大正末期の理髪店サインポール

札幌市厚別区を“「別」と「内(ない)」の市町村MAP”に入れていませんでした。指定都市の行政区は市町村ではないからです。私はてっきり厚別町で入っているものと思っていましたが、もともとは白石村だったようです。

1950年に札幌市に編入され、1972年の五輪直後に政令指定都市に移行したとき白石区になっています。白石区からの分区は比較的新しく1989年だそうです。新札幌の副都心を抱える厚別が入っていないのは具合が悪いため、追加しました。

その厚別区の「北海道開拓の村」には大正末期に建てられたという理髪店が移築されています。建物の内部では蝋人形が髭を剃られているシーンが再現されているようですが、サインポールは角材に塗色したものです。

サインポール・メーカーのWebサイトを見ると、右上がりのZ巻きが圧倒的大多数です。開拓村の旧・山本理髪店のポールは左上がりのS字巻きになっています。発注ミスなのか、あえてなのか、ペンキ屋さんの誤解なのか、気になります。

さて、斎藤月岑の「武江年表」には、明治4年(1971年)4月の項に次の記述があります。これがサインポールに関する日本最古の記述のようです。「左巻」ならSの字巻きになります。昔は左上がりのS字巻きが多かったのかもしれません。

常盤橋御門外篦頭舗に、西洋風髪剪所の招牌を出す、太き棹の頭に宝珠の形を彫り、右の棹へは朱白藍色の左巻といふ塗分けにして立る、これより諸方にこれに擬して一般の形状となれり

斎藤月岑「武江年表」

▲リンク先は国会図書館デジタルコレクションです。コマ番号200の左のページ(389ページ)3~4行目になります。

常盤橋は日本銀行本店前の日本橋川に架かる橋です。道路元標のある日本橋の上流です。東日本震災で被災した工事中の石橋は明治10年に架けられたものということで、明治4年の時点では木橋だったようです。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA