メキシコはファイザーとアストラで3分の2

ワクチン・ダービー(7/16)

世界の人口上位30か国について、100人当たりのワクチン接種回数を日本経済新聞社「チャートで見るコロナワクチン 世界の接種状況は」(7/16更新)から拾いました。赤字の5か国は前回(7/7)集約時より7回以上増えている国です。

101.2中国52.8日本121.7イギリス
28.6インド1.8エチオピア90.8フランス
101.1アメリカ12.4フィリピン98.5イタリア
20.1インドネシア4.8エジプト7.7南アフリカ
9.7パキスタン4.3ベトナムタンザニア
56.3ブラジル0.1コンゴ民主共和国6.5ミャンマー
2.0ナイジェリア101.3ドイツ2.9ケニア
6.2バングラデシュ72.9トルコ40.4韓国
34.5ロシア7.9イラン43.5コロンビア
40.7メキシコ18.5タイ103.9スペイン
▲100人当たりのワクチン接種回数(人口上位30か国)

日本のワクチン接種は前回より11.1回増で、30か国中10位をキープしています。次回集約時にはブラジルを抜いて9位になれそうです。この1か月の増加数では、1位・中国33.6回、2位・日本29.9回、3位・トルコ27.7回の順です。混乱が生じているとしても、日本のワクチン接種は順調です。

100人当たりの摂取回数はOECD38か国の中でも32位まで上がっています。6月13日時点では37位でしたので、健闘しているほうです。

世界各国の感染者数、致死率など(7/18)

新型コロナ累積感染者数上位38か国及び主としてアジアの12か国について、致死率、人口当たりの死亡者数と感染者数、検査陽性率をまとめました。感染者数と死亡者数はJohns Hopkins大の感染マップ(7月18日午後7:22)、直近1週間の陽性率は「Coronavirus (COVID-19) Testing」から拾っています。

国・地域感染者致死率人口比感染率陽性率
全世界190,089,6652.1%5.30246.4
アメリカ34,070,2621.8%18.501035.44.8%
インド31,106,0651.3%3.03227.61.8%
ブラジル19,342,4482.8%25.65916.5
フランス5,917,3911.9%17.14908.61.4%
ロシア5,884,5932.5%10.01403.44.6%
トルコ5,522,0390.9%6.05661.9
イギリス5,407,4282.4%19.10800.73.2%
アルゼンチン4,749,4432.1%22.651060.618.1%
コロンビア4,621,2602.5%23.01918.024.9%
イタリア4,284,3323.0%21.12707.60.9%
スペイン4,100,2222.0%17.35877.39.8%
ドイツ3,751,2792.4%10.94449.21.1%
イラン3,501,0792.5%10.49422.3
ポーランド2,881,4242.6%19.85760.50.2%
インドネシア2,877,4762.6%2.72106.329.3%
メキシコ2,654,6998.9%18.52208.135.2%
ウクライナ2,318,0352.4%12.54526.95.6%
南アフリカ2,283,8802.9%11.39390.029.1%
ペルー2,092,1259.3%60.00643.5
オランダ1,816,6891.0%10.561062.68.7%
チェコ1,671,0271.8%28.381563.30.3%
チリ1,598,4812.2%18.15843.44.5%
フィリピン1,502,3591.8%2.46139.011.1%
イラク1,483,0141.2%4.53377.3
カナダ1,430,4371.8%7.07382.40.6%
ベルギー1,103,4132.3%21.85956.22.1%
スウェーデン1,094,2871.3%14.591090.42.1%
バングラデシュ1,092,4111.6%1.0867.033.3%
ルーマニア1,081,5883.2%17.69558.50.5%
パキスタン989,2752.3%1.0545.74.2%
ポルトガル927,4241.9%16.82906.94.7%
マレーシア905,8510.8%2.15283.59.3%
イスラエル851,1420.8%7.57999.11.1%
日本841,9301.8%1.1866.43.9%
ハンガリー808,7253.7%30.99835.00.5%
ヨルダン760,5501.3%9.79752.90.5%
セルビア718,4651.0%8.07819.01.4%
スイス707,9761.5%12.69824.11.3%
タイ403,3860.8%0.4857.9
ミャンマー224,2362.1%0.8841.530.3%
韓国177,9511.2%0.4034.74.7%
モンゴル147,2530.5%2.28456.615.6%
中国104,2574.7%0.030.7
シンガポール62,9810.1%0.06108.50.0%
ベトナム51,0020.4%0.025.32.7%
オーストラリア31,8992.9%0.3612.70.1%
台湾15,3905.0%0.326.50.1%
香港11,9561.8%0.2916.1
アイスランド6,5550.4%0.86193.4
ニュージーランド2,8150.9%0.055.90.1%
▲世界各国の新型コロナ感染者数等(7/18)

世界全体の感染者数は1億9000万人に達しました。今のペースならオリンピック閉幕前に2億人を超えるはずです。

感染者数・死亡者数

南半球の新規感染者はおおむねピークアウトしてきました。次回集約時には、感染者数7位のイギリスが6位トルコを、5位ロシアが4位フランスを抜くものと思われます。インドネシア、バングラディシュ、マレーシアは過去最高水準です。前回集約時からの増加数では、インドネシア、ブラジル、イギリスの順になります。

今回はメキシコに着目してみます。メキシコのグラフは地理的にもアメリカに連動するはずです。

メキシコの新規感染者の推移
メキシコの新規感染者数の推移(Johns Hopkins大 7/18)

アメリカより増え方が極端なのはやはりワクチンの関係と思われますが、死亡者数は(まだ)それほど増えていません。

メキシコの死亡者数の推移
メキシコの死亡者数の推移(Johns Hopkins大 7/18)

メキシコのワクチン接種は、ファイザー38%、アストラゼネカ26%、シノバック18%、その他16%ということです。

致死率

死亡者数を感染者数で割った「致死率」は世界全体で2.149%でした。前回集約時は2.162%ですので、確実に下がっています。日本は1.825%が1.781%、メキシコは9.154%から8.899%と低下しています。メキシコの致死率が高いのは、検査数が少なく分母が抑えられているためだと思われます。

人口1万人当たりの死亡者数

表の「人口比」は人口1万人当たりの死亡者数です。メキシコは1万人当たり18.52人で、イギリスの19.10人やアメリカの18.50人と大差はありません。

人口1万人当たりの感染者数

「感染率」は人口1万人当たりの累積感染者数です。韓国は34.7人、日本は66.4人でダブルスコアは解消されました。メキシコは208.1人で中南米では低いほうですが、把握されない感染者がかなりあるものと思われます。

陽性率

メキシコの陽性率は高めです。

メキシコの検査陽性率の推移
メキシコの検査陽性率の推移(Testing for COVID-19

コメント

タイトルとURLをコピーしました