校訓が「愛と誠」

唐突に脱線したのは、「愛と誠」を校訓としている高校があったからです。横浜女学院高校は横浜市中区山手町の西端にあります。同校Webサイトの「学校案内」のページには次のように記載されています。

校訓「愛と誠」
「愛と誠」は生きる力の基であるイエス・キリストの教えである。 いつも感謝をささげ、神さまに信頼をおき、絶えず希望を持つことにより、生きる喜びが与えられる。

横浜女学院中学校 高等学校>学校案内

宗教系の学校が商業校を名乗るのはかなり珍しいケースですが、横浜女学校の場合はもともとはキリスト教系ではありません。戦禍で2つの商業校が合併して、キリストが持ち込まれたのでした。

1945年(昭和20)5月29日、横浜大空襲で神奈川女子商業学校が全焼。一方の横浜千歳女子商業学校は、校舎を海軍に接収され、被災は免れたものの、破損の被害は甚大でした。こうした状況の中、やむを得ず、被災した神奈川女子商業学校が、横浜千歳女子商業学校の校舎を借用することになったのです。

青山学院大学ソーパー・プログラム>創立の礎>横浜学院

1943年創立の臣道女学院は翌44年に神奈川女子商に改称しています。1866年創立の山内小学校は、1921年に横浜千歳裁縫女学校、1933年に横浜千歳女学校、1936年に千歳高等家政女学校、1944年に横浜千歳女子商業学校です。

この両校が合併したのは1947年ですが、Wikipedia「横浜女学院中学校・高等学校」のページの「沿革」は次のように記載されています(2018/12/28現在)。これを素直に信じるなら、商業高校でなくなったのは1983年になります。

1921年 – 横浜千歳裁縫女学校設立
1941年 – 神奈川女子商業学校設立
1947年 – 横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業高等学校が併合、横浜女子商業学校・横浜女子中学校とする。
1983年 – 横浜学院女子中学校・高等学校と改称。
1999年 – 横浜女学院中学校・高等学校と改称。

Wikipedia>横浜女学院中学校・高等学校

1947年の段階で神奈川女子商業「高等」学校の名称はあり得ません。翌年の学制改革で高等学校が成立するはずです。一方、四谷大塚のWebサイトでは横浜女学院の沿革が次のように記載されています。

1947年に横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業学校が合併し、横浜女子高等学校と横浜女子中学校となり、1983年横浜学院女子中学校・横浜学院女子高等学校に改称。1999年、横浜女学院中学校・横浜女学院高等学校に校名を変更。

四谷大塚 中学案内>横浜女学院中学校

1947年の時点で横浜女子「高等」学校が存在するはずがありませんが、こちらに従うなら、商業校でなくなったのは1947年ということになります。だんだん楽しくなってきました。ポイントは1947年合併後の名称です。

  • Wikipedia説 横浜女子商業学校と横浜女子中学校
  • 四谷大塚説 横浜女子高等学校と横浜女子中学校

青学ソーパー・プログラムには「1947 年(昭和 22)やむにやまれぬ措置として、両校は合併。〈横浜学院女子商業学校・横浜女子中学校〉と改称します」との記述があります。この信頼性は高いはずです。

1947年に合併したのは横浜千歳女子商と神奈川女子商であり、合併創立後の名称は横浜学院女子商業学校と横浜女子中学校、翌1948年の学制改革で「商業」が取れて横浜女子高等学校に改称したのが真実のようです。

  • 1947 横浜学院女子商業学校
  • 1948 横浜女子高等学校
  • 1983 横浜学院女子高等学校
  • 1999 横浜女学院高等学校

さて、校舎が残ったのは千歳女子商でした。千歳女子商の校地が横浜女学院に引き継がれているものと思われますが、神奈川女子商についてはその所在地がわかりません。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA