ミシュランタワーの札幌管区気象台

管区気象台

管区気象台は札幌、仙台、東京、大阪、福岡の5か所に設けられています。この5分割なら、山口が福岡に属するのは理解の範囲内ですが、三重は大阪ではなく東京の管轄です。いろいろな綱引きがあったのかもしれません。

札幌で気象観測が始まったのは、函館より4年、東京より1年遅れの1876年(明治9年)だそうです。数度の移転を繰り返し、1939年から現在地で観測を続けています。

札幌管区気象台
札幌管区気象台(地理院タイルを加工)

2019年5月撮影のストビューを埋め込みました。手前の鉄塔は北海道開発局、ミシュランタワーまたはミイラ男タワーが気象台、奥に見えるのがテレビ塔です。

風速計の高さは59.5mとされています。地盤面からの高さは全国4位です。これだけの市街地で風速観測しようとすると、どうしてもこの高さになってしまうのでしょう。

ミシュランタワー効果?

札幌では2004年9月8日に50.2m/sの最大瞬間風速を観測しています。広島で60.2m/sを観測した台風18号です。ミシュランタワーは2001年9月にできたものと思われます(確認できていません)。最大瞬間風速は1962年から公開されています。

年平均風速は1951年から公開されています。1975年と1992年にも何らかの「変化」があったようですが、1960年前後に関しては何の手がかりもありません。

札幌の年平均風速

2020年の観測値

札幌管区気象台の2020年観測値は次のとおりです。年最高気温も年最低気温も下位の部類ですが、年較差ではそこそこの上位です。

年降水量905.0ミリ1198位/1293地点
年平均気温10.0℃718位/922地点
年最高気温34.3℃649位/922地点
年最低気温-14.9℃761位/922地点
年較差49.2℃146位/922地点
年平均風速3.3m/s152位/921地点
年日照時間1764.3時間415位/841地点
▲札幌の2020年観測値

過去3年間の月平均気温をグラフ化してみました。オンシーズンでないと、なかなか行こうという気にはなれません。

札幌の月平均気温

10年単位で平均気温の推移をグラフ化しました。1910年代の10年平均は7.0℃ですが、2010年代は9.5℃です。

札幌の平均気温の推移

二中公園とは

気象台から徒歩4~5分のところに「二中公園」という小さな公園があります。名前が気になりましたので、調べてみました。

気象台と二中公園

読みは「にちゅう」です。住所的には「北3条西18丁目」ですので住所由来の名称ではありません。ここにはかつて札幌二中があったようです。

1913年(大正2年)「北海道庁立第二札幌中学校」開校
1915年(大正4年)「北海道庁立札幌第二中学校」に改称
1948年(昭和23年)学制改革で「北海道立札幌第二高等学校」に
1950年(昭和25年)「北海道札幌西高等学校」に改称
1960年(昭和35年)火災で校舎が焼失
1962年(昭和37年)札幌西高が現在地(中央区宮の森)に移転
1963年(昭和38年)「札幌女子高等学校」の校舎が竣工
1995年(平成7年)札幌女子高が「札幌龍谷学園高等学校」に改称

札幌二中は札幌西高になり、火災により2キロ西に移転しました。跡地を買い取ったのが西本願寺の龍谷学園ということのようです。1960年の札幌市の人口は61.5万人、1975年には倍増の124万人です。豊平町や手稲町を編入したとはいえ、15年で倍増した時代です。

広い土地に移転すれば規模を拡大できます。跡地には適正規模の学校ができるなら、土地を手放す道としても悪い話ではありません。学校の跡地に学校ができるわけですから、地域住民の理解も得やすいでしょう。

土地の一部を売却せずに公園として残したことになりますが、焼失当時は西高です。西高公園ではなく、なぜ二中公園だったのかはわかりませんでした。まあ、二中の1期生は1960年当時に「いい歳」になっているわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました