ニセアカシアの白い花と学名がミモザのおじぎ草

ミモザはオジギソウの学名

ミモザとはオジギソウのことだと私はきのうまでの数十年信じていました。オジギソウの花の色は薄紫です。葉っぱの先っぽを指で揺れると順番に閉じていき、最後に枝がお辞儀するあの草花です。

どうやら「ミモザ」は黄色い花のようです。画像検索してみると黄色オンリーでした。日本では2016年に公開されたフランス映画「ミモザの島に消えた母」のポスターでは、主人公の頭上に黄色い花が咲いています。つまりミモザは樹木です。

足元に生えている薄紫の草花が、見上げる樹木の黄色い花に変わってしまったのですから、天動説と地動説ほどではないにせよ、そのあまりのギャップに愕然とするしかありません。この事態は収拾をはかる必要があります。

ミモザ

ミモザが黄色の花だという点については、なるほどと思い当たる節がないわけでもありません。ミモザサラダを食べたことは何度かあります。刻んだオジギソウの葉っぱが入っているのだろうと、私は根拠なく思っていました。卵の黄身がミモザの花をイメージしたものだとは思い至りませんでした。

カクテルのミモザも飲んだことがあります。スクリュードライバーはウォッカをオレンジジュースで割ったものですが、私は炭酸入りにしてもらうことが多く、ジンベースの場合も炭酸なしのオレンジブロッサムより炭酸入りのオレンジフィズを好みます。

カクテルのミモザは、シャンパンまたはスパーリングワインとオレンジジュースを1:1で混ぜたものだそうです。タンブラーに注がれる場合はバックス・フィズという名前になるようです。シャンパンとオレンジジュースで頼んだことは何度かあります。おそらく名前も聞いているのでしょうが、気に留めたことはありませんでした。

オギジソウの学名はミモザ

オジギソウ

実は、私のミモザ=オジギソウ説は間違いというわけではありません。むしろ本来はそれが正解なのです。

ミモザは本来オジギソウの学名に由来する植物名であるが、現在の日本語ではほぼアカシア類の花を呼ぶ名としてのみ使われていて、これは本来は誤用である。

Wikipedia>オジギソウ

本来はオジギソウがミモザであって、ヨーロッパに持ち込まれたアカシアがにオジギソウに似ていることからミモザと呼ばれるようになったということです。

フサアカシア (Acacia dealbata) とはマメ科ネムノキ亜科の常緑高木。ミモザとも呼ばれるが、本来ミモザはオジギソウを指す言葉である。

Wikipedia>フサアカシア

たぶん10代の頃、私は植物図鑑ではなく国語辞典で「ミモザ」を調べたのではないかと思われます。どのように記述されていたのか今となってはわかりませんが、私はおじぎ草だけをピックアップして記憶に刻み込んでしまったのかもしれません。

白い花のアカシアは実はニセアカシア

それはそれとして、私にはアカシアは白い花だというイメージしかありません。1974年6月8日、札幌松坂屋はススキノにオープンしています(1979年閉店)。開店当時のキャッチフレーズは 「アカシアの花白くいま開く松坂屋」だったそうです。かつてはススキノに通じる札幌駅前通りにもアカシア並木があったようです。

2019年5月撮影のストビューを埋め込みました。札幌市営地下鉄南北線・幌平橋駅2番出口付近に植えられたアカシアの木です。

白い花が咲くアカシアは、今ではニセアカシアと呼ばれているそうです。街路樹として明治時代には東京や名古屋など各地で使われていたようですが、繁殖力や倒木などの関係で今ではめっきり少なくなっています。国道や道道を含めて札幌市内の街路樹は228,831本あり、そのうちニセアカシアは16,957本です(2019年3月)。7.4%になります。

西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」や石原裕次郎「赤いハンカチ」のアカシアは、時代的に考えてニセアカシアです。松任谷由実「acacia」は歌詞中に 「銀色」がありますから、これもニセアカシアです。

レミオロメンが歌う「アカシア」はミモザなのかもしれませんが、MVではマイクにトンボが止まっています。トンボとミモザは季節的に重ならないため、レミオのアカシアもやはりニセアカシアのようです。

白い花のニセアカシアはアカシアで通用するため、黄色い花のミモザをアカシアと呼ぶとかえって混乱することになります。長いものに巻かれるなら、白い花のニセアカシアはアカシア、黄色のフサアカシアはミモザ、学名ミモザのおじぎ草はオジギソウと呼ぶのが無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました