筑波大グラウンドに舞い降りたハンググライダー

内藤気象予報士

ウェザーニュース(会社名は「~ニュー」、ネット配信番組は「~ニュー」)の内藤邦裕気象予報士がハンググライダー通学のエピソードを語っていたのは先月末(8/28のサンシャイン)でした。

筑波山から私の母校・筑波大学まで直線で20~30キロなんですよ。あるとき、午前中空を飛びに行っていて、「あっヤバい、今日午後、研究室のゼミがあった」と思って、「間に合わないなあ」とそのまま上空を飛んで、クロスカントリーフライトって言うんですけど、大学の研究室のそばにあるグラウンドに着陸して、そのままそのゼミに行ったことがあります。

頁末に切り抜き動画を埋め込んでいます(1:29から)

内藤氏は切り抜き動画の2:56では「大学に辿り着くまで20キロありますから」とも語っています。この距離感が私の脳内地図と合致しません。

私は筑波山に登ったこともなければ、筑波大周辺に出没したこともありませんが、筑波山頂から高層気象台(観測所名は「つくば」)まで20キロに満たないことを漠然と覚えていました。→「2021年2月各地の平均気温とアメダスつくば」

高層気象台(地理院タイルを加工)

筑波山頂から見ると、筑波大は高層気象台の手前です。山頂から筑波大まではせいぜい14キロの世界です。内藤氏が話を盛ったと思ったわけではありません。この謎は解かねばならぬと思いながら、10日ほど過ぎてしまいました。

ハンググライダーはパラグライダーより速い

飛行距離以外にもいくつかの疑問があります。

(1)「ゼミに間に合わない」と言うが、車のほうが速くないか?
(2)ハンググライダーとパラグライダーではどちらが速いのか?
(3)そもそも市街地を飛んでいいのか?

ハンググライダーの速度について、Wiki「ハンググライダー」のページには「巡航速度は20km/hから130km/h程度」という記述があります。それが正しいのだとしても、この記述では役に立ちません。

ハンググライダーの巡航速度は20km/hから40km/h程度で、最高速度はコンペクラスになると100km/hを越せるものもある。

忍野スカイスポーツクラブ>ハンググライダーの歴史

飛行速度はHGで時速25~80km(通常35km程度)、 パラグライダー(以下PG)で、 15~45km程度(通常20km程度)

ハンググライダーハンドブック>概要

ハンググライダーはおそらく時速20キロ以下では失速してしまうものと思われますので、体感的にはかなり速いようです。時速30~35キロだとすると、ショートカットできるハンググライダーのほうが車より早く到着できることはあり得ます。

実際には、内藤氏は離陸地点まで相乗りで出かけているはずです。1人だけ帰ることは難しかったものと思われます。

飛行禁止区域

内藤氏が飛んだのは35年前ということですが、現行法ではドローンと同様の飛行禁止区域が設定されています。茨城県内では自衛隊関係4施設(茨城空港を含む)と沿岸部の原子力3施設の周辺上空が飛行禁止区域です。

茨城県の飛行禁止施設
茨城県の飛行禁止施設(地理院タイルを加工)

ハンググライダーの場合は、このほかに動画で語られている高度規制があるようです。筑波山から筑波大に飛ぶだけなら、アウトというわけではなさそうです。

日本記録クラスになると、茨城(足尾)から仙台、岡山(大佐)から滋賀までの約240キロをおよそ6時間で飛べるもののようです。

ハンググライダーの国内記録
国内記録(地理院タイルを加工)

筑波山より北の足尾山から離陸

さて、今日の本題は「20キロ」の謎です。畳めば背負えるパラグライダーとは異なり、ハンググライダーは折り畳んでも長さ5mで重さ30kgということです。したがって、離陸地点は車で行ける範囲に限られます。筑波山頂から飛べるはずがありません。

筑波大ハンググライダー部が使っている離陸場は筑波山の北にある足尾山(あしお-さん)東麓の施設のようです。田中正造の足尾鉱山とは無関係です。足尾山と言っても視聴者や内田侑希キャスターには通じないだろうと、内藤氏はあえて筑波山と呼んだものと思われます。

足尾山

足尾には複数の離陸場があり、特定はできませんでした。標高はおおむね400mのようです。到着地点の筑波大学付近の標高は約30mです。

というわけで「20キロ」に偽りはありません。田んぼに降りるハンググライダーを見たことがありますが、帰りはどうするんだろうと思ったことがあります。現実問題としては1人で自由気ままに飛べるわけではないのがハンググライダーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました