでは平屋建てのセイコーマートがあります。道路際の看板には「6:00-24:00」と営業時間が記載されていますが、セイコーマートのWebサイトで確認すると、閉店時刻は23:00に変わっています。

高知地方気象台の露場は2km先

9月17日と18日の最高気温1位は高知でした。高知地方気象台は高知市本町3丁目の合同庁舎に入っています。この合同庁舎は耐震補強工事中で、2019年5月撮影のストリートビューに映っているお知らせ看板によれば10月完成予定とのことです。

合同庁舎の衛星写真を見てみます。西の緑の屋根は県民ホール、鉄塔のある東の建物はNTTビルです。敷地内には露場かもしれないスペースが北東の角と南西の角しかありません。

高地地方合同庁舎付近(Google Earthプロ)

ところが、北東角は正門脇の植栽であって観測機器は見当たりません。南西角に至っては、最新2019年5月のストビューでは2階建てのプレハブが設置されています。工事事務所と思われます。

露場の面積は広い方が望ましく,気象庁のアメダス観測所にお いては,おおむね70㎡以上の面積を確保している。また,気象庁では,気象測器の設置部分(7×5m程度)に人工芝を敷設した場合においても,気象観測への影響がないことを確認しており,雑草対策などに活用できる。

気象庁「気象観測の手引」

それに露場としてはやや狭く、70平米が確保されているとは思えません。また、高知の風向風速計の地上からの高さは15.5mと公表されています。耐震工事中の庁舎は5階建てです。

埋め込んだのは2018年6月撮影のストビューです。通用口側です。1フロア3mとすれば5階建ての屋上が15mになります。そんな風速計は北道路側にも南道路側にも見つかりません。

そもそもこのビル街で高さ15m程度の風速計では役に立たないはずです。ストビュー画像の右奥に見えるのは12階建てのホテルです。合同庁舎の斜向かいには15階建てのマンションもあります。

千葉ほどの高さは必要ないかもしれませんが、風速計に関してはある程度の高さが必要になるはずです。露場が見当たらないことを不思議に思っていたら、観測ポイントの所在地は「高知市比島町」になっていました。

露場(Google Earthプロ)

というわけで、改めてストビューで露場を探してみると、合同庁舎から約2km離れたところで見つかりました。約30m四方の土地がフェンスで囲われています。風速計も確認できますし、こんな看板も掲げられていました。

高知地方気象台 観測露場

ここでは、雨量、風向風速、気温、日照時間、気圧などを観測しています。観測されたデータは、高知市を代表するデータとして、天気予報や防災気象情報の発表に利用しています。
この中には無断で立ち入らないでください。

露場を囲むフェンスに掲げられた看板

松山では露場は気象台にあり風向風速計と日照計は別の場所に、徳島も日照計だけが少し離れたところに設置されています。高知のように丸ごと離れた場所で観測しているというパターンもあるわけです。

直径1mの回らないサインポール

伊達市は北海道と福島にあります。北海道の伊達市は1972年の市制施行です。福島県の伊達市は2005年に伊達郡5町が合併して成立しています。伊達家の発祥が福島の伊達で、伊達家の分家が入植したのが北海道の伊達です。

2つの伊達市(Google Earthプロ)

もともと新市名がかぶらないように「伊達市を除く」で公募しながら、それでも「伊達市」票は多かったそうです。新市名が決まった段階では北海道側も合併協議中です。強く反対することはできなかったのでしょう。

北海道の伊達市では直径1mはあると思われる巨大サインポールが見つかりました。これまで私が(ストビューで)見た中では最大の太さです。ただし、クルクル回転するわけではありません。

埋め込んだのは2014年7月撮影のストリートビューです。3階建ての鉄筋コンクリート造と思われますが、交差点角の柱部分を巨大サインポールに見立てて塗色されています。どうして茶色の部分を残したのかは謎です。

もう3000軒以上の理容店サインポールを見ているはずですが、これまで私の中での一番のお気に入りは富山県黒部市で見かけたものです。厳密に言えば、ポールではありませんけど…。

あいにく2014年9月のストビューしかありません。2010年10月に「吉床」さんから「ワイト」さんに屋号を変えて新装オープンしているようです。代替わりだったのかもしれません。

このサインポールも回らないものと思われますが、電源コードが伸びているのが気になります。隣の丸いコンクリ基礎が何に使われているのかというのも引っかかります。この基礎は2010年の開店時の写真には存在しません。

再び、オランダ揚げとは

フランス、ロシア、オランダ、ルクセンブルクの国旗は次のような色の配置です。縦横比や色合いは厳密なものではありません。

フレンチ系の国旗

私は2013年12月30日付で「4代目んだ」に「オランダ揚げとは」と題して次のような投稿をしています。

先週の話ですが、某従業員食堂のAランチは「鶏のオランダ揚げ」でした。

私の認識の中でのオランダ揚げとは、野菜を加えた魚のすり身を素揚げしたいわゆる“さつま揚げ”の角天です。トレイに並んでいる実物は、磯辺揚げにマヨネーズをベースとしたと思われるソースがかけてあります。

実際に食べてみると、磯辺揚げのように見えた衣に混ぜられた緑色の正体は青海苔ではなくパセリかと思われます。色合いとしては目立ちませんが、衣にはニンジンと玉ねぎも入っているようです。

ネットで検索してみると、実にさまざまなオランダ揚げなるものが存在しており、何がオランダ揚げなのか突き止めることはできませんでした。

・鶏肉の唐揚げ(形状はチキンカツ風)の甘酢あんかけ
・魚のすり身に野菜のみじん切りを混ぜたものを溶き卵とパン粉入りの衣で揚げたフライ(魚ロッケ)
・すり身にしない白身魚を溶き卵と上新粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・すり身にしない白身魚を小麦粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・だし汁と砂糖と醤油で下拵えしたカボチャを片栗粉と小麦粉に青ネギを加えた衣で揚げたもの
・鶏ささみを片栗粉で揚げてすり胡麻を振りかけたもの
・レンコンの摺りおろしに高菜漬とオクラの小口切りなど加えて溶き卵と片栗粉の衣で揚げたもの(ポン酢で食す)
・高野豆腐をお湯で戻し軽く絞ってからごま油で揚げ、だし汁で煮含めたもの

素揚げであったり唐揚げであったり天ぷらであったりカツであったりでバリエーションは豊富です。ネタは鶏肉か白身魚が多いようです。魚の場合にはすり身にする場合とそうでない場合があります。また、衣か本体に玉ねぎ、ニンジン、パセリ、ピーマンなどのみじん切りやグリーンピースが加わっていることが多いようです。

由来についても諸説あります。

【A】パセリの別名がオランダゼリだから
【B】ニンジン、玉ねぎ、パセリ(ピーマン)の3色がオランダ国旗の赤白青(緑)を想起させるから
【C】洋風という意味での「オランダ」であり、それ以上の意味はない

【A】説はあまり信ぴょう性がありません。むしろ地中海原産のパセリになぜオランダゼリという名前がついているのか、そっちのほうが疑問です。【A】説が正しいのなら、パセリの入っていないオランダ揚げは邪道ということになります。

【B】説は後付でしょう。オランダ国旗の起源は世界最初の三色旗とされるプリンスの旗(オレンジ、白、青の水平三色旗)です。これがのちに赤、白、青の水平三色旗となったわけですが、この三色ならフランスの垂直三色旗がはるかに有名です。また、野菜の緑をわざわざ青に置き変えなくても、イタリアの国旗が緑、白、赤の垂直三色旗です。

【C】説が正解に限りなく近いだろうと私は考えています。ただ、この名前がついたのが、オランダが鎖国下における欧州唯一の交易国だった江戸時代なのか、それとも明治以降なのかということについては判然としません。

2013/12/30「4代目んだ」

6年ぶりに「オランダ揚げ」をネット検索してみると、Wikipediaに「オランダ煮」というページがヒットします。2014年1月11日に作成されたページですが、不思議なことにソースのWebページ閲覧日が1年前の2013年1月11日になっています。

私がその社員食堂で何度か食べたのは「オランダ揚げ」であり「オランダ煮」ではありません。「オランダ煮」とは素揚げしてから煮ている料理のようです。由来に関しては【C】説が採用されています。

まあ、【B】説は噴飯ものです。青・白・赤の三色旗で思いつくのは半数以上がフランスのはずです。世代間格差が生じるロシアはフランスより多くはないでしょうし、オランダを思いつくのは1割に満たないはずです。

青空文庫を検索してみましたが、芥川龍之介の「或阿呆の一生」に「阿蘭陀芹」が出てきます。オランダゼリも江戸時代にオランダ人が持ち込んだために、そういう名前になったに違いありません。