国産ワクチンのキューバで感染拡大

これまでおおむね10日間隔で集約してきましたが、今後は14日間隔をベースとします。

ワクチン・ダービー(8/10)

世界の人口上位30か国について、100人当たりのワクチン接種回数を日本経済新聞社「チャートで見るコロナワクチン 世界の接種状況は」(8/10更新)から拾いました。赤字を施した6か国は前回(7/28)集約時より9回以上増えている国です。

126.7中国81.4日本129.2イギリス
37.1インド2.0エチオピア113.5フランス
105.6アメリカ21.5フィリピン118.4イタリア
27.0インドネシア5.6エジプト14.0南アフリカ
17.3パキスタン9.2ベトナムタンザニア
71.9ブラジル0.1コンゴ民主共和国6.5ミャンマー
2.0ナイジェリア113.9ドイツ3.3ケニア
9.0バングラデシュ90.7トルコ53.2韓国
45.6ロシア14.9イラン58.4コロンビア
56.2メキシコ28.2タイ124.4スペイン
▲100人当たりのワクチン接種回数(人口上位30か国)

日本のワクチン接種は前回集約時より17.2回増です。30か国中9位は変わりませんが、増加数は群を抜く1位です。中国が14.1回増、フランスが10.1回増、スペイン、イタリア、トルコが9.1回増です。このペースが維持されれば、来月半ばにはアメリカに追いつく可能性さえあります。

アメリカの新規感染者数の推移
アメリカの新規感染者数の推移(Johns Hopkins大 8/11)

ただ、そのアメリカでも増加傾向にあるわけで、ワクチン1本足打法で行くならもっとピッチを上げる必要があるわけです。

世界各国の感染者数、致死率など(8/11)

新型コロナ累積感染者数上位38か国及び主としてアジアの12か国について、致死率、人口当たりの死亡者数と感染者数、検査陽性率をまとめました。感染者数と死亡者数はJohns Hopkins大の感染マップ(8月11日午後8:22)、直近1週間の陽性率は「Coronavirus (COVID-19) Testing」から拾っています。

国・地域感染者致死率人口比感染率陽性率
全世界204,139,8102.1%5.60264.7
アメリカ36,058,7571.7%18.791095.815.2%
インド32,036,5111.3%3.14234.52.2%
ブラジル20,212,6422.8%26.76957.7
ロシア6,425,9182.6%11.27440.54.9%
フランス6,407,2881.8%17.28983.84.3%
イギリス6,146,6422.1%19.37910.23.7%
トルコ5,968,8380.9%6.29715.4
アルゼンチン5,041,4872.1%24.151125.811.5%
コロンビア4,846,9552.5%24.39962.911.3%
スペイン4,643,4501.8%17.59993.5
イタリア4,406,2412.9%21.18727.72.8%
イラン4,281,2172.2%11.54516.347.3%
ドイツ3,803,7172.4%10.99455.43.0%
インドネシア3,749,4463.0%4.15138.523.6%
メキシコ2,997,8858.2%19.24235.042.9%
ポーランド2,884,5572.6%19.87761.30.4%
南アフリカ2,546,7623.0%12.84434.924.0%
ウクライナ2,348,2952.4%12.72533.87.4%
ペルー2,127,0349.3%60.63654.34.3%
オランダ1,921,6120.9%10.631123.96.4%
イラク1,732,2981.1%4.92440.722.7%
フィリピン1,676,1561.7%2.70155.016.9%
チェコ1,675,4501.8%28.411567.50.2%
チリ1,624,8232.2%19.07857.31.7%
カナダ1,451,0401.8%7.12387.92.6%
バングラデシュ1,376,3221.7%1.4284.426.7%
マレーシア1,299,7670.9%3.49406.812.6%
ベルギー1,143,1272.2%21.91990.73.9%
スウェーデン1,106,8211.3%14.611102.94.2%
ルーマニア1,085,7383.2%17.73560.71.6%
パキスタン1,080,3602.2%1.1149.98.2%
日本1,071,2231.4%1.2184.417.9%
ポルトガル990,2931.8%17.12968.44.1%
イスラエル914,4030.7%7.721073.43.3%
タイ816,9890.8%0.98117.3
ハンガリー810,1263.7%31.01836.50.8%
ヨルダン779,0191.3%10.05771.25.1%
スイス729,0241.5%12.70848.66.3%
セルビア727,2461.0%8.15829.15.6%
ミャンマー337,5613.6%2.2662.532.4%
ベトナム232,9371.8%0.4324.17.5%
韓国216,2061.0%0.4242.25.5%
モンゴル176,9930.5%2.68548.8
中国106,1634.6%0.030.7
シンガポール65,8360.1%0.07113.40.2%
オーストラリア37,3772.5%0.3714.80.2%
台湾15,8145.2%0.346.70.1%
香港12,0201.8%0.2916.2
アイスランド8,9560.3%0.88264.2
ニュージーランド2,9050.9%0.056.10.1%
▲世界各国の新型コロナ感染者数等(8/11)

世界の累積感染者は2億人を超えました。この4週間の日本の新規感染者数は世界で19位です。ポルトガルが踏みとどまったために、世界で32番目に累積感染者100万人を突破しました。

感染者数・死亡者数

Johns Hopkins大の感染MAPがリニューアルされています。これまで累積感染者数順でしたが、直近4週間の新規感染者数順になりました。直近4週間では、アメリカ、インドネシア、インド、ブラジル、イギリスの順です。11位にマレーシア、12位にタイ、15位にバングラディシュ、21位にベトナムですので、デルタ株は主にアジアで猛威を奮っているわけです。

直近4週間の新規感染者数で20位に入っているのがキューバです。

キューバの新規感染者数の推移
キューバの新規感染者数の推移(Johns Hopkins大 8/11)

島国ですのでこれまで比較的抑えていましたが、6月末から感染爆発しており、ようやくピークアウトに達したのではないかと思われます。キューバのワクチン接種は100人当たり94.5回です。アメリカほどではありませんが日本より進んでいます。中南米随一の医療大国であり国産ワクチンを開発していますが、感染状況からすれば効果はやや疑問なのかもしれません。

致死率

死亡者数を感染者数で割った世界全体の「致死率」は前回集約時の2.138%から2.115%に低下しました。日本では1.690%が1.432%と大きく低下しています。キューバは0.76%です。

人口1万人当たりの死亡者数

表の「人口比」は人口1万人当たりの死亡者数です。キューバは3.18人で、中南米諸国ではかなり優秀です。人口がほぼ等しいドミニカ共和国は3.70人です。

人口1万人当たりの感染者数

「感染率」は人口1万人当たりの累積感染者数です。このところの感染拡大でキューバは419人に達して、ドミニカ共和国の321人を抜いてしまいました(前回集約時はキューバ308人に対してドミニカ共和国317人)。

陽性率

キューバの陽性率は最近の数値が公表されていませんが、7/4時点で8.8%です。

キューバの陽性率の推移
キューバの陽性率の推移(Testing for COVID-19

日本の陽性率はそれ以上ですけど…。

日本の陽性率の推移
日本の陽性率の推移(Testing for COVID-19

これでよくオリンピックが開催できたものだと言いたくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました