地上からの高さ47.9mの風速計

千葉県の地方気象台は銚子に設置されています。地理的な要素からそうなっているのでしょう。県庁所在地の千葉市にあるのは千葉特別地域気象観測所です。なぜかGoogle Mapでは「測候所」扱いされます。

富士山頂を始め、かつては100か所以上あった有人の「測候所」の多くは機械観測の「特別地域気象観測所」に転換されています。千葉測候所が千葉特別地域気象観測所に移行したのは比較的最近で2010年です。

千葉特別地域気象観測所(Google Earthプロ)

きのう9月9日の最大瞬間風速1位は千葉の57.5m/sでした。その所在地「中央港1丁目」が示すように、建物があるのは東京湾沿岸の埋立地です。気温と雨量を測る装置は建物の南側にうっすら見える芝生に設置されてるはずです。

千葉の風向風速計の地上からの高さは47.9mと公表されています。風速を観測対象としている観測ポイントは900か所以上ですが、千葉は全国で10位の高さになります。周囲のビルより高い位置に設置する必要があるのでしょう。

  • 95.4m 広島
  • 69.9m 岡山
  • 66.1m 釧路
  • 59.5m 札幌
  • 56.1m 佐賀
  • 52.6m 仙台
  • 49.8m 八王子
  • 49.4m 宇都宮
  • 49.3m 白河
  • 48.4m 金沢
  • 47.9m 千葉

埋め込んだのは2014年12月撮影のストリートビューです。5階建ての合同庁舎の屋上には建物より高い塔が建っています。ストビューでは確認できませんが、風向風速計はその最上部に設置されているものと思われます。

もともとは測候所ですから、千葉で最大瞬間風速の統計を取り始めたのは1966年です。これまでの記録は1985年7月1日の48.6m/sですから、昨日の57.5m/sは大幅な更新です。台風15号により最大瞬間風速が書き換えられたのは19地点です。

  • 46.3→58.1m/s 9/8 21:03 神津島(東京)
  • 47.3→48.4m/s 9/8 22:12 三宅坪田(東京)
  • 39.0→48.3m/s 9/8 23:17 稲取(静岡)
  • 34.0→52.0m/s 9/8 23:38 新島(東京)
  • 38.5→41.7m/s 9/9 01:33 三浦(神奈川)
  • 36.3→49.0m/s 9/9 02:48 木更津(千葉)
  • 31.6→33.6m/s 9/9 03:17 坂畑(千葉)
  • 41.7→43.2m/s 9/9 03:27 羽田(東京)
  • 32.5→35.6m/s 9/9 03:32 鴨川(千葉)
  • 29.4→33.9m/s 9/9 04:23 牛久(千葉)
  • 48.6→57.5m/s 9/9 04:28 千葉(千葉)
  • 31.9→34.3m/s 9/9 04:43 茂原(千葉)
  • 32.6→33.9m/s 9/9 05:01 佐倉(千葉)
  • 32.0→36.9m/s 9/9 05:16 龍ケ崎(茨城)
  • 31.5→37.5m/s 9/9 05:23 横芝光(千葉)
  • 36.0→45.8m/s 9/9 05:36 成田(千葉)
  • 32.4→37.0m/s 9/9 06:19 香取(千葉)
  • 29.6→29.7m/s 9/9 06:24 鉾田(茨城)
  • 28.3→36.6m/s 9/9 06:55 鹿嶋(茨城)

このうち千葉以外の18地点は最大瞬間風速の統計開始時期が2008年以降です。つまり、同じ観測史上1位の更新と言っても「50年に1度」だった千葉とは少しレベルが違うのかもしれません。

また、神津島や羽田や成田の風速風向計の設置高さは地上から10mです。47.9mの千葉はほかの観測地点と等しい条件とは言えません。他地点と比較するときは千葉の数値が高く出ることを知っておくべきです。

「風速計の設置高さ」

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA