ひとりカラオケ

私がヒトカラに目覚めたのは2009年2月のことでした。You Tubeで学生時代に聴いていた懐かしい音楽に触れているうちに、鼻歌だけでは収まらなくなったものと思われます。

カラオケブームは1990年代の半ばです。当時はレーザーカラオケであり、収録曲はまだ十分ではありませんでした。1970年代にティーンだった私の世代は、ブームの中でも自分が本当に歌いたい曲は歌えなかったのです。

ひとりカラオケには中毒性があるとよく指摘されます。上のような理由から、私はもともと中毒の度合いが高い世代に属しています。それだけでなく、私自身が中毒症状を増幅させる要素を備えていました。

私は一定期間に歌った曲を得点順あるいは音程順に並べて、入賞9曲とイチ抜け曲を決めています。私は記録マニアを自称する野球ファンでしたから、「何年ぶり何回目」を自分で実現できることにウキウキワクワクするわけです。

採点ゲームはそれ自体、自己ベスト更新という形でモチベーションの維持につながります。というわけで、アウトドア派の記録マニアはいつしかインドア派のヒトカラーに転身したという次第です。