東京初の日降水量600mm

東京のアメダス観測地点は23区内に5か所、多摩に5か所、離島に13か所あります。このうち練馬は2012年、利島(としま)は2014年の観測開始です。また、計23か所のうち6か所は空港内です。

台風19号が接近または通過した10月10~12日のいずれかの日の降水量が、その地点の歴代1位だったのは練馬を含めて7地点あり、10位以内だったのが利島を含めて4地点でした。

降水量はさほどではありませんが、羽田と江戸川臨海では10月12日に最大瞬間風速1位を記録し、東京(北の丸公園)では1937年の観測開始以来2番目でした。神津島、三宅坪田、八重見ヶ原も10月12日の最大瞬間風速は歴代10位以内です。

▼順位、10/12の降水量(母島は10/10)、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 209.5mm 東京 371.9mm(1958/9/26)1940~
1位 253.5mm 世田谷 236mm(1996/9/22)1976~
1位 289.0mm 府中 274mm(1991/9/19)1976~
1位 384.5mm 青海 274mm(1999/8/14)1976~
1位 392.5mm 八王子 345mm(1999/8/14)1976~
1位 556.0mm 小河内 482mm(2007/9/6)1976~
1位 602.5mm 小沢 336mm(2001/9/10)1977~
6位 193.5mm 大島北ノ山 267.0mm(2013/10/16)2003~
5位 159.0mm 母島 214.0mm(2015/8/8)2007~

檜原村・小沢の観測点では、島部を含む都内で初めて降水量600mm台が記録されています。小沢は雨量のみが観測対象です。高さのある風向風速計がなく雨量計だけですが、ストビューの道路から見下ろす畑に雨量計が設置されています。

檜原村小沢
檜原村小沢(Google Earthプロ)

雨量計の25mほど先を流れる北秋川は檜原村役場付近で南秋川に合流し、あきる野市で秋川に名前を変えます。秋川については「決壊」のカウントはされていません。たしかに、護岸が削られて家屋が傾いたわけで、そこに堤防はありません。

東京の住戸被害は12月2日現在で全壊27棟(あきる野市が16棟)、半壊174棟、一部損壊460棟、床上浸水816棟、床下浸水706棟です。人的被害は日野市で死者1人です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました