東アジアの新型コロナ感染状況、韓国がピークアウト

東アジアの感染状況

Googleで「国名 コロナ」と検索すると新規感染者のグラフが出ますが、グラフにマウスカーソルを当てると1週間の移動平均が示されます。

これを利用して、東アジア各国の過去4週間の新規感染者数を調べてみました。増加傾向の国と減少傾向の国が混在している状態ですが、韓国がピークアウトしたと見られることは朗報です。

8月9日8月16日8月23日8月30日
日本14,17816,95322,78621,526
韓国1,6831,8381,7761,733
台湾1310108
フィリピン8,85012,59014,54316,937
ブルネイ1054155110
インドネシア31,99126,42816,76012,887
シンガポール895650126
マレーシア19,08420,69521,16121,799
タイ20,40321,74419,78217,611
ベトナム9,6278,40010,68013,005
ラオス257269311314
カンボジア561520514425
ミャンマー3,8253,4082,5302,859
バングラディシュ12,1208,6725,9794,221
スリランカ2,7403,6665,1075,961
インド20,40336,07432,01342,015
ネパール2,5482,4792,0201,735
ブータン3411
中国1117231
モンゴル1,0531,2931,8852,425
▲東アジアの新規感染者数

韓国と日本の比較

Johns Hopkins大のダッシュボードでは韓国の新規感染者と死亡者のグラフは次のとおりです。

韓国の新規感染者数と死亡者数
韓国の新規陽性者数と死亡者数(Johns Hopkins大、9/1)

直近4週間では世界12位の感染者数を誇る?日本は次のとおりです。

日本の新規陽性者数と死亡者数
日本の新規陽性者数と死亡者数(Johns Hopkins大、9/1)

両者は基本的には同じようなグラフを描いていて、韓国のほうが先行する傾向があります。

致死率も感染率も韓国優位

死亡者数を感染者数で割った「致死率」では、日本の1.06%に対して韓国は0.9%です。死亡者数を人口で割った「人口比」でも日本が人口10万人当たり1.27人ですが、韓国は0.44人です。累積感染者数を人口で割った「感染率」も日本が人口10万人当たり119人で、韓国は50人弱です。

感染者死亡者致死率人口比感染率陽性率
日本1,511,48916,1261.06%1.27119.115.9%
韓国253,4452,2920.90%0.4449.44.4%
▲日韓の比較

直近1週間の陽性率はTesting for COVID-19の数値ですが、日本は15.9%、韓国は4.4%です。ワクチン接種は日本のほうが進んでいますので、5項目で1勝4敗となります。

韓国では9/5まで、首都圏がレベル4、非首都圏はレベル4とレベル3の制限です。

□首都圏など4段階地域は現体系を維持し、脆弱施設に対する防疫を強化する。
※首都圏、釜山、大田、済州等、4段階維持
○4段階地域の食堂・カフェは 21 時以後には持帰り・配達だけ許容するよう運営時間の制限を強化する。
・18 時以降に食堂・カフェを利用する際、予防接種の完了者を追加する場合、4人まで私的な集まりを許可(18 時~21 時)する。
※未接種者は従来のとおり2名までに制限するが、予防接種の完了者が追加される場合、4名まで私的な集まりを許容
○集団感染が頻繁に発生する4段階地域の銭湯業、屋内体育施設、カラオケ、学習塾、百貨店・大型マート等の従事者を対象に先制検査(2週に1回)を実施する。

在韓国日本国大使館>現行の社会的距離の確保を2週間延長(8/20)

レベル4でも飲食店は21時まで営業可能です。ワクチン接種により人数制限は緩和されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました