ジャパレンの電子ドラムルーム

一般的なカラオケ店舗のルーム料金は電車やバスと同じで1人いくらの料金体系です。ヒトカラが圧倒的なコストパフォーマンスを発揮するのは、この料金体系によるところが大きいわけです。

とはいえ、少数ながらも1室いくらの料金体系をとる店舗も存在します。実は、私の10年前のヒトカラ・デビューもそうでした。タクシー型の料金体系を採用している日本最大のカラオケ・チェーンは、ジャパンレンタカーではないかと思われます。

今年3月に創業50周年を迎えたニッポンレンタカーとは別法人です。ニッポンレンタカーは全国に900以上の店舗がありますが、ジャパンレンタカーはせいぜい50店舗規模です。関東では渋谷が唯一の営業所ですが、カラオケは併設していません。

ジャパレンのカラオケ店舗は最東端が静岡県富士市で、最西端は滋賀県草津市です。一度は行ってみたいと思いながら、なかなか機会がありませんでした。ジャパレンは飲食物の提供がありません。そこに人件費はかけないというシステムです。

ようやくチャンスが訪れたのが先のGWでした。ペットボトルだけ仕込んで、第133回の決勝第1ラウンドに臨みました。通されたのは電子ドラムルームでした。バーカッションの置いてある店舗は知っていますが、電子ドラムは初めてです。

備え付けの電子ドラム
奥の壁面はプロジェクター仕様

軽く30平米はあるはずです。天井もラウンドワン並みに高く、モニターは2台あり、奥の壁はプロジェクターという贅沢な仕様です。テーブルが3つあり、10人で入っても窮屈な思いをすることはないでしょうが私は1人です。

結局、第133回は石川優子「クリスタルモーニング」が2回目の入賞でイチ抜けして、入賞9曲はすべて女性曲でした。過去には2013年1月の第49回と同年12月の第62回が女性曲オンリーでした。第49回は松田聖子スペシャルです。

今回は7分近い尺の「灰とダイヤモンド」が初入賞でした。長い曲は精密採点では不利です。採点項目のうち「安定性」が基本的には減点方式だからです。しかも、1人では絶対に歌えないソロ回しもあります。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA