千葉気象観測所の風速計は地上47.9m

千葉県の地方気象台は銚子に設置されています。地方気象台・管区気象台が県庁所在地以外に置かれているのは、千葉、埼玉、滋賀、山口の4県です。東京-千葉は直線で31.5キロしかありません。

県庁所在地の千葉市には千葉特別地域気象観測所が設けられています。富士山頂を始め、かつては100か所以上あった有人の「測候所」の多くは、無人観測の「特別地域気象観測所」に転換されています。千葉測候所が千葉特別地域気象観測所に移行したのは比較的最近で2010年です。

千葉特別地域気象観測所(Google Earthプロ)

2019年9月9日の最大瞬間風速1位は千葉の57.5m/sでした。その所在地「中央港1丁目」が示すように、建物があるのは東京湾沿岸の埋立地です。気温と雨量を測る装置は建物の南側にうっすら見える芝生に設置されているはずです。

風向風速計は地上からの高さ47.9mに設置されています。風速を観測対象としている観測ポイントは900か所以上ありますが、47.9mの千葉は全国で11番目の高さです。周囲のビルの影響を受けない高さに設置しようとすると、こうなったということなのでしょう。

  • 95.4m 広島
  • 69.9m 岡山
  • 66.1m 釧路
  • 59.5m 札幌
  • 56.1m 佐賀
  • 52.6m 仙台
  • 49.8m 八王子
  • 49.4m 宇都宮
  • 49.3m 白河
  • 48.4m 金沢
  • 47.9m 千葉

埋め込んだのは2014年12月撮影のストリートビューです。5階建ての合同庁舎の屋上には建物躯体と同等以上の高さの鉄塔が建っています。ストビューで確認することはできませんが、風向風速計は鉄塔の最上部に設置されているものと思われます。

千葉で最大瞬間風速の統計を取り始めたのは1966年です。これまでの記録は1985年7月1日の48.6m/sですから、昨日の57.5m/sは大幅な更新となります。台風15号により最大瞬間風速が書き換えられたのは次の19地点です。

  • 46.3→58.1m/s 9/8 21:03 神津島(東京)
  • 47.3→48.4m/s 9/8 22:12 三宅坪田(東京)
  • 39.0→48.3m/s 9/8 23:17 稲取(静岡)
  • 34.0→52.0m/s 9/8 23:38 新島(東京)
  • 38.5→41.7m/s 9/9 01:33 三浦(神奈川)
  • 36.3→49.0m/s 9/9 02:48 木更津(千葉)
  • 31.6→33.6m/s 9/9 03:17 坂畑(千葉)
  • 41.7→43.2m/s 9/9 03:27 羽田(東京)
  • 32.5→35.6m/s 9/9 03:32 鴨川(千葉)
  • 29.4→33.9m/s 9/9 04:23 牛久(千葉)
  • 48.6→57.5m/s 9/9 04:28 千葉(千葉)
  • 31.9→34.3m/s 9/9 04:43 茂原(千葉)
  • 32.6→33.9m/s 9/9 05:01 佐倉(千葉)
  • 32.0→36.9m/s 9/9 05:16 龍ケ崎(茨城)
  • 31.5→37.5m/s 9/9 05:23 横芝光(千葉)
  • 36.0→45.8m/s 9/9 05:36 成田(千葉)
  • 32.4→37.0m/s 9/9 06:19 香取(千葉)
  • 29.6→29.7m/s 9/9 06:24 鉾田(茨城)
  • 28.3→36.6m/s 9/9 06:55 鹿嶋(茨城)

ゴルフ練習場の鉄塔が倒れた市川市内の観測所は「牛久」です。牛久の風速計の設置高さは地上から9.4m、神津島や羽田や成田は10mです。47.9mの千葉はほかの観測地点にくらべて高い数値が出やすい環境にあります。

したがって、今回の台風で千葉は市川や成田より風が強かったと総括するのは必ずしも適切ではないことになります。ほかの観測値もそうですが、とりわけ風速に関しては注意が必要のようです。

なお、千葉以外の18地点は1970年代に拡充されたアメダス観測所であり、最大瞬間風速の統計開始時期は2008年以降です。つまり、同じ「観測史上1位」でも、その価値はかなり異なります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました