バスプールとタクシープール

あまり一般的ではないのかもしれませんが、「バスプール」あるいは「タクシープール」という呼称もないわけではありません。もっとも有名なのは仙台駅のバス乗り場だと思われます。

先日訪れた高知龍馬空港では、予約していたタクシーが「バスプール」内に待機していました。

ストリートビューで見ると、こんなところになります。

羽田の「バスプール」は観光バスの一時待機場所であって、そこで乗り降りするわけではありません。規模の違いでしょうが、高知空港の場合は乗り降りもここで行っているのではないかと思われます。

その性格は別にしても、空港の公式サイトで「バスプール」の存在を確認できるのは、羽田のほかに、福岡、那覇、神戸、高松といったところです。

一方、「タクシープール」は「バスプール」より一般的な用語のようです。タクシー乗り場へ向かうタクシーの一時待機場所が「タクシープール」と呼ばれています。

「タクシープール」の場合、用法的にも「蓄え」の意味と合致します。

楽曲のモータープール

「島唄」はウチナーグチ・バージョンが1992年、スタンダード・バージョンが1993年リリースです。「島唄」を歌った4人編成のTHE BOOMには、その名も「モータープール」という楽曲があります。

「モータープール」 は、THE BOOM6枚目のオリジナル・アルバム「極東サンバ」の収録曲で発売は1994年です。歌詞は別ブログに掲げました。タイトルこそカタカナですが、歌詞中ではアルファベット表記です。

ここで歌われている「Motor Pool」が関西風の貸駐車場を意味するのか、それとも関東風の車両置場を表しているのかが問題です。数百台規模の後者ではないかと私は解釈しています。

作詞の宮沢和史は甲府市内の小中学校から甲府南高、明治大と進んでいますので、関西圏ではなく四国でもありません。1966年生まれですので、1994年は20歳代の後半です。

仮に関西風の貸駐車場を知っていたとしても、関東圏では通じない「モータープール」を積極的に使う理由はありません。

ROSSOというロックバンドにも「モーター・プール」という楽曲があります。2002年発売のファーストアルバム「BIRD」に収録されています。こちらは立体駐車場のようです。

作詞のチバユウスケは鎌倉出身の1968年生まれで、湘南学園高から明学大に進学しています。発売当時は30歳代の半ばです。立体駐車場ですので、車両置場ではなく貸駐車場ということになります。

大江千里の「BOYS & GIRLS」には歌詞の中に「モータープール」が登場します。1984年発売のセカンドアルバム「Pleasure」の収録曲です。2014年に槇原敬之がアルバム「Listen To The Music 3」でカバーしています。

RAZZ MA TAZZの「EYES」にも「モータープール」が出てきます。1996年発売のサードアルバム「PRESENT」の収録曲です。このアルバム、オリコン2位だそうです。

「BOYS & GIRLS」の大江千里も「EYES」を作詞した阿久延博も大阪出身で関西の大学です。当然のように「モータープール」とは貸駐車場のことだと思われます。

最近では、たこやきレインボーの「絶唱!なにわで生まれた少女たち」で「モータープール」がネタ的に使われています。たこやきレインボー3曲目のシングルで2014年の発売です。作詞は大阪出身の前山田健一です。

というわけで、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」のMVを埋め込もうと思っていたわけですが、先日公開されたばかりのこの動画にしておきます。

私はPCに向かうときは、You Tubeを自動再生しています。動画を見ているわけではなく、音声だけ聞いています。てっきり本人だと思っていました。

曲は「灰とダイヤモンド」の落ちサビで、歌っているのはたこ虹のイエローでセンターの清井咲希です。たこ虹の赤は2014年に卒業しており、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」は現在の5人編成になって最初の曲です。

長州出島のモータープール

2016年9月に登記簿が閉鎖された関門モータープール株式会社という法人があったようです。登記上の本店所在地は山口県下関市長州出島です。Google Earthプロの画像では、埋立地の右下に乗用車が並んでいます。

長州出島(Google Earthプロ)

輸出待機用の車両置場だろうと思われますが、ストリートビューは橋の手前で途切れており、埋立地には届いていません。橋の入口には「関係者以外の立入を禁止します」との下関市港湾局の看板が掲げられています。

ストリートビュー・カーは関係者ではなかったということでしょう。橋の向う側が埋立地の長州出島で、その沖合に見える島影は位置関係から日本書紀にも登場する六連島(むつれじま)と思われます。

埋立地の中古車の輸出先は当初はアフリカだったようですが、韓国との間に定期航路もあるようです。関門モータープール株式会社さんがどちらに関与していたのかはわかりません。

長州出島は1995年から工事が始まり、2006年に一部供用開始となったそうですが、2008年に始まった下関海響マラソンのコースに組み入れられています。ランナーとして「関係者以外立入禁止」のエリアに堂々と入れるようです。

高低差50mの彦島大橋と高低差40mの出島大橋を往復で渡るという厳しいコースですが、10年目の今年はフルマラソンで1万人規模の大会だったようです。

なお、You Tubeを「長州出島」で検索すれば、クルーズ船入港の動画で長州出島のモータープールの様子を窺うことができます。

九州のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で九州・沖縄8県のモータープールは計21件ヒットします。括弧内はストリートビューで看板等を確認して「モータープールMAP(大阪以外)」に反映した貸駐車場としてのモータープールの数です。

  • 福岡県 4件(2か所)
  • 佐賀県 0件
  • 長崎県 0件(1か所)
  • 熊本県 4件(8か所)
  • 大分県 6件(5か所)
  • 宮崎県 2件(6か所)
  • 鹿児島県 5件(0か所)
  • 沖縄県 0件

鹿児島は5件のうち3か所反映しましたが、いずれも車両置場としてのモータープールでした。1件は法人の登記上の本店所在地のようで、近所にそれらしき貸駐車場がありましたが、看板は見当たりませんでした。

もう1件は運送業者であり、「モータープール」の看板は出ていないようです。ただし、「プール」なら隣接地にありました。

「谷山港プール」の看板が掲げられており、敷地内には車両運搬用のキャリアカーも停まっています。ここの場合、車庫の意味合いで「プール」が使われているものと思われます。

少し性質が違いますが、輸出あるいは国内移送の待機のための数百台規模の「モータープール」は各地の大規模港湾で見られます。次の航空写真は広島の宇品港です。

高速の北側にあるのはマツダの宇品工場であり、高速の南側には車が整然と並んでいます。岸壁にはちょうど自動車運搬船が横付けしているところです。

なお、Yahoo!地図のランドマーク検索では、大阪以外のモータープールが769件ヒットしました。そのうち177件はストビューで看板や表札を確認することができませんでした。

愛知・岐阜・三重のモータープール

Yahoo!地図のランドマーク検索で岐阜、愛知、三重の3県は計13件ヒットします。

  • 「モータープール 岐阜県」4件(MAP反映3件)
  • 「モータープール 愛知県」4件(MAP反映2件)
  • 「モータープール 三重県」5件(MAP反映3件)

今のところ貸駐車場としてのモータープールは、岐阜で2か所、愛知で6か所、三重で5か所をMAPに落とし込んでいます。三重県5か所のうち3か所は関西圏と言うべき名張市です。

名張市内を流れる名張川は木津川を経て淀川に合流し大阪湾に注ぎます。近鉄名張駅から鶴橋まで快速急行で約1時間です。平日ダイヤの始発から朝8時台までの上り電車は京都行きの1本を含み33本設定されていますが、下りは19本です。

興味深いのは、Google Map上では「宇治山田駅モータープール」と表示される駐車場です。

最新2014年12月のストリートビューでは「宇治山田駅駐車場」の看板があります。2013年4月のストビューでは「宇治山田駅 月極駐車場」です。「モータープール」の看板は見つかりません。

実は、この後のMY MAPシリーズで「駅裏」をテーマにしたいと考えていたことがありました。探りを入れてみましたが、期待していたほどの量が集まらずに断念しています。せめて100か所ぐらい見つからないと面白くありません。

「駅裏」と呼ばれている(であろう)地域はいくらでもありますが、それを自称するケースは意外と少なく、まして看板として「駅裏」が明記されていることは滅多にありません。

なお、名古屋港で自動車保管場所としてのモータープールを4か所MAPに落とし込んでいますが、「モータープール」の看板を確認できたのが4か所であり、同種の施設は悠に2桁あります。