第137回イチ抜けは「さらばシベリア鉄道」

第137回の予選ラウンド終了時の暫定順位は次のとおりでした。1位「天国のキッス」は第101回でイチ抜けしていますので、この時点では2016年発売の「しょこららいおん」がイチ抜けポジションです。

98.117(90)天国のキッス ♪ 松田聖子 ★
97.519(89)しょこららいおん ♪ 高城れに
97.423(86)さよなら大好きな人 ♪ 花*花
97.029(85)春よ、来い ♪ 松任谷由実
96.988(87)ありがとう…感謝 ♪ 小金沢昇司
96.913(86)灰とダイヤモンド ♪ ももいろクローバーZ
96.833(85)小さな勇気 ♪ 有安杏果
96.757(89)三日月 ♪ 絢香
96.481(90)さらばシベリア鉄道 ♪ 大滝詠一

これで終われば「小さな勇気」が初入賞、「三日月」が1年ぶりの入賞ですから、私としてはステイでよかったわけです。思惑とは異なり、決勝第1ラウンドが大荒れに荒れました。

前半11曲目「揺れる想い」が97.596点で2位に飛び込み、イチ抜けポジション奪いました。「揺れる想い」は1993年発売です。いささか残念な思いはありますが、これだけなら十分に想定内です。

決勝第1ラウンドでは予選ラウンドの音程順上位15曲を2セット歌っています。私はマイマイク派ですが、ここ2~3年は前半15曲でMIC1に接続して後半はMIC2につないでいます。 後半15曲のうち実に6曲が自己ベスト更新でした。

98.117(90)天国のキッス ♪ 松田聖子 ★
97.951(89)さらばシベリア鉄道 ♪ 大滝詠一
97.832(87)M ♪ PRINCESS PRINCESS
97.800(85)ありがとう…感謝 ♪ 小金沢昇司
97.596(85)揺れる想い ♪ ZARD
97.519(89)しょこららいおん ♪ 高城れに
97.423(86)さよなら大好きな人 ♪ 花*花
97.029(85)春よ、来い ♪ 松任谷由実
95.264(91)▲メイン・テーマ ♪ 薬師丸ひろ子 ★

決勝第1ラウンド終了時の順位はこのように激変しました。決勝第2ラウンドは不発でしたので、この9曲がそのまま最終的な入賞曲となりました。2~3か月に1度ですが、こういう日があります。

精密DX-G単独のシリーズは今回で34回目になります。得点順7位の曲は次のとおりです。

第82回 94.767(88)思い出通り雨 ♪ ふきのとう
第85回 96.552(87)かざらない青春 ♪ 岡田奈々
第87回 96.806(88)島人ぬ宝 ♪ BEGIN
第91回 96.537(91)真冬の恋人たち ♪ 松田聖子
第94回 96.904(89)悲しみがとまらない ♪ 杏里
第97回 96.500(87)帰ってこいよ ♪ 松村和子
第100回 96.586(86)キミノアト ♪ ももいろクローバーZ
第102回 97.512(87)硝子坂 ♪ 高田みづえ
第106回 97.420(90)真冬の恋人たち ♪ 松田聖子
第107回 97.480(85)悲しい色やね ♪ 上田正樹
第109回 97.297(88)夏の扉 ♪ 松田聖子
第110回 97.360(86)雨 ♪ 森高千里
第111回 97.443(87)キミノアト ♪ ももいろクローバーZ
第113回 97.299(87)渡良瀬橋 ♪ 森高千里
第114回 97.372(88)恋の予感 ♪ 安全地帯
第117回 96.964(87)あなた ♪ 小坂明子
第118回 97.190(85)制服 ♪ 松田聖子
第119回 96.783(88)赤いスイートピー ♪ 松田聖子
第121回 97.279(88)精霊流し ♪ グレープ
第122回 96.808(88)守ってあげたい ♪ 鬼束ちひろ
第123回 96.621(90)もしもピアノが弾けたなら ♪ 西田敏行
第124回 96.115(85)三日月 ♪ 絢香
第125回 97.052(87)秋止符 ♪ アリス
第127回 96.285(86)ガーネット ♪ 奥華子
第128回 97.200(86)守ってあげたい ♪ 松任谷由実
第129回 96.477(90)ささやかなこの人生 ♪ 風
第130回 96.704(87)ガーネット ♪ 奥華子
第131回 96.945(86)つばさ ♪ 本田美奈子
第132回 96.678(86)象牙海岸 ♪ 竹内まりや
第133回 96.955(86)小さきもの ♪ 林明日香
第134回 97.025(87)希望の向こうへ ♪ ももいろクローバーZ
第135回 96.415(89)M ♪ つるの剛士
第136回 97.191(86)M ♪ PRINCESS PRINCESS
第137回 97.423(86)さよなら大好きな人 ♪ 花*花

7位が96.8~96.9点台に落ち着くような選曲が理想だと考えています。ボーナス込みで97点なら、ボーナスなしの素点は95点です。素点で95点オーバーなのに入賞できないと、それはそれでモチベーションが下がります。

さて、イチ抜けの「さらばシベリア鉄道」は太田裕美の19枚目のシングル曲として1980年11月に発売されています。サビのメロディがやや異なる大滝詠一のセルフカバー・バージョンのほうが私は好みです。

福山雅治は2015年発売のアルバム「魂リク」でさらシベをカバーしますが、大滝バージョンを踏襲しています。1986年発売の「旅空夜空」に収録された小林旭「アキラのさらばシベリア鉄道」は独自路線です。

セルフカバーは1981年3月発売のアルバム「A LONG VACATION」に収録されています。ロンバケの1曲目は「君は天然色」です。イントロはチューニング音で始まり、演奏始めのカウントも収められています。

9曲目(B面4曲目)の「FUN×4」の後奏には拍手とアンコールの声が入っています。これを受けてのラスト10曲目が「さらばシベリア鉄道」です。アルバム上の公演のアンコール曲という位置づけです。

作詞の松本隆は31曲目、作曲の大滝詠一は11曲目のイチ抜けです。さらシベは今回が7回目の入賞ですが、過去6回の入賞は次のとおりです。音程は整っても得点は出ない曲でした。

  • 2010/06 第14回 順位比3位 8.82(9/101)
  • 2012/03 第36回 得点順9位
  • 2014/05 第67回 音程順8位
  • 2019/04 第132回 音程順5位(福山バージョン)
  • 2019/07 第135回 音程順4位
  • 2019/08 第136回 (音程順2位で繰り上げ)

初入賞の第14回ではJOYの全国採点を利用しました。JOYの分析採点には違和感がありましたから、全国採点の月間順位を元に入賞曲を決めました。さらシベは101人中9位でしたので、9÷(101+1)×100の計算式で順位比を求めました。

ストビューはバイカル湖南岸です。シベリア鉄道はウラジオストクからモスクワまで1週間だそうです。まず食事が合わないでしょうし、乗ってみたいとは微塵も思いません。

デンモクのフリーズは「もどる」が原因?

この2か月ほどの間にデンモクがフリーズするという事態に4度も直面しています。3店舗4部屋で4回です。特定店舗で遭遇しているのではありません。私は完全なDAM派ですが、この現象は1世代前の「SmartDAM TM10」で発生します。

SmartDAM TM10

レスポンスがワンテンポ遅れる分厚いデンモクです。4回とも「もどる」を押したときにフリーズしています。私がこのボタンを用いるのは、主に退出準備でログアウトしようと思っているときです。

デンモク画面左下の「もどる」

本来は店員を呼んで直してもらうべきなのでしょうが、どうせやることは同じですから、私は自分で再起動しています。デンモクの裏にリセットボタンがあります。下の画像では中央の突起です。

デンモク裏側のON/OFFボタン

ボールペンの先でこのボタンを押しながらスライドさせて一旦OFFにします。強制終了です。数秒後にONにすれば自動的に再起動します。リセット中、 しばらく画面が真っ黒になったり、いろいろ質問されたりしますが、放置が推奨です。

余計なことをすると話がややこしくなるはずです。単純に再起動するだけなら客としての裁量の範囲内だと私は理解しています。再起動は5分ほどで完了しますが、ログイン状態は保持されています。

このアクシデントに悩まされ始めた第136回のイチ抜けは「少年時代」でした。井上陽水のイチ抜けは初めてです。97点以上が10曲でしたが、DX-Gの通常回で97点台が10曲揃ったのは2017年11月の第114回以来です。

私としては入賞ラインを96点台後半に設定したいと考えていますので、少し選曲を間違ったのかもしれません。音程90%以上も8曲ありました。まあ、上回るなら嬉しい誤算で済みます。

10リットルのバケツ

京アニ放火事件で最大の謎は、いわゆる自爆テロ≒拡大自殺だったのか、それとも逃げ切れるつもりでいたのか、でした。ガソリンは40リットルの購入しているのに、バケツの容量はせいぜい10リットルです。

20リットル✕2缶のガソリンはあまりにも多すぎます。覚悟を決めた自爆テロは防ぎようがありません。レンタカーの後部座席に火を着けてから車ごと飛び込んだほうが、わざわざ台車で運ぶより話は早いはずです。

そう思ってストリートビューを見たところ、玄関前にはポールが立っていますので車の突入は無理筋です。車なら乗り越えられそうな程度ではありますが、段差も設けられています(道路冠水時の浸水対策かと思われます)。

何にせよ、レンタカーを使えない事情はあったのでしょう。やはり台車は人目を引くものです。40リットル購入したのは、第一スタジオだけでなく、第二スタジオや本社をも標的としていたからに違いありません。

赤が第一スタジオ、青はガソリンスタンド、緑は第二スタジオ、黄色は京アニ本社です。木幡駅やその南の黄檗駅付近にスタンドはありません。第二・第三の犯行を考えていたのなら、40リットル購入で10リットルのバケツの説明がつきます。

確保時に裸足だったりジーンズの右膝より下が焼けていたのは、靴や右足がガソリンで濡れてしまったからなのでしょう。痛みに耐えかねて見ず知らずの民家でインターホンを呼び出したのは完全な計算違いだったはずです。

さて、私が買った2本目のマイマイクはAUDIXのOM3Sです。アニメ第2期の「けいおん!!」EDで秋山澪が使っているスタンドマイクのモデルになったのは、グリップの細いAUDIXのOMシリーズです。

私にはアニメ画像が「AUDN OMS」と読めますが、OMシリーズにはOM2、OM2S、OM3、OM3S、OM5、OM6、OM7、OM11があります。私が持っているのはON/OFFスイッチの付いたOM3Sで、印字としてはOM3です。

AUDIX OM3S

サウンドハウスからの発送メールが残っていました。購入時期は2011年12月の映画版「けいおん!」公開前です。それが直接の動機ではありませんが、私は澪マイクだということを知ったうえで購入しました。

当時、サウンドハウスが扱うダイナミック・マイクでON/OFFスイッチ付きのものはせいぜい4本しかなかったはずです。SHURE SM58は購入済みでしたので、選択の余地はあまりなくOM3を買ったように記憶しています。

私がヒトカラを始めたのは2009年春です。ちょうどアニメ第1期の「けいおん!」が始まった頃です。その年の夏のカラオケリクエストの上位曲に、「桜高軽音部」名義の「ふわふわ時間(タイム)」が入っていたのは覚えています。

リアルタイムで深夜アニメを観ていたわけではありません。けいおん曲の初入賞は 「U&I」 で2012年3月の第37回です。むしろアニオタではないからこそ、「京アニクオリティ」の言葉に納得したものです。

「会いたい」はアルバム先行?

Wikipedia「会いたい(沢田知可子の曲)」のページに、いささか腑に落ちない文言があります。

表題曲は、4枚目のアルバム『I miss you』に収録された曲だった。最終的にはミリオンヒットを記録し、沢田の最高のヒット曲となった。翌1991年の『第24回全日本有線放送大賞』(読売テレビ)でグランプリを受賞し、その年の『第42回NHK紅白歌合戦』にも出場した。

Wikipedia「会いたい(沢田知可子の曲)

この文章では「会いたい」はアルバム「I miss you」からシングルカットされたように読めます。実はこの曲は第23回イチ抜け曲(2011年2月、財津和夫バージョン)であり、私が当時調べた範囲ではシングルとアルバムは同時発売です。

Wikipedia「沢田知可子」のページでも、8thシングルの「会いたい」と4thアルバム「I miss you」のリリースは、ともに1990年6月27日とされています。同時発売の場合、わざわざ「だった」という書き方はしないはずです。

編集履歴を調べてみたところ、案の定かつてはシングルカットの記述がされていたようです。

表題曲は、元々は自身の4枚目のアルバム『I miss you』に収録された曲だったが、『トゥナイト』(テレビ朝日)のエンディングテーマに起用されたのをきっかけにシングルカットされた。その後、有線放送などで人気を集め、最終的にはミリオンヒットを記録し、沢田の最高のヒット曲となった。翌1991年の『第24回全日本有線放送大賞』(読売テレビ)でグランプリを受賞し、その年の『NHK紅白歌合戦』にも出場した。

「会いたい(沢田知可子の曲)」2014年8月11日 (月)20:06時点

1990年6月の発売で1991年12月の大阪有線大賞受賞曲ですから、リリースされてからヒットするまでタイムラグがあります。そのタイムラグを説明するための記述がアルバムからのシングルカットという誤解につながったものと思われます。

画像検索していみると、「テレビ朝日TONIGHTエンディングテーマ」のクレジットがないジャケット写真もヒットします。タイアップは発売後しばらくしてからのことなのでしょう。

シングルカットが事実に反するだけで、「トゥナイト」で火がついて有線で徐々に浸透したという記述こそ必要なもののように思えます。「I miss you」収録曲であることはあまり重要なことではありません。

第135回イチ抜けは「スタンダード・ナンバー」

第135回は音程優先のシリーズとしました。音程が等しいときは得点順です。音程上位9曲は次のとおりです。

  • 91%◆クリスタルモーニング ♪ 石川優子
  • 91%◆スタンダード・ナンバー ♪ 南佳孝
  • 90%◆希望の向こうへ ♪ ももいろクローバーZ
  • 90%◆さらばシベリア鉄道 ♪ 大滝詠一
  • 89%◆象牙海岸 ♪ 竹内まりや
  • 89%◆M ♪ つるの剛士
  • 89%◆君をつれて ♪ 石井竜也
  • 89% しょこららいおん ♪ 高城れに
  • 88%◆小さきもの ♪ 林明日香

得点順3位以内なら音程順の順位にかかわらず入賞です。ボーナス加算後の得点順上位3曲は次の3曲です。

  • 97.823点 象牙海岸 ♪ 竹内まりや
  • 97.614点 小さきもの ♪ 林明日香
  • 97.574点◆ありがとう…感謝 ♪ 小金沢昇司

得点順1位の「象牙海岸」は音程順5位、得点順2位の「小さきもの」は音程順9位です。入賞は9曲ですから、得点順3位の「ありがとう…感謝」が割り込んできたため、音程順8位の「しょこららいおん」が落選です。

このところ2回連続で入賞9曲が女性曲オンリーでしたが、今回は(名目上)女性曲は半数以下の4曲にとどまりました。女性曲4曲以下は去年8月の第123回以来で、その前は第115回です。

イチ抜けの南佳孝「スタンダード・ナンバー」は薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」より1月早く発売されています。前者の歌詞は男目線、後者は女目線です。編曲も同じ大村雅朗で、両者は競作関係にあります。

4位入賞の「さらばシベリア鉄道」のオリジナルは太田裕美で、大滝バージョンはアルバム収録のセルフカバーです。ただし、サビのメロディは若干異なり、前者の編曲は荻田光雄で、後者は大滝詠一自身です。

6位入賞の「M」はオリジナルがプリプリです。7位の「君をつれて」は「君をのせて」のアンサーソングで石井竜也が詞をつけたものです。この4曲は、鳥の仲間でもなくケモノの仲間でもない、いわばコウモリ曲なのかもしれません。

イチ抜けの「スタンダード・ナンバー」は8回目の入賞でした。過去7回の入賞は次のとおりです。第92回では音程92%でした。精密DX以降の音程優先シリーズは今回で34回目ですが、91%は最低水準です。

  • 第35回(2012/01)得点順5位 精密DX
  • 第36回(2012/02)得点順3位 精密2
  • 第38回(2012/04)得点順3位 精密2
  • 第51回(2013/03)音程順6位 精密2
  • 第92回(2016/02)音程順6位 精密DX-G
  • 第95回(2016/05)音程順8位 精密DX
  • 第96回(2016/06)音程順7位 分析マスター

作詞の松本隆は30曲目、編曲の大村雅朗は13曲目のイチ抜けとなりました。