文鮮明・韓鶴子夫妻、実は親子という絶えない噂

禁断の世界ではあるけれど…

父Aと母Bの間に生まれた娘CがAC間の子供を産めば、その子供はAの血を4分の3受け継いでいるという理屈になります。普通はなかなかそういう発想には至りませんけど…。

文鮮明(←江本龍明←文龍明)氏は1920年生まれで、韓鶴子氏とは23歳差です。韓鶴子氏の母親は洪順愛氏で、1914年生まれですから文鮮明氏より6つ年上です。Wikiの「世界基督教統一神霊協会の年表」には次のように記載されています。

1942年
・2月の終わり – 洪順愛、韓鶴子の実の父と出会う[注 13]
・3月の終わり – 洪順愛、妊娠[注 14]。洪順愛が妊娠した時期、韓承運は単身赴任中で、遠く離れた黄海道延白郡にいた。
1942年
・10月頃 – 洪順愛、妊娠7ヶ月。洪順愛の夫にして韓鶴子の父「とされる」「韓承運(韓承雲)」、洪順愛の親からの「婿養子として迎える」という話を断り、洪順愛と別れる。
1943年
・2月10日 – 日本併合下にあった朝鮮の平安南道の安州郡の信里(現在は北朝鮮統治区域)で後に文鮮明の妻となる韓鶴子(ハン・ハクジャ)が誕生[注 16]

Wikipedia>世界基督教統一神霊協会の年表(2022/11/11閲覧)

韓鶴子氏の父親は韓承運氏とされています。韓承運・洪順愛夫妻が結婚したのは1933年か1934年のようです。10年近く子供はおらず、第1子の妊娠中期に離婚しているのです。

文鮮明氏は1941年4月に早稲田高等工学校(夜間)に入学しており、卒業は1943年9月です。太平洋戦争の戦局悪化で卒業は半年繰り上げられたそうです。文鮮明氏は1942年には日本にいたはずです。まだ飛行機の時代ではありません。当時は下関-釜山間に連絡船が就航していたようです。

平安南道・信里

当時の交通手段では東京-信里間は3~4日かかりそうです。一時帰国しようと思えばできないこともないのでしょう。文鮮明氏と韓鶴子氏は誕生日が共通です。運命的な一致なのかもしれませんし、何らかの作為でそういうことになっているだけかもしれません。疑えばそこも疑うことはできます。

Wikipedia年表の変遷

さて、Wikiの年表はどのように追加されたのでしょうか。編集履歴を辿ってみます。まず2015年1月5日の未明に「2月」と「3月末」が追加されています。

1942年
・2月 洪順愛、韓鶴子の実の父と出会う。
・3月末 洪順愛、妊娠[12]
1943年
・2月10日(陰暦1月6日) 日本併合下にあった朝鮮の平安南道 の安州郡の信里(現在は北朝鮮統治区域)で後に文鮮明の妻となる韓鶴子(ハン・ハクジャ)が誕生。

2015年1月5日 (月) 03:19時点における版

「10月」が加わるのは2015年1月5日 (月) 04:07の編集です。

1942年
・2月の終わり 洪順愛、韓鶴子の実の父と出会う。[12]
・3月の終わり 洪順愛、妊娠[13]
1942年
・10月頃 洪順愛、妊娠7ヶ月。洪順愛の夫にして韓鶴子の父「とされる」「韓承運(韓承雲)」、洪順愛の親からの「婿養子として迎える」という話を断り、洪順愛と別れる。
1943年
・2月10日(陰暦1月6日)(公式) 日本併合下にあった朝鮮の平安南道 の安州郡の信里(現在は北朝鮮統治区域)で後に文鮮明の妻となる韓鶴子(ハン・ハクジャ)が誕生。

2015年1月5日 (月) 04:32時点における版

今とほぼ同じ形に編集されるのは1月7日です。

1942年[13]
2月の終わり 洪順愛、韓鶴子の実の父と出会う。[14]
3月の終わり 洪順愛、妊娠[15]。洪順愛が妊娠した時期、韓承運は単身赴任中で、遠く離れた黄海道延白郡にいた。
1942年
10月頃 洪順愛、妊娠7ヶ月。洪順愛の夫にして韓鶴子の父「とされる」「韓承運(韓承雲)」、洪順愛の親からの「婿養子として迎える」という話を断り、洪順愛と別れる。
1943年
2月10日(陰暦1月6日)(公式) 日本併合下にあった朝鮮の平安南道 の安州郡の信里(現在は北朝鮮統治区域)で後に文鮮明の妻となる韓鶴子(ハン・ハクジャ)が誕生

2015年1月7日 (水) 09:01時点における版

ヤブの中

私が親子説を初めて聞いたのは1980年代です。当時は60歳台と40歳台、少し古めの写真なら50歳台と30歳台ですから、何も知らなければツーショットは親子に見えるわけです。ただ、あくまでも話のネタであって、裏付けには乏しいものでした。

韓鶴子氏が生まれる前に文鮮明氏と洪順愛氏の接点があったともなかったとも証明されていないわけで、うっすらぼんやりとした疑惑にすぎません。今でもその事情はあまり変わらないようです。次の上段のリンク先も別に鑑定結果が示されているわけではなく、単に伝聞を語っているにすぎません。

【外部リンク】
■ちゃぬの裏韓国日記>DNA鑑定の結果、文教祖と鶴子夫人は親子であることが判明? 2019年02月02日
■メビウスの独り言>お母様の歴史的事実 3 洪順愛大母様は、マリア様です! 2020-03-07

ただ、7男がこの件に言及しているという事実は重いはずです。長男はヤク中だったわけですし、次男は17歳のときに高速道路を改造車で無免許運転して事故死しています。17階の窓から転落した6男も自殺を疑われており、とても「家庭」を説けるような模範的家族ではありません。

そうは言っても、自らの出生にセンシティブな年齢で疑いを抱いた結果としてグレたのだとしたら、同情の余地は大いにあるわけです。この問題は、当事者が自ら進んでそうでないことを証明しない限り疑惑として残り続けます。

なお、Wikiの「年表」のページは「世界平和統一家庭連合の年表」へのタイトル変更が提案されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました