日本一・二の高さより268歩

伊賀上野城で見かけた案内看板です。いわくありげな雰囲気が漂います。

伊賀上野城の高石垣を示す看板

伊賀上野城Webサイトには「大阪城と並んで日本一の高さ」と明記されています。「約30m」も誇張表現ではありませんが、実際には30mに若干欠けるようです。

藤堂高虎が本丸の西に築いた石垣。高さ約30メートルの高石垣は大阪城と並んで日本一の高さを誇っています。

伊賀上野城>高石垣と宝もの

大阪城Webサイトには次のような記述があります。

大阪市立博物館裏手付近は水面からの高さが24m、堀底の根石からだと32mにも達する。

大阪城>時の刻印>本丸の高石垣

どうやら学術的な意味での城の石垣の高さとは、堀の水面下にある「根石」から最上部の「天端石」までの垂直距離を指すようです。文字どおりの水面下であることから計測は困難で、もともとは上野城が日本一と言われていたそうです。

大阪城の堀の調査が進んだ結果、日本一のタイトルが上野城から大阪城に移動し、こういう看板が登場したという経緯のようです。水面上の高さだけならどちらも「24m」ですから、ほぼ遜色はないものと思われます。

藤堂高虎が上野城の改修工事に着手したのは1611年で、徳川2代将軍の秀忠が大阪城の修築工事を始めたのは1620年です。したがって、上野城が日本一であった時代もあったのかもしれません。

次の看板は街中で見かけました。ガソリンスタンドの敷地内に設置された街灯にくくりつけられていた銭湯の看板です。行きたい方向ではありませんでしたので、本当に268歩で辿り着くのかどうかは確かめてはいません。

「ここから徒歩268歩」の看板

この看板を見たとき、1歩を60cmか70cmで計算したのだろうと私は思いました。Google Mapで看板の位置から一乃湯さんまで道路上の直線距離を計測すると約156mです。156÷268は58.209cmです。

銭湯の玄関は道路から奥に10m入って左に5mありそうですので、玄関までで考えるなら約171mになります。171÷268は63.806cmです。オムロンさんのWebサイトでは、歩幅の目安は身長の45%とされています。

そうすると、前者の場合は身長130cm足らず、後者では142cmの人を基準にしたことになってしまいます。どうやら私の直感的な推理は間違っているようです。ただ、この「268歩」はまったく根拠のない数字ではないはずです。

もちろん、ゆっくり歩けば歩幅は縮まるわけですが、もしかすると実測の結果なのかもしれません。もし私がこの銭湯に通っていたら、この看板からきっちり268歩で歩くというゲームを楽しんだに違いありません。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA