統一教会分派の日本サンクチュアリ協会とFPA

「私を憎む者までも」は?

加賀家庭教会が入居している建物の窓ガラスには「私を憎む者までも ひたむきに愛そう」と掲げられています。最新2022年6月撮影のストビューです。

私を憎む者までも ひたむきに愛そう

この言葉は文鮮明氏が書いたらしい「栄光の王冠」と題された詩の一節です。自叙伝によれば15歳の作ということになっているようです。

1920年生まれの文鮮明氏が亡くなるのは2012年です。もともとは後継者の本命は韓鶴子夫人との長男・文孝進氏だったものと思われます。孝進氏は1985年に「原理研究会」の世界会長に就任します。

ただ、その後の孝進氏は薬物や離婚など私生活上の問題を抱えてしまいます。2男・文興進氏は1984年に無免許で改造自動車を運転して17歳で事故死していますので、次の長兄は3男です。

1998年に3男・文顕進氏は「世界平和統一家庭連合」世界副会長に就任し、2000年には「原理研究会」、2001年には「世界平和青年連合」の世界会長に就任します。顕進氏は2009年にアメリカで「グローバルピースフェスティバル財団」を設立します。これは「天宙平和連合」のプロジェクトを受け継いだものです。

一方、7男・文亨進氏は2008年4月に教団の世界会長及び韓国会長に就任します。当時はまだ28歳です。この時点ではグループ総体は3男、宗教関係は7男、企業関係は4男・文国進氏という形で、いわゆる財産分与的なものが成立していたかのように見えなくもありません。

韓鶴子氏はいつ総裁になったのか?

2012年に文鮮明氏が亡くなります。その「聖和」に際して葬儀委員長を務めたのは、韓鶴子氏でもなく、3男・顕進氏でもなく、世界会長の立場にあった7男・亨進氏です。聖和式は宗教儀式そのものですから、7男の担当になるのでしょう。

どのような事情があったのか、いつの間にか韓鶴子夫人が総裁として教団の実権を握っています。時系列的には、鮮明氏の存命中にまず3男が干されて、没後に7男と4男が飛び出して(飛ばされて?)いるようです。

韓鶴子氏がいつ教団の総裁になったのか、「家庭連合ニュース アーカイブ」を閲覧してみました。2012年3月に来日したときは「韓鶴子女史」です。8/17付の「梶栗会長からのメッセージ」で「令夫人の韓鶴子総裁」と、初めて総裁の肩書になっています。

文鮮明氏は7月にアメリカから帰国、風邪から肺炎を併発して8月3日にソウル市内の病院に入院し一時退院したもののすぐに再入院、加平の清心国際病院に転院してICUで治療を受けていました。「聖和」は9月3日です。

韓鶴子氏の総裁就任は2012年夏で、文鮮明氏の「聖和」直前のようです。2012年夏の時点では、3男派との対立は顕在化しており、聖和式が終わった9月中には7男と4男も遠ざけられてしまったようです。

【外部リンク】
■Christian Today>統一教会の創始者・文鮮明氏死去 2012年9月4日
■ハンギョレ>生前も家族間で訴訟…教団、財産を巡る争い拡大へ 2012-09-04

7男のトレードマークは薬莢の王冠

「真の家庭」は分裂します。7男が2015年に立ち上げた「世界平和統一聖殿」は新約聖書の「ヨハネの黙示録」にある「鉄の杖」を銃と解して、半自動小銃AR-15の所有を推奨しているようです(アメリカでの話です)。製造しているのが4男なのかもしれません。

日本での法人格は「一般社団法人 日本サンクチュアリ会」です。日本協会サイトでは「日本各地の教会」として北海道4、東北6、関東18、長野2、北陸2、東海7、関西5、中国7、四国2、九州6の名称が記載されていますが、連絡先の電話番号はほとんど携帯であり、所在地の記載はありません。

信者の自宅を教会と称しているだけだと思われますが、公式サイト上の本部所在地は「群馬県高崎市金古町…」です。法人登記上では2022年9月1日付で「東京都文京区本駒込3丁目…」から「神奈川県大和市下鶴間2丁目…」に移転しています。

さて、安倍氏襲撃事件は7月8日に発生していますが、その翌日付で日本サンクチュアリ協会は「安倍晋三元首相狙撃事件に関する声明文」を公式サイトに掲載しています。

【外部リンク】
■日本サンクチュアリ協会>安倍晋三元首相狙撃事件に関する当協会からの公式見解

統一教会(協会)の名前が報道されるのが遅かったという話を今でもよく聞きますが、必ずしも遠慮や自粛ではないのかもしれません。事件翌日にプレス向けに発表するくらいですから、問い合わせはかなり多かったのでしょう。銃と言えばここと連想するのは無理からぬことです。

警察から統一教会(協会)という話を聞いたメディアとしては、本体なのか分派なのか確認に手間取っていたという側面もあるはずです。そこは慎重にならざるを得ないところです。

なお、日本サンクチュアリ協会の総会長・江利川安栄氏は、旧・統一教会(協会)の第7代会長です。

FPAとグローバル・ピース・フェスティバル

一方、3男は2017年12月に「Family Peace Association(家庭平和協会)」を夫婦で立ち上げています。3男は創設者(の1人)であって、7男のような「president」ではないようです。英語版サイトには「Principal Officer」が「Kenshu Aoki」と記載されています。

「青木ケンシュ(ウ?)」さんとは、いったい誰なのでしょう。自民党三重県議の青木謙順氏は「ケンジュン」です。三重県議が米ワシントン州の団体で「Principal Officer」を務めているはずはありません。

FPAの日本での法人格は「一般社団法人エフピーエー」です。代表理事の櫻井正実氏は、旧統一教会(協会)の第5代会長を務めた設雄氏の次男と同姓同名です。

3男サイドで気になるのは「グローバルピースフェスティバル」です。日本法人は「一般社団法人グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン」で、代表理事は後藤亜也氏です。

【外部リンク】
■やや日刊カルト新聞>統一協会の“お家騒動”、3男派の『日本進出』集会の開催を巡る攻防 2012年6月4日月曜日
■ザ・フォーカス>後藤亜也

やはり文鮮明氏の「聖和」以前の時点で、3男派と主流派とはすでに対立関係にあったようです。それにしても、日本人とはつくづく「いい人」なのだなあと思わなくもありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました