ワクチン接種ようやく100万回、接種率1%に満たない日本

世界と日本の感染者グラフは相似

日本の新型コロナ新規感染者のグラフは次のとおりです。4つの波が比較的鮮明です。

日本の新規感染者の推移
日本の新規感染者数の推移(Johns Hopkins大 4/2)

世界の新規感染者数のグラフはこうなっています。

世界の新規感染者数の推移
世界の新規感染者数の推移(Johns Hopkins大 4/2)

2つのグラフは相似形と言ってもよく、世界のグラフが右肩上がりになると多少のタイムラグがあって日本でも必ず感染拡大しているのがわかります。第4波が避けられないことは想定内であり、あとは上がってきたところを叩きながら、首を長くしてワクチンを待つというのが日本政府の対応のようです。それ以上のことは期待できません。

アメリカの致死率は日本より低い

世界の累積感染者数は明日(4/3)、1億3000万人に達します。今のペースならあと1か月ほどで世界の人口の2%がコロナ感染することになります。月内かどうかは微妙です。

新型コロナ累積感染者数上位37か国及び主としてアジアの13か国の致死率、感染率、検査陽性率、ワクチン接種率をまとめました。感染者数と死亡者数はJohns Hopkins大の感染マップ(4月2日午後7:20)、直近1週間の陽性率は「Coronavirus (COVID-19) Testing」、ワクチン接種回数は日本経済新聞「チャートで見るコロナワクチン 世界の接種状況は」から拾っています。

国・地域感染者接種致死率感染率陽性率
全世界129,711,1962.2%170.0
アメリカ30,540,31345.31.8%928.16.6%
ブラジル12,839,8449.12.5%608.4
インド12,303,1314.81.3%90.06.3%
フランス4,755,78016.02.0%730.28.2%
ロシア4,511,9737.92.2%309.32.9%
イギリス4,364,54753.52.9%646.30.4%
イタリア3,607,08316.93.0%595.76.6%
トルコ3,357,98819.00.9%402.514.8%
スペイン3,291,39417.12.3%704.24.8%
ドイツ2,866,32316.62.7%343.29.3%
コロンビア2,417,8264.22.6%480.319.1%
ポーランド2,387,51116.02.3%630.131.5%
アルゼンチン2,363,2518.72.4%527.717.8%
メキシコ2,244,2686.29.1%175.922.1%
イラン1,897,3140.13.3%228.8
ウクライナ1,762,7130.62.0%400.727.9%
ペルー1,561,7232.63.3%480.418.8%
南アフリカ1,549,4510.53.4%264.64.5%
チェコ1,545,86516.01.7%1446.24.1%
インドネシア1,517,8544.32.7%41.011.2%
オランダ1,301,12713.71.3%761.07.7%
チリ1,003,40655.22.3%529.410.1%
カナダ994,54915.52.3%265.84.8%
ルーマニア958,91815.72.5%495.223.6%
ベルギー887,92015.72.6%769.57.8%
イラク856,9390.11.7%218.014.8%
イスラエル833,707110.80.7%978.61.1%
ポルトガル822,31416.32.1%804.11.7%
スウェーデン813,19115.71.7%810.310.5%
フィリピン771,4970.51.7%71.419.4%
パキスタン678,1650.42.2%31.310.5%
ハンガリー670,77629.23.2%692.623.7%
ヨルダン618,0594.11.1%611.815.5%
バングラデシュ617,7643.31.5%37.917.9%
セルビア605,40635.20.9%690.226.7%
スイス603,09216.71.7%702.05.4%
オーストリア549,59218.51.7%613.7
日本479,8770.81.9%37.83.8%
マレーシア346,6782.10.4%108.52.5%
ミャンマー142,4660.72.3%26.4
韓国104,1941.71.7%20.31.2%
中国101,7548.64.8%0.7
シンガポール60,45023.10.0%104.20.0%
オーストラリア29,3332.63.1%11.60.0%
タイ28,9470.30.3%4.21.0%
香港11,4806.71.8%15.4
アイスランド6,20520.20.5%183.00.5%
ベトナム2,6170.11.3%0.3
ニュージーランド2,5011.41.0%5.20.1%
台湾1,0360.01.0%0.40.6%
▲世界各国の新型コロナ感染者数等(4/2)
感染者数

前回(3/25)集約時にくらべて、フランスとロシア、トルコとスペインの順位が入れ替わっています。ポーランドは14位から12位に浮上して、11位は射程内です。チリが22番目の100万人突破になりました。ワクチン接種が進んでいるチリはなぜか感染者の拡大傾向が止まりません(致死率は落ちています)。

ワクチン接種

日本のワクチン接種は105万回で接種回数としては世界38位です。人口100人当たりでは0.8回に過ぎません。日本より人口の多い10か国のうち、パキスタンとナイジェリアが100人当たり0.4回ですが、ほかの8か国はバングラディシュを含めて100人当たり3回以上です。

明らかにワクチン効果が出ているのはイギリスとイスラエルです。新規感染者数は低下傾向を維持しています。アメリカも着実に下降線をキープしています。イスラエルは人口100人当たり110回に達しており、摂取回数はもう頭打ちに入っています。

致死率

死亡者数を感染者数で割った「致死率」は世界全体で前回の2.198%から2.181%に低下しています。日本の致死率も前回の1.94%から1.91%に下がりました。感染者数が拡大しているときに下がるのは当然です。アメリカの致死率は1.81%です。あまり着目されることがありませんが、第3波で日本の致死率はアメリカを上回りました。

感染率

「感染率」は人口1万人当たりの累積感染者数です。規定打席外のルクセンブルクが1000人台(10%)に達しています。イスラエルとアメリカは10%手前で踏みとどまっています。規定打席外ではバーレーンが885人ですが、バーレーンのワクチン接種回数は100人当たり46.7人でアメリカ以上です。

陽性率

検査陽性率が1%未満の国は、いわゆる「ゼロ・コロナ戦略」を成功させた国がほとんどです。ワクチンを進めたイギリスも0.4%、規定打席外ではスロバキアが0.9%です。第4波に入った日本の陽性率はまだ3.8%ですので、日本にしては健闘していると言えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました