オーストラリアの陽性率は40%、日本の陽性率も10%に

ワクチン・ダービー(1/14)

人口上位30か国の100人当たりワクチン接種回数を「Our World in Data」(1/14閲覧)から拾いました。赤地白抜きの数字は前回集約時(12/31)から10回以上増えている国、オレンジが5回以上増えている国です。

202.4中国 8.9160.1日本199.3イギリス 5.6
111.5インド 8.59.3エチオピア193.2フランス 12.0
157.9アメリカ 5.4105.7フィリピン 9.1196.1イタリア 13.9
106.1インドネシア 8.056.4エジプト 5.847.6南アフリカ
73.8パキスタン 5.6166.6ベトナム 15.64.0タンザニア
158.5ブラジル0.4コンゴ民主共和国66.4ミャンマー 8.3
8.0ナイジェリア187.3ドイツ 10.619.8ケニア
82.7バングラデシュ162.7トルコ 9.1212.0韓国 12.7
102.5ロシア143.7イラン 7.0130.6コロンビア 5.8
114.3メキシコ146.8タイ184.7スペイン
▲100人当たりのワクチン接種回数(人口上位30か国)

前回集約時、日本は30か国中8位でしたが、トルコとベトナムに抜かれて10位に落ちました。ベトナムも3回目接種に入っています。

ベトナム保健省が示している3回目の接種の方針は以下のとおりです。
 1.接種のタイミング
 2回目の接種(基本接種)の後、3か月以降に接種します。
 2.ワクチンの種類
 3回目のワクチンの種類は、1回目と2回目に接種を受けたワクチンの種類の組合せによって異なります。

在ベトナム日本国大使館>新型コロナウイルス感染症対策(3回目のワクチン接種について)1/10

100人当たりの接種回数で30か国中1位は韓国ですが、去年の10月末まで日本は韓国をリードしていました。

世界各国の感染者数、致死率など(1/14)

新型コロナ累積感染者数上位39か国及び主としてアジアの11か国について、直近4週間の新規感染者数、累積感染者数、人口1万人当たりの感染者数、検査陽性率をまとめました。感染者数はJohns Hopkins大の感染マップ(1月14日午後8:22)、直近1週間の陽性率は「Coronavirus (COVID-19) Testing」から拾っています。国名右の数値は「直近/累積」%で、10%以上をオレンジ、20%以上を赤、30%以上を紫の白抜きとしました。

国・地域直近4週感染者累積感染者数感染率陽性率
全世界 14.747,071,984320,609,453411.3 
アメリカ 21.113,527,01164,083,2621936.036.1%
インド1,591,87836,582,129265.110.6%
ブラジル612,80922,822,1771073.7
イギリス 25.93,903,18815,064,7922219.18.8%
フランス 35.84,786,07413,351,1322045.419.8%
ロシア586,56210,565,484724.04.6%
トルコ 11.21,152,77610,273,1701218.116.5%
イタリア 34.92,847,4658,155,6451348.917.3%
スペイン 31.62,508,3607,930,5281696.230.3%
ドイツ 14.31,124,8167,866,786938.921.6%
アルゼンチン 20.91,416,4776,793,1191503.057.3%
イラン49,3276,214,781739.91.9%
コロンビア339,5155,440,9811069.335.7%
ポーランド361,9884,281,4821131.315.5%
インドネシア9,0334,269,740156.10.3%
メキシコ330,5114,257,776330.255.1%
ウクライナ143,9843,919,151896.120.9%
南アフリカ290,9923,546,808598.09.6%
オランダ 15.8560,3263,539,3352065.631.3%
フィリピン255,3933,092,409282.223.9%
マレーシア91,5152,798,917864.81.0%
カナダ 30.7827,0362,695,122714.125.7%
チェコ183,5072,573,9452403.59.8%
ペルー154,1212,473,709750.2
ベルギー 15.4367,0442,379,0532052.729.1%
タイ118,4972,308,615330.77.6%
イラク15,2712,104,940523.33.9%
ベトナム 24.4482,2071,975,444202.920.6%
ルーマニア79,6571,875,887975.111.2%
チリ61,7891,849,465967.55.9%
日本79,9611,808,490143.010.0%
ポルトガル 31.7563,3471,774,4771740.213.7%
イスラエル 20.0342,2241,713,5561979.69.7%
スイス 28.7468,4801,634,2581888.235.6%
ギリシャ 36.6590,7281,612,8691547.48.5%
バングラデシュ24,1051,604,66497.46.6%
オーストラリア 83.61,284,1891,536,505602.640.3%
スウェーデン 18.8288,0421,534,7971519.8
スロバキア98,7771,411,5682585.37.6%
ネパール16,121845,501290.210.4%
韓国 19.3132,015683,566133.31.9%
ミャンマー5,011532,72597.91.0%
モンゴル14,194402,4441227.710.0%
シンガポール14,113289,085494.2
スリランカ16,595194,31990.78.5%
ラオス 22.527,687123,293169.539.7%
中国4,852117,5130.8
アイスランド 54.223,72443,7681283.5
台湾85317,6927.41.9%
ニュージーランド 10.91,63014,94931.00.4%
▲世界各国の新型コロナ感染者数等(1/14)
感染者数・死亡者数

世界の累積感染者数は3億人を超えました。南米やインドにも波及しています。

世界の新規感染者の推移
世界の新規感染者の推移(Johns Hopkins大 1/14)

とはいえ、死亡者数が連動しているわけではありません。

世界の死亡者数の推移(Johns Hopkins大 1/14)

オーストラリアは直近4週間の新規感染者が累積感染者の80%以上を占めています。

オーストラリアの新規感染者数の推移
オーストラリアの新規感染者数の推移(Johns Hopkins大 1/14)
致死率

死亡者数を感染者数で割った致死率は、世界全体で前回の1.895%から1.723%に低下しました。日本の致死率は1.062%から1.018%に、イギリスが1.161%から1.008%、フランスが1.265%0.955%、オーストラリアは0.567%から0.168%に下がっています。

人口1万人当たりの死亡者数

日本は1.46人です。オーストラリは1.01人、韓国は1.22人、台湾が0.36人、ニュージーランドが0.11人です。世界全体では7.09人、ペルーが61.64人、ブルガリアが45.94人、ルーマニアが41.65人になります。

人口1万人当たりの感染者数

表の「感染率」は人口1万人当たりの累積感染者数です。日本の143.0人、韓国は133.3人、オーストラリアは602.6人です。モンテネグロは3166人ですので、人口の3分の1近くが感染済みです。スロバキアが2585人で4分の1を超え、イギリスは2219人、オランダは2066人で5分の1を超えました。

オーストラリアの陽性率

これまで一貫して陽性率5%未満を維持してきたオーストラリアも40%に達しています。

オーストラリアの陽性率の推移
オーストラリアの陽性率の推移(Our World in Data 1/14)

これまでたびたび10%を超えていた日本の陽性率が40%で済むとは思えません。

日本の陽性率の推移
日本の陽性率の推移(Our World in Data 1/14)

大阪の累積検査数が東京を上回ったのは昨年末です。1月13日時点の検査総数は次のとおりです。

大阪4,370,029人
東京4,317,074人
▲検査総数(1/13)

コメント

タイトルとURLをコピーしました