横断歩道が欠ける三重の国道23号線

東急線で残された数少ない踏切があり、自由通りが中原街道に突き当るのが雪が谷大塚駅前交差点付近です。短い区間に3本の横断歩道が設置されています。変則交差点のうえに踏切も絡んで、いっそう厄介なところです。

この構造では、横断歩道内に取り残されてしまう車が出るのは避けられません。駅の改札は2階ですので、芝信用金庫やauショップのある8番の区画を再開発して、駅とペデストリアンデッキで直結したいところです。

これとは真逆で、なぜここに横断歩道がないのだろうと思ったのが津市内の国道23号線でした。三重県で人口10万人以上を抱える自治体は四日市、津、鈴鹿、松阪、桑名、伊勢の6市です。この6市をつないでいるのが国道23号線です。

SからGに向かっています(緑は横断歩道)

横の太い道路を国道23号線とします。S地点を出発した私はG地点に向かって歩いていました。Aに辿り着いたとき、信号は縦方向が青に変わりました。ところが、AからBに渡る横断歩道がないのです。縦方向の交通量はそれなりにありました。

結局、信号が変わるまで私はA地点での待機を余儀なくされました。こういう構造になっていることを知らないまま次の交差点に向かいます。C地点でまた同じことが起きました。CからDへの横断歩道があれば渡れるのに欠けています。

これをホテルから目的地に向かった朝と、ジャパレンから駅に向かった夕方の2回経験したのです。東京でも大阪でもこのタイプの交差点はありますが、それが連続することはあまりないと思われます。

そこで「三重県内の国道23号線交差点MAP」をつくってみたという次第です。青のマーカーは国道23号線に2本の横断歩道(歩道橋や地下道を含む)のある交差点、赤は1本またはまったく横断歩道のない交差点です。

明和町から伊勢市にかけての田園地帯で青が多いのに、市街地を貫き鉄道とも並行する津市内では赤が多いように思えます。もちろん、地域住民が許容するならそれでいいわけです。横断歩道の設置は警察の権限です。

伊勢市内の高向交差点のストリートビュー(2013/04)には、自転車横断帯を歩行者が渡り終えるところが写っていました。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA