フィッシング詐欺「2018 年間ビジターアンケート」

自転車通行禁止の道路を示したサイクリング用のマップはあるのかを調べようとしたときでした。突然ブラウザに奇妙な画面が表示されました。私はChromeユーザーです。

実際には商品は「iPhone 7」ではなく「iPhone XR」でした。上の画面は一旦タブを閉じた後に、閲覧履歴からわざわざ再度のアクセスを試みてスクショしたものです。

いきなりの「チャンスを差し上げます」に怪しさを覚えた私は「2018 年間ビジターアンケート」で検索してみました。注意喚起を促すページがずらっとヒットしましたので、その時点でタブを閉じました。

「OK」をクリックした場合、4問の簡単なアンケートに答えさせるようです。最初の質問は私の場合「Chromeをどれくらいの頻度で使いますか?」だったものと思われます。

最終的には10万円以上の商品が100~200円程度で購入できるとして、クレカを含む個人情報を入力させる目的のようです。当たり前ですが、iPhoneが送られてくることはないはずです。もちろん、被害は100円では済まないでしょう。

Webページにアクセスした側のブラウザ情報はアクセスされた側に受け渡されます。私はChromeですが、当然のようにIEやSafariでも同じような報告がされています。2年前からあるようです。

さて、私はどうしてこんなサイトに飛ばされたのか不思議だったのですが、どうやらフィッシング詐欺グループに狙われた善意のWebサイトが不正に改ざんされ、初回のアクセス時のみ転送されるという仕組みだったようです。

毎回転送すれば、サイト管理者に気づかれやすくなります。この種の「ビジネス」ではあまり欲をかかないのが鉄則のようです。宛名人の留守を狙う同居家族宛の代引詐欺では、1件あたりの被害額は数千円からせいぜい2万円程度だそうです。

閲覧履歴等から、転送元となる改ざんされた可能性のあるWebサイトはわかっています。このサイトは不正改ざんの被害者ですが、詐欺の部分では加害者的な立場にあります。そこで、Googleさんに報告しておきました。

【外部リンク】
Google Safe Browsing>フィッシング詐欺の報告

サブブログの行方

予定どおり、1月1日付でサイト名を「あなぐると」に再変更しました。

今月やりたいことは、まず歌詞掲載用のブログ「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」の受け皿となるブログサービスを探すことです。これに関しては多少の時間がかかってもやむを得ないと思っています。

次に、モータープールをひとまず完結させる必要があります。全国的な分布はおおむね掴めましたが、まだやり残していることもあります。大阪市内の特定の区域で「モータープール」の比率がどれくらいなのかチェックしたいと考えています。

旧「セットポジション」からは1ページだけ焼き直しを再うpします。ここまでできれば、今月はOKとしなければならないでしょう。余裕があれば、マイマップの第4弾に着手することになります。

ユニバーサル野球協会

歌詞掲載部分につき、サブブログへの移転を完了しました。ひょっとすると、まだ残っているかもしれませんので、再度チェックしたいと考えています。せっかくですから、タグについても調整していきます。

なお、サブブログについてはJUGEMからの乗り換えも視野に入れたいと考えています。もともと、あまり使い心地がよくなかったために、「2代目」から「3代目」へ切り替えた経緯があります。

こうした事情で、「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」は処理を急ぎたい曲を年内にあと2~3曲追加するだけにとどめたいと考えています。年が明けてから移転先を検討します。

さて、「ユニヴァーサル野球協会」(新潮文庫or白水社Uブックス)という小説があります。著者はロバート・クーヴァーです。固有名詞の多さに辟易する小説です。主人公はサイコロで架空の野球団体の試合を展開します。

高2の冬だったと記憶しています。私の前の席にはレアな大洋ホエールズファンが座っていました。当時、日本シリーズの常連だったのは阪急ブレーブスです。阪急なら私でもオーダーやローテを組むことができます。

私たちはサイコロではなく鉛筆を転がして、後身球団でもまだ実現していない阪急VS大洋の日本シリーズを楽しんだのでした。当初は六角柱の鉛筆を2回転がしていただけでしたが、試合を重ねるごとにオプションが充実していきました。

たとえば、シングルヒットの場合の二塁走者の扱いです。攻撃側は本塁を狙うかどうかの選択権を持ち、狙う場合はもう1回鉛筆を転がすことができます。1~3なら得点、4~6なら本塁アウト(一塁走者は三塁へ)だったはずです。

面白くなるように自分たちでルールを変えていくわけですから、のめり込んでいくのは当然のことです。福本と高井の盗塁の成否が同じ確率というのは納得できませんが、意外性・偶発性を排除しすぎるとつまらなくなります。

2009年2月にヒトカラ・デビューした私は、同年7月から月ごとの採点結果を集約して、ベストナインを決めるようになりました。やがて、月ごとの集計は曲数による集計に変わりました。

私が選曲して私が歌っているだけのことですから、とくに名前など必要としていませんが、8チームでユニヴァーサル野球協会のひそみに倣って「ヒトカラ選手権」と呼ぶことにします。

完全な後づけになりますが、過去のページについてもこの名称を加えていきます。

「2代目んだ」は再活用

毎月1日はサイト名検討委員会の日です。サイト名については既定方針どおりとし、新年とともに「あなぐると」に変更します。

したがって、サイト名検討委員会は今回が最後です。次回からはサイト運営委員会を開催することになります。まあ、委員が私一人であることに変わりはありません。

以下、今月以降の予定です。

モータープールについては、Yahoo!地図検索が終了して法人検索に入りましたので、年内には一応の決着をつけたいと考えています。関連MAPをもう1つ追加するつもりです。

「私が行った球場MAP」はその後になります。また、旧「セットポジション」からの焼き直しの第3弾は「異星人への自慢」ではなく、「4人目のあと1人、10度目のあと1球」とします。

2代目から4代目までの「んだ」の整理も進んでいません。せめて「2代目」だけでも年内に片付けてしまいたいと思っています。「2代目」はJUGEMプログ、「3代目」は忍者ブログ、「4代目」はBloggerを使っていました。

JUGEMブログはJASRACと利用許諾契約を締結していますので、「2代目んだ」に歌詞を掲載してもJASRAC的にはノープロブレムです。逆に、この「あなぐる」内での歌詞掲載は刺される恐れもあります。

脇を締めておく必要がありますので、歌詞の一部を掲載しているページについては旧「2代目んだ」に移したいと考えています。ブログ名はストレートに「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい 」とします。

「パステルラヴ」にも「淋しさ」が出てきますが、あえて触れなかったのはそういう理由です。やりたいことはいくらでもありますが、年内にできることはこの程度だろうと思われます。

さて、私はほぼ毎日、ストリートビューで全国のモータープールを訪ねているわけですが、こんな看板がありました。

「この塀に穴をあけた者 家まで行って弁償さすぞ」といういささか過激な看板です。2009年9月のストビューでは看板の左下の大きな穴はありませんが、2013年9月のストビューから穴があいています。

これとは別に「犬の散歩中 糞をしたら かたづけよ」という看板も掲げられています。もちろん、それだけのことがあって、こういう表現になったのでしょう。

送った覚えのないGmailの送信済みメール

Gmailの「送信済みメール」トレイに自分では送った記憶のないメールが4通あります。最新は11月9日です。

件名:Unsubscribe
本文:This message was automatically generated by Gmail.

件名の英単語をGoogle翻訳にかけると「登録解除」という意味のようです。私はこの英単語を知りません。本文は「このメッセージはGmailによって自動的に生成されました。」と翻訳されました。

8月9日に同じメールを私が送ったことになっています。件名の大文字・小文字の違いがあるだけです。もちろん、送り先のアドレスに心当たりはありません。

件名:unsubscribe
本文:This message was automatically generated by Gmail.

本文の英文で検索してみると、2011年のGmailヘルプフォーラムと2012年のツイッターで、まったく同じ文言がヒットしますが、確かな情報を得ることはできませんでした。

「This message… 意味」という予測変換候補があること、ヘルプフォーラムの表示回数が1500回に達していることから、調べている人はそれなりにいるものと思われます。

今までまったく気づきませんでしたが、2016年5月と2015年12月にも記憶のない送信済みメールが見つかりました。Googleアカウントのパスワードは今年1月に変更しました。アルファベット10文字と4個の数字を組み合わせています。

セキュリティ診断では問題ありませんので、短期間に2回続いていることに対するモヤモヤは残りますが、とりあえず今回は放置します。