理髪店のサインポールは世界共通?

青・白・赤のトリコロール仕様の理髪店サインポールは世界共通だと言われています。本当にそうなのか、ストリートビューで探してみました。結論から言えば、ほぼ世界共通という認識で差し支えなさそうです。

アフリカやアラブでも確認することができましたが、とくにアラブ圏に関してはその設置率は10%に満たないものと思われます。ロシアもおそらく一桁なのでしょう。それほど浸透しているわけではなさそうです。

「動脈・静脈・包帯」説を筆頭に、サインポールの起源については諸説ありますし、いつから定着したのかも定かではありませんが、これほど多様な文化圏で受容されているのは珍しいことです。

まずは、ミラノです(2017/09)。しっかりフレンチでした。

お次はバルセロナです(2014/07)。店内設置型のようです。

東欧からワルシャワです(2017/06)。ここもガラスの内側に設置されています。

ロシアのクラクフです(2017/08)。さすがにロシアでは探すのに苦労しました。

東南アジア代表でクアラルンプールです(2017/09)。黄色の交通標識の上、黒い看板の横にあります。

南半球も必要でしょうからシドニーを(2013/10)。

南米ペルーのリマにもありました(2015/05)。

なお、イギリスについては紅白2色パターンがデフォルトですが、かつてのイギリス植民地は一様に3色仕様です。謎を解く鍵はこの辺りに潜んでいるのかもしれません。また、当然のことですが国によってその設置率はかなり濃淡があります。

投稿者: ワトソン君

【好きなTV番組】 探偵ナイトスクープ、水曜日のダウンタウン、ブラタモリ 【好きなプロレスラー】 鈴木みのる、下田美馬、旧姓広田さくら、菊タロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA